パチスロ ゼットマン 01©桂正和/集英社・「ZETMAN」製作委員会 ©EXCITE

パチスロ「ゼットマン」を楽しんで勝つための解析攻略情報を徹底網羅!

パチンコ化もされた人気コミック「ゼットマン(ZETMAN)」が、今度はパチスロとなって登場です。

スペックはA+ARTタイプとなっており、ART純増は約1.5枚/G。

私は原作者である桂正和さんの大ファンなので、原作の世界観がどのように再現されているかにも注目しています。

更新情報

【1/24】設定判別要素にART後の引き戻し当選率、BIG終了画面の設定示唆要素を追記。
【1/14】小役確率解析値や設定判別要素を追記。
【1/8】天井情報や打ち方、3種類のフリーズ情報を追記。

スペック解析

基本情報
導入日2017年1月10日
タイプA+ART
ART純増約1.5枚/G
コイン持ち50枚あたり約32G
コイン単価約2.8円(※設定1)
設定覚醒
ボーナス
ゼット
ボーナス
11/2621.41/936.2
21/897.8
31/851.1
41/809.1
51/799.2
61/728.2
設定アルファス
ボーナス
ボーナス
合算
11/662.01/337.8
21/630.21/324.4
31/606.81/312.1
41/585.11/300.6
51/550.71/290.0
61/520.11/271.9
設定ART
確率
ボーナス
+ART
機械割
11/289.91/156.097.8%
21/275.71/149.099.4%
31/260.61/142.0101.4%
41/239.01/133.2104.0%
51/218.11/124.5106.6%
61/191.21/112.3111.2%

初当たりの軽いA+ARTタイプ

パチスロ「ゼットマン」のボーナス・ART確率を見てみると、ボーナス確率は一般的なA+ARTタイプよりもやや重くなっているものの、ART確率が約1/290~1/191ということで、ボーナス+ART確率は約/156~1/112とかなり軽めになっています。

ART純増は約1.5枚/Gとなっていることから、ボーナスが引けないことには中々出玉は増えないので、ART初当たりの軽さを活かして出玉を繋いでいくイメージですね。

機械割は97.8~111.2%と最近の新台の中では平均的な数値ですが、導入台数が約5,000台と控えめなのが残念です。

 

公式PV

 

通常時

ART当選をかけた自力CZは、「コンプリーションモード」と「シューティングモード」の2つ。

前者はジン、後者はコウガにスポットを当てた演出となっており、「コンプリーションモード」の方が期待度が高くなっています。

通常ステージ

・「ジン/コウガ/ミドルタウン」の3ステージ。
・ミドルタウンは高確示唆ステージ。

(超)ゼットステージ

・前兆ステージ。
・超ゼットステージはART期待度大。

コンプリーションモード

・ART期待度約40%の自力CZ。
・ベルorレア小役が3回成立するまで継続する。
・ジンがゼットに覚醒すればART確定。

シューティングモード

・ART期待度約30%の自力CZ。
・10Gor20G継続する。
・アルファスが仮想エボルを殲滅することができればART突入。

 

ボーナス

パチスロ「ゼットマン」のボーナスは、「覚醒ボーナス」「ゼットボーナス」「アルファスボーナス」の3種類。

覚醒ボーナスは獲得枚数は少ないものの、平均で100G以上を上乗せする特化ゾーンとしての役割を担う上位ボーナスです。

ゼットボーナスとアルファスボーナスは獲得枚数は同じですが、ゼットボーナスの方がART期待度が高くなっています。

覚醒ボーナス

・約18枚獲得可能の上位ボーナス。
・二択に正解すれば基礎ゲーム数or秒数を上乗せし、ボーナス終了後に基礎ゲーム数と秒数を掛けたゲーム数が上乗せされる。
・平均上乗せゲーム数は100G以上。

ゼットボーナス/アルファスボーナス

・約156枚獲得可能のボーナス。
・「暴きの輪」絵柄が停止すればするほどART期待度アップ。
・消化中の「暴きの輪」絵柄揃いでART確定。

 

ART

ART「ゼットラッシュ」突入前には、「チャージゾーン」を経由して初期ゲーム数を決定します。

ART中の上乗せ特化ゾーンも、ゼット(ジン)とアルファス(コウガ)にちなんだものが用意されており、ゼットインパクトはベル、アルファスインパクトはリプレイの引きが重要になってきます。

また、ゼットとアルファスの複合上乗せ特化ゾーン「デュアルインパクト」も搭載されており、突入時の平均上乗せゲーム数は約100G!

