新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

モンスターハンター 狂竜戦線 朝一リセット時の挙動

(注目記事)元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

スロット モンスターハンター 狂竜戦線 15©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. ©エンターライズ

パチスロ「モンスターハンター 狂竜戦線」の朝一リセット時の挙動と恩恵はこちらでまとめていきます。

2017年一発目の大量導入機種ということもあり、設定狙いをはじめとして朝一から狙っていく打ち手は多いであろう狂竜戦線。

リセット挙動についての解析情報が判明次第、追記していきます。

<--スポンサード リンク-->

リセットor電源OFF・ON時

項目 設定変更 電源OFF・ON
天井 リセット 引き継ぐ
内部状態 再抽選 引き継ぐ
ステージ バルバレ

状態移行率

設定 通常 高確
1~3 75.0% 23.8%
4~6 66.8% 30.9%
設定 超高確 確定高確
1~3 0.8% 1.6%
4~6 0.4% 0.8%

 

リセット恩恵はなし?

現時点で分かっているリセット挙動は、天井までのゲーム数がリセットされることと、液晶ステージや内部状態移行率くらいです。

もしかしたらスルー回数天井振り分けが優遇されている可能性があるかもしれませんが、ハッキリとした解析が判明するまでは、安直にボーダーを下げるのは危険だと思います。

内部状態移行率に関しては、設定4以上は高確からスタートしやすく、設定1~3は超高確&確定高確からスタートしやすいといった特徴がありますね。

とは言え、極端な設定差が付けられていない上に朝一限定の要素なので、ほとんど気にする必要はないでしょう。

 

変更判別

パチスロ「モンスターハンター 狂竜戦線」はリセット時にもリールガックンしないため、ガックンチェックによる変更判別は不可能です。

変更判別に活用できるとすれば、高確示唆演出とゲーム数天井くらいですね。

朝一何のレア小役も引かずに高確示唆演出が発生すれば設定変更期待度アップと、参考程度に覚えておきましょう。

一応ゲーム数天井も変更判別要素として使うことはできますが、そもそもの天井到達率が非常に低いスペックなので、実際に活用できる機会はほとんどないと思います(^^;

<解析まとめ・記事一覧>
・モンスターハンター 狂竜戦線【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット アナザーゴッドハーデス2 冥王召喚 総まとめ スロット カイジ4(新台)総まとめ スロット ロードオブヴァーミリオン Re(新台)総まとめ スロット 蒼天の拳 朋友(新台)総まとめ スロット 聖闘士星矢 海皇覚醒スペシャル(新台)総まとめ スロット ゲッターロボ 総まとめ スロット 花の慶次 天を穿つ戦槍 剛弓ver 総まとめ スロット 戦国BASARA ヒーローズパーティー 総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