天井期待値の本質の管理人「小林さとる」です。パチスロとオンラインカジノの掛け持ちで生計を立てています。現在は、ギャンブル専門家として、記事監修やホームページ制作なども行っています。

さとる

当ページでは、さとるのプロフィールと、当サイト(天井期待値の本質)の運営体制をご紹介します。

天井期待値の本質の運営者プロフィール

天井期待値の本質の代表運営者「さとる」のプロフィールをご紹介します。

名前小林さとる(通称:さとる)
生年月日1990年(満32歳)
出身地東京都青梅市東青梅1(某マンション)
配偶者あり
出身大学東京の私立大学経済学部
職歴
  • インターネット広告代理店
  • 大手食品メーカー
現在の仕事内容自社サイトの管理運用
性格3日坊主で飽きっぽい
趣味旅行、ドラマ鑑賞
好きなギャンブル競馬、ボートレース、ブックメーカー、オンラインカジノ
好きなオンラインカジノベラジョンカジノ、ユースカジノ
運営サイト
  • 天井期待値の本質
    パチスロとオンラインカジノについての情報サイトです。パチスロ新機種の解析情報を日々更新しています。また、今流行りのオンラインカジノのお役立ち情報も公開しています。
  • さとるの公式ブログ
    私の公式ブログです。ギャンブル全般についての情報発信をしています。主に、私のギャンブル経験を元にした、勝って稼ぐための攻略法を公開しています。
お問い合わせメールフォームはこちら

ここからは詳しいプロフィールを紹介します。

生年月日

生まれは1990年です。2022年現在で32歳になりました。誕生日は個人情報の観点から公表を控えさせていただきます。

出身地

東京都青梅市東青梅1(某マンション)

配偶者

あり

出身大学

東京の私立大学経済学部卒業。ゼミではフェアトレードについて詳しく学びました。

職歴

大学卒業後は、まずインターネット広告代理店に入社しました。その後6年間ほど勤務を続けた後に某大手食品メーカーに転職し、現在に至ります。

現在の仕事内容

現在は、Webマーケティングの部署に所属しています。主な仕事内容は、自社サイトの管理運用です。

性格

3日坊主で飽きっぽい性格なので、何かにハマってもすぐに冷めてしまいます。

趣味

趣味は旅行です。月に1回は必ず遠出をしています。どこか観光スポットに足を運ぶというよりは、とにかくご当地グルメを堪能するのが好きです。

割と仕事のスケジュールが忙しいものの、1日休みの始発で出発、終電で帰宅などうまく時間をやりくりしながら趣味を充実させています。ちなみにドラマ鑑賞も好きなので、移動中はTVerでのドラマ鑑賞一択です。

好きなギャンブル

競馬、ボートレース、オンラインカジノ、ブックメーカー

競馬

競馬を始めたのは25歳の時です。当時交際中だった彼女とケンカした時、ストレス発散のために東京競馬場に足を運んだことがきっかけでした。

ビビりなので低オッズしか狙いませんが、1番人気の馬の単勝2.3倍オッズに3万円を投じて勝った時は震えました。オッズ自体はしょぼいものの、6.9万円という自分の中では最高賞金額です。

年に1回、有馬記念のみ車券を購入するというのが数年続いています。

ボートレース

私が好きなお笑い芸人のブラックマヨネーズの吉田敬が、ボート好きを熱弁していたのを見て、舟券を購入してみたのがきっかけです。

大勝をした思い出がほとんどありません。競馬と同様にあまり高いオッズには賭けないので、配当倍率で言えばせいぜい2倍程度です。

特に決まったペースはありませんが、平均すると2か月に1回くらいのペースで舟券を購入しています。

ブックメーカー

2018年(28歳)の時に、サッカーのロシアワールドカップの期間中に、インターネット上の広告を見たのがきっかけです。最初にベットしたのは「日本VSポーランド」の試合で、日本の勝利に賭けていたのですが見事に外れました。

ブックメーカーでは原則2倍以下のオッズしか狙わないので、最高配当倍率も2倍強くらいしかありません。それでもベット額が大きいことはあり、最も高額の賞金をゲットした時は7万円で賭けていました。

ワールドカップやオリンピックなどの世界的なスポーツイベントが開催される時には比較的高い頻度で賭けています。賭けっこリンリンで賭けます。

オンラインカジノ

ブックメーカーと同じく、サッカーロシアワールドカップの期間中、興奮して眠れない時にオンラインカジノの広告を見たのがきっかけです。初めて登録したオンラインカジノはベラジョンカジノでした。

