新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

メタルギアソリッド 設定判別・推測要素の総まとめ

【当てはまったら養分確定】元ホール店長が語る!スロットで負けている人の残念な特徴3選

パチスロ メタルギアソリッド 02©Konami Digital Entertainment ©KPE

パチスロ「メタルギアソリッド」の設定判別に関わる解析情報はこちらでまとめていきます。

導入直後でメインとなる設定判別要素は初当たり確率。

特にART直当たり確率に大きな設定差が付けられているため、設定狙いでは要チェックですね。

また、一部の小役確率にも段階的な設定差が付けられています。

<--スポンサード リンク-->

更新情報

【11/16】ミニキャラコスチュームチェンジでの設定6確定パターンを追記。
【10/29】ART直当たり確率と通常REG中の抽選、REG中の設定確定パターンを追記。
【10/23】ボーナス振り分けと、REG中キャラ紹介の文字色での設定示唆情報を追記。

初当たり確率

【ボーナス&ART合算】
設定1:1/266.9
設定2:1/258.6
設定3:1/251.1
設定4:1/240.4
設定5:1/232.7
設定6:1/220.2

【ART直当たり】
設定1:1/13793
設定2:1/7588
設定3:1/12840
設定4:1/6017
設定5:1/6910
設定6:1/5509

段階的な設定差あり

導入開始時にハッキリとした数値が出ているのは、ボーナス&ART確率と後述する小役確率のみ。

初当たり合算確率には大きな設定差は付けられていませんが、現状はこれを頼りに設定を絞り込んでいくしかないですね。

ただ、実践情報によると、ボーナスを経由しないART直当たり確率に大きな設定差が見受けられたようです。

このことから、ART直当たりを複数回確認できれば設定狙いで粘ってみる価値はあるかもしれません。

 

注意点を挙げるとすれば、ボーナス・ART後50G以内のART当選時はサンプルから除外することです。

サンプルから除外する理由は、「サブシスタンスゲーム」「コンティニューゾーン」中のボーナスはARTに書き換えられるためですね。

 

※【10/23】追記:ART直当たりですが、実戦では偶数設定でのみ確認できたとのことです。

偶数設定かつ高設定ほど直当たりが優遇されている可能性はありますが、ART直当たりを確認できたといって粘るのは少し危険かもしれません。

 

ART直当たりの設定差

※【10/29】追記:設定別のART直当たり確率が判明しました。

前情報通り、偶数設定の直当たり確率が優遇されている他、設定5は設定2よりも優遇されています。

このことから、複数回直当たりを確認できれば、偶数設定or設定5に期待が持てることになりますね。

 

ボーナス振り分け

設定 BIG REG SPSEG
1 58.6% 40.2% 1.2%
2 61.7% 37.5% 0.8%
3 57.4% 40.2% 2.3%
4 62.9% 35.9% 1.2%
5 60.2% 37.5% 2.3%
6 62.9% 34.4% 2.7%

設定3・5・6はSPREG当選率が優遇

※【10/23】追記:ボーナス当選率を追記しました。

注目すべきは当選時点でART確定となるSPREG振り分けで、設定3・5・6は他設定よりも選択率が大きく優遇されています。

一度当選したくらいでは全くアテにはなりませんが、複数回確認できれば高設定期待度は上がりますね。

 

ただ、設定3の可能性もあるため、その他の設定判別要素も参考にして設定を絞り込んでいきましょう。

これとは別に、REG中のキャラ紹介の文字が赤文字なら高設定示唆となるようですが、ハッキリとした解析が判明してから追記します。
(※実戦では設定6でのみ確認できたとのこと)

 

小役確率

設定 スイカ 弱チェリー 合算
1 1/80.0 1/84.3 1/41.1
2 1/77.5 1/83.3 1/40.1
3 1/75.0 1/82.2 1/39.2
4 1/72.5 1/81.1 1/38.3
5 1/70.0 1/79.9 1/37.3
6 1/67.5 1/67.5 1/36.1

弱チェリー&スイカ確率に設定差

出現率に設定差が付けられている小役は、「弱チェリー」「スイカ」の2役です。

サンプルを取りやすいよう、それぞれを合算してカウントしていくのがいいですね。

設定差が小さく参考程度の判別要素ではありますが、設定判別精度を上げるために漏れ無くチェックしておきたいところです。

 

REG中の抽選

共通段ボール成立時の
ART抽選
設定 当選率
1 15.2%
2 20.3%
3 25.0%
4
5 30.1%
6
レア小役別の
BIG昇格抽選
設定 スイカ
弱チェリー
強チェリー
チャンス目
1 5.1% 30.1%
2 6.3% 37.5%
3 10.2% 33.6%
4 37.5%
5 40.2%
6 12.6%

ART抽選&BIG昇格抽選に設定差あり

※【10/29】追記:通常REG中は共通段ボール成立時にART抽選、レア小役成立時にBIG昇格抽選が行われます。

共通段ボール成立時のART中抽選と、弱レア小役(スイカ・弱チェリー)成立時のBIG昇格抽選は高設定になるにつれて優遇、強レア小役(強チェリー・チャンス目)成立時のBIG昇格抽選は設定「1<3<2・4<5・6」の順で優遇されています。

サンプルを集めづらい要素ではありますが、共通段ボールでのART抽選と弱レア小役からのBIG昇格率には大きな設定差が付けられているため、設定狙いでは忘れずチェックしておきましょう。

 

REG中キャラ紹介

【スネーク(赤文字)】
設定2以上確定

【オセロット(赤文字)】
設定3以上確定

【ザ・ボス(赤文字)】
設定4以上確定

【ガーコ&ケロタン(金文字)】
高設定確定

高設定確定パターンあり

※【10/29】追記:REG中のキャラ紹介に設定確定パターンあり!

示唆内容自体はシンプルで、スネーク(赤文字)なら設定2以上、オセロット(赤文字)なら設定3以上、ザ・ボスなら設定4以上、そしてガーコ&ケロタン(金文字)なら高設定確定となります。

ガーコ&ケロタンには【高設定確定】とのことですが、設定5以上確定と見ておけばいいと思います。

それぞれのキャラデザインを知らなくても液晶にはハッキリと名前が表示されているので、気を配って消化しておけば見逃すことはないですね。

 

通常時のミニキャラコスチューム

【科学者】
⇒偶数設定期待度アップ

【タキシード】
⇒偶数設定確定

【ケロタン】
設定6確定

【ガーコ】
設定6確定

ケロタンorガーコにチェンジで・・・?

※【11/16】追記:通常時は滞在状態や設定に応じて、ミニキャラのコスチュームチェンジが発生することがあります。

演出が発生していない、前回着替えてから33G以上が経過しているといった条件があったり、「150~250G/450~550G/750~850G/950~1050G/1200G以降」はミニキャラコスチュームチェンジが発生しやすいといった特徴がありますが、設定狙いに限らず重要なのが「ケロタン」or「ガーコ」。

どちらのミニキャラに関しても設定6確定となるため、確認できた場合は迷わず設定狙いで全ツッパできますね(^^)

なお、ミニキャラは基本的に液晶下部に待機しているので、空き台にメダルを入れれば一目瞭然です!

★「パチマガ・スロマガ」で設定推測ツールが実装済みです。
パチマガ・スロマガレビュー記事

<解析まとめ・記事一覧>
・メタルギアソリッド【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット 不二子Aタイプ 総まとめ スロット