新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

エウレカセブンAO 天井恩恵と狙い目・やめどき

(注目記事)元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

スロット エウレカセブンAO 05©2012 BONES/Project EUREKA AO・MBS ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc. ©Sammy

パチスロ「エウレカセブンAO」の天井恩恵解析から、天井狙い目とやめどきを考察していきます。

いよいよ導入となったエウレカセブンの新台ですが、天井はボーナス間ハマリが条件かつ到達率も高めです。

天井狙いしやすいスペックということに加えて導入台数も比較的多いので、天井狙い稼働の主力機としての活躍に期待が持てます(^^)

<--スポンサード リンク-->

天井恩恵解析

【天井ゲーム数】
・ボーナス間900G+α

【恩恵】
・ART当選

※設定変更で天井までのゲーム数はリセット

天井条件はボーナス間ハマリ

前作は擬似ボーナスを搭載した純AT機でしたが、エウレカセブンAOは原点回帰のA+ARTタイプ。

さらに、今回の天井条件はボーナス間ハマリということで、かなり天井狙いしやすくなりました(^^)

天井ゲーム数も900Gと浅めで、設定1の天井到達率は約2.6%と高め。

天井恩恵が強力とは言いづらいですが、こういった仕様上、天井狙いで打つ機会は多くなると思います!

 

狙い目

天井狙い目は、ボーナス間570Gハマリを目安にして立ち回っていきます。

ボーナス間ハマリはメニュー画面の右上に表示されているため、天井狙い稼働では必ずそちらで確認する習慣を付けておきましょう!

ハマリゲーム数の確認は簡単ですが、ホールのデータ表示機の仕様と打ち手のレベル次第では、思わぬお宝が放置されていることもあるかもしれません(・∀・)

なお、パチスロ「エウレカセブンAO」は、天井以外の規定ゲーム数消化で何かしらの抽選が行われるといった仕様はないようなので、単純によりハマっている台を狙っていけばOKです。

 

やめどき

やめどきに関しては、ボーナス後の前兆がないことと、高確に滞在していないことを確認してからやめということで。

「パイドパイパーモード」は高確orCZ前兆示唆ステージ、「スカブコーラルモード」はCZ高確示唆ステージとなっているため、移行した場合はしばらく様子を見ておきましょう。

高確はしっかりとフォローすべきですが、あまりダラダラと引っ張られても損をすることになるので、演出に慣れてきたら1Gでも早く見切りを付けることを意識しておくといいと思います。

 

立ち回りまとめ

【天井狙い目】
ボーナス間570G~

【やめどき】
・ボーナス後の前兆&高確非滞在を確認後。

<解析まとめ・記事一覧>
・エウレカセブンAO【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット スーパーリノXX(新台)総まとめ スロット マッハGoGoGo(新台)総まとめ スロット ドリームクルーン711(新台)総まとめ スロット 巨人の星 情熱編(新台)総まとめ スロット カイジ4(新台)総まとめ スロット ロードオブヴァーミリオン Re(新台)総まとめ スロット 蒼天の拳 朋友(新台)総まとめ スロット 聖闘士星矢 海皇覚醒スペシャル(新台)総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