自分なら自制心もあるし大丈夫、と思っていましたが、ギャンブル沼にハマってしまいました。

最高配当は『Mental』(No limit City)で記録した6万6666倍です。

しかしスピン額はわずか20円だったので、130万円強の配当にしかなりませんでした。下記のようなスロットで大勝利でした。

以前はほぼ毎日プレイしていましたが、あまりにも資金が大きく増減するのが怖くなってしまい、最近は多くても週に1回程度しかプレイしません。1か月以上全くプレイしないということもあります。

また、オンラインカジノでわずか数時間の間に4万ドルもの資金が溶けたことがあります。若手サラリーマンの年収分が丸々なくなったと思うと、かなり怖いエピソードです。

▼オンラインカジノを始めてから今に至るまでのストーリー

 

好きなオンラインカジノ

これまで数々のオンラインカジノに手を出してきましたが、現在は主にベラジョンカジノユースカジノを利用しています。

やはりベラジョンカジノは最大手カジノという安心感が絶大です。またユースカジノは運営歴こそ2年強しかありませんが、圧倒的な出金スピードの速さに惚れ込んでいます。

現在も毎月のように新しいオンラインカジノサイトが登場していますが、現在はかなり満足度も高いので他のオンラインカジノにも手を出すというつもりはありません。

オンラインカジノを始めてから今に至るまでのストーリー

私は現在、オンラインカジノのプレイ歴もある程度長くなっています。性格的には3日坊主で飽きっぽい私が、ここまで長くオンラインカジノに熱中するまでの流れを詳しく紹介します。

2018年6月|サッカーワールドカップの観戦中ブックメーカーを知る

私が最初にオンラインギャンブルに興味を持ったのはブックメーカーです。2018年6月のサッカーロシアワールドカップ開催中、毎晩のように試合を見ていたため生活のリズムが大きく乱れてしました。

思うように寝れない日が続く中で知ったのが、スポーツベッティングを楽しめるブックメーカーサイトです。ワールドカップの試合にも賭けられると知って、早速いくつかサイトを探してみました。

10bet(現:賭けっ子リンリン)に登録

当時のブックメーカーサイトは現在と違ってごく少数しかありませんでした。その中で選んだのが10bet(現:賭けっ子リンリン)です。

10betに登録すると3000円の無料ボーナスをもらえたので、早速「日本VSポーランド」の試合で日本勝利に賭けてみました。結果は0-1でポーランドの勝利だったため、残念ながらブックメーカーデビュー戦となる賭けは外してしまったということです。

カジノゲームの楽しさも知る

10betはカジノ部門も併設していたので、様々なゲームも楽しんでみました。もちろん実際にクレジットカードを使って入金した資金を利用しています。いくつかのゲームをプレイしてみましたが、中でもドハマりしたのがブラックジャックです。

最初はルールを習得するのに少し手間取ったものの、覚えてからはコツコツと着実にブラックジャックで稼げるようになりました。

2018年10月|ベットリミット違反でボーナス没収

すっかりオンラインカジノにドハマりしていた時に起きたのがボーナスのベット違反事件です。当時ラッキーニッキーでもらった初回入金ボーナスをブラックジャックの高額ベットでガンガン消化した後に見事に条件をクリア、そして実際に出金申請をしたところ「ボーナスのベットリミットを超えたので出金できない」という通知を受けました。

私はボーナスの賭けに制限がかかることを当時は知らなかったのです。特に初心者プレイヤーの場合はお得なボーナスに手を出した結果、逆に自由なベットができなくなるというストレスを感じることはよくあります。これからオンラインカジノのボーナスを初めて受け取るという方は、私の二の舞にならないように注意してください。

2019年8月|ブラックジャックをプレイして1日で100万円以上を稼ぐ

2019年8月のとある日、仕事に行く通勤電車でオンラインカジノのブラックジャックをプレイしていた私は、マーチンゲール法が功を奏してあれよあれよという間に入金した5万円が100万円以上にまで膨れ上がっていました。

100万円という残高自体も見たことはほとんどなかっただけに、人生で最高レベルに興奮が高まったことを今でも覚えています。当時は嬉しさのあまり、連日のように飲み食いに出かけていました。

2019年12月|ブラックジャックをプレイして2000ドルを3万ドルまで増やす

2019年12月、とある日曜日の朝にオンラインカジノで2000ドルを入金しました。当時は1倍分のベットをクリアして2100ドルくらいを出金すれば良いというくらいの気持ちでしたが、高額ベットが次々に的中し、気づけば数時間後には残高が3万ドルまで増えていたのです。

時期も時期だっただけに、まさに宝くじが的中したような気分でした。大きく勝利した後に当時交際していた彼女(現在の妻)を旅行に誘い、スキーや温泉を楽しんだのは良い思い出です。

2020年3月|確定申告の仕方で勤務先に副業バレをしないことを知る

私が勤める会社は申請をしないと副業ができないというルールがあったので、2020年3月頃は「そろそろ住民税の通知で副業バレをする」と焦っていました。しかし色々と情報を調べる中で知ったのが「住民税の通知方法を普通徴収にすれば会社にバレる心配はない」ということです。

実際にその通りにしてみたことで、現在まで特に副業を疑われたこともありません。最悪の場合はクビになっていた可能性もあっただけに、副業バレの心配がないということは私にとって大きな安心材料となりました。

2020年4月から1年間程度はしばらくオンラインカジノを休止

2020年4月は仕事の部署移動があり、かなり労働時間が長くなったことでオンラインカジノのプレイを止めることにしました。しっかりと休息を確保しないと仕事のパフォーマンスに大きく影響が出そうな環境であったためです。

以降は1年間ほどにわたり、どのオンラインカジノでもプレイしていません。6か月や1年が経った頃には「アカウントを閉鎖します」というようなメッセージも次々と届くようになりました。

2021年5月|久々にオンラインカジノをプレイ

約1年の空白期間を経て、2021年のゴールデンウィーク頃にオンラインカジノの利用を再開しました。当時は緊急事態宣言の発令中だったこともあり、なかなか外出しづらい状況だったことも要因です。

以前と比べると新しいオンラインカジノの数も増えており、元々アカウントを保有していたオンラインカジノに加えて、いくつかのオンラインカジノでは新規アカウントを登録しました。

2021年6月|横綱カジノの夜逃げ被害に遭う

2021年6月には自分のオンラインカジノ史上最悪とも言うべき、横綱カジノの夜逃げ事件に直面します。10万円程度の出金申請の最中に夜逃げをされ、結局出金はできませんでした。

横綱カジノは毎日のログインボーナスがもらえることに魅力があり、自分もメインカジノの1つとして利用しようとしていたオンラインカジノです。横綱カジノの1件から、オンラインカジノの利用に関して以下のような教訓を得ました。

  • お得すぎるボーナスを提供するのはむしろ危険
  • オンラインカジノのアカウントには資金を残さず、こまめに出金したほうが良い
  • 新しくオープンしたばかりのオンラインカジノは危険性が高い

以降は人気度が高いオンラインカジノだけに絞ってプレイしているので、特にトラブルに巻き込まれることもなくなりました。

2021年7月|ついにスロットに手を出して大勝利の味を占める

2021年7月まではほぼブラックジャックしかプレイしてこなかった筆者ですが、ついにスロットのプレイを開始しました。スロットをプレイし始めたのは無料プレイできるフリースピンをもらったのがきっかけです。フリースピンは50回分をもらいましたが、Play’n GOの『ムーンプリンセス』で使ってみたところ、一気に800倍もの配当を得ました。

「スロットはこんなにも爆発的に稼げるのか」と驚いたことを今でも覚えています。以降はブラックジャックでのプレイ機会も減り、オンラインカジノではスロットをプレイするようになりました。

2021年9月|1日で5万ドルを増やす歴代最高勝利記録

2021年9月には思い切ってベラジョンカジノに銀行振込で5000ドルを入金しました。過去を振り返っても、1回でこれだけ高額の入金をしたことはありません。しかし高額入金が功を奏して、5000ドルの資金は一気に5万7000ドル強まで増やすことができました。

後にも先にもこれだけ超高額の賞金を1日で得たことはありません。ちなみに主にプレイしていたのはPragmatic Playの『Gates of Olympus』でした。

とにかくフリースピンを購入し続けたというシンプルなプレイスタイルです。最大5000倍のカンスト配当も何度か達成しつつ、一気に資金を増やせたことで「やはりスロットには夢があるな」と感じました。

2021年9月~2022年6月|Venus Pointのポイントバックで安定的に稼ぐ

上述した5万ドルのうち大部分は換金せずにVenus Point(現:ベガウォレット)のアカウントに残していました。オンラインカジノへの入出金を通じてVenus Pointのポイントバックを稼ぐのが大きな目的です。

とにかく無理せずに出金条件をクリアしながら入出金を繰り返すことで着実に資金を増やしました。1か月で2000ドル相当以上ものポイントバックを稼げたこともあります。

2022年8月|Vega Walletのポイントバック用資金4万ドルを一気に溶かす

Venus Pointがベガウォレットにリニューアルした後も、ポイントバック運用は続けていました。しかし2022年8月久しぶりに発動した「もっと勝ちたい」という欲が裏目に出てしまい、結果的にポイントバック用資金として運用していた4万ドルを一気に溶かすことになりました。

これまで何度も経験してきたことですが、やはり欲を出しすぎるといい結果にならないということは、今でも教訓として大切にしています。