リール逆回転からの上乗せ倍増演出も盛り込まれており、随所でニューギン系特有のド派手な効果音が響き渡ります(爆)

ゼットラッシュ

・初期ゲーム数40~300GのART。
・消化中はボーナス&ゲーム数直乗せ&特化ゾーン突入抽選が行われている。

チャージゾーン

・1G完結型のART初期ゲーム数決定ゾーン。
・レア小役が成立すれば大量上乗せに期待が持てる。

エクストラバトル

・暴きの輪揃いから突入し、バトル中は高確率で直乗せ&上乗せ特化ゾーンを抽選する。

ゼットインパクト

・リプレイ以外の小役成立時にゲーム数上乗せが発生する特化ゾーン。

アルファスインパクト

・ベル以外の小役成立時にゲーム数上乗せが発生する特化ゾーン。

デュアルインパクト

・全小役で上乗せが発生する、ゼット&アルファスの合体上乗せ特化ゾーン。
・突入時の平均上乗せゲーム数は約100G。

 

天井恩恵

天井G数ボーナス間1280G+α
恩恵ART当選
宵越し不可

天井・ゾーン狙い目とやめどき

天井狙い目ボーナス間870G~
ゾーン狙い目狙い目となるゾーンはなし
やめどきボーナス後の前兆&高確非滞在を確認後

★詳細考察はこちら⇒ゼットマン 天井恩恵と狙い目・やめどき

 

打ち方

スロット ゼットマン 打ち方

1.左リール上段付近に赤7を狙いつつ、右リールは適当打ち。

2.枠内チェリー停止時は中リールも適当打ち。
⇒中段チェリー・・・中段チェリー
⇒角チェリー+右リール中段にリプレイ停止・・・弱チェリー
⇒それ以外の角チェリー・・・強チェリー

3.スイカテンパイ時は、中リールにも赤7を目安にしてスイカを狙う。
⇒スイカ揃い・・・スイカ(強弱はなし)
⇒スイカハズレ・・・強チャンス目

4.下段赤7停止時は中リールは適当打ち。
⇒中段「リプ・スイカ・スイカ」・・・弱チャンス目

補足解説

パチスロ「ゼットマン」の打ち方はシンプルで、左リールにチェリーを狙いつつ右リールを適当打ちし、スイカがテンパイした場合のみ中リールにもスイカを狙えばOKです。

チェリーの強弱は右リールの停止形で判別ができ、スイカには強弱の概念はありません。

なお、チャンス目には強弱の2種類がありますが、成立時には必ずリールフラッシュが発生するため見逃す心配はないでしょう。

 

小役確率

設定差なし
3択押し順ベル各1/12.9
共通ベル1/73.4
弱チェリー1/83.5
強チェリー1/270.8
中段チェリー1/21845.3
弱チャンス目1/143.7
強チャンス目1/334.4
設定差あり
設定スイカ
11/97.2
21/96.1
31/95.0
41/93.9
51/92.8
61/90.9

パチスロ「ゼットマン」で、出現率に設定差が付けられている小役はスイカのみ。

と言っても設定差は微量で、設定狙い稼働の際にもカウントする必要はないくらいです。

なお、プレミアフラグは中段チェリーのみとなっており、成立確率は約1/21845となっています。

 

朝一リセット挙動

※調査中

設定判別要素

設定判別のメインは、ART初当たりに関わるCZ突入率やART直当たりです。

特に、強レア小役からART直当たりを確認できれば、高設定期待度はグッと上がります。

また、スイカとボーナスの重複確率にも大きめの設定差が付けられているため、設定狙いでは漏れなくチェックしておきましょう!

CZ&ART抽選

弱レア小役
設定シューティングコンプリーションART
16.0%6.0%0.1%
26.8%6.8%
37.5%7.5%
48.3%8.3%
59.0%9.0%
610.0%10.0%
強レア小役
設定シューティングコンプリーションART
113.0%13.0%0.1%
213.5%13.5%
314.0%14.0%
414.5%14.5%
516.0%16.0%1.3%
617.5%17.5%3.5%

※弱レア小役=弱チェリー・スイカ・弱チャンス目
※強レア小役=強チェリー・強チャンス目

レア小役成立時のCZ当選率に関しては、高設定になるにつれて優遇されていきます。

特に、弱レア小役成立時のCZ当選率に大きめの設定差がつけられていますね。

その逆に、ART直当たり抽選は弱レア小役では設定差が付けられておらず、強レア小役からの当選率に非常に大きな設定差が付けられています。

ボーナス重複

設定スイカ+ゼットスイカ+アルファス
11/5461.31/5041.2
21/4369.11/3640.9
31/3449.31/2978.9
41/2849.41/2520.6
51/2730.71/1985.9
61/2048.01/1638.4

設定差のある特定ボーナスは、「スイカ+ゼットボーナス」と「スイカ+アルファスボーナス」の2つです。

その他の特定ボーナス確率には、一切設定差が付けられていません。

設定狙いではサンプルが取りやすいよう、合算してカウントしておくのがいいですね。

ART後の引き戻し抽選

設定シューティングコンプリーションART直撃
114.0%6.0%0.1%
20.1%
315.4%6.6%0.3%
40.3%
518.2%7.8%1.0%
621.0%9.0%2.5%

ART終了時にはCZ&ART引き戻し抽選が行われており、高設定ほど各引き戻し抽選が優遇されています。

特に設定差が大きいのはART引き戻しで、確認できれば設定5以上の期待度が大幅にアップしますね(^^)

BIG終了画面

通常時のBIG終了画面が女性キャラの場合は偶数設定期待度アップ、ART中ボーナス終了画面が3人(ジン・コウガ・小葉)の幼少期&成長後画面であれば高設定示唆となるようです。

★あなたが設定狙いで結果を出せていない場合のみ参考にしてみてください
設定期待度を一発表示!高性能の設定推測ツール

 

ゾーン振り分け・実践値

パチスロ「ゼットマン」は非ゲーム数管理タイプとなっているため、天井を除いた規定ゲーム数到達時に何かしらの抽選が行われるといった仕様はありません。

 

フリーズ

暴きフリーズ
確率弱レア小役成立時の1.5~2.0%
強レア小役成立時の0.2%
恩恵通常時:CZ以上が確定
ART中:上乗せゲーム数倍増
裏返りフリーズ
確率リプレイ:0.1%(0.2%)
ベル:0.1%(0.2%)
弱レア小役:3.0~4.0%(0.005%)
強レア小役:0.5%(0.005%)
※左は通常時、右カッコ内はART中
恩恵通常時:CZ以上確定
ART中:上乗せ特化ゾーン確定
覚醒フリーズ
確率※調査中
(覚醒ボーナス確率:1/2621.4)
恩恵覚醒ボーナス

パチスロ「ゼットマン」には3種類のフリーズを搭載しており、通常時に暴きフリーズor裏返りフリーズが発生すればCZ以上が確定。

ART中の暴きフリーズは1段階なら上乗せゲーム数2倍、2段階なら上乗せゲーム数が3倍に。

そして、ART中に裏返りフリーズが発生すれば、上乗せ特化ゾーン突入となります。

★詳細考察はこちら⇒ゼットマン 3種類のフリーズ確率と恩恵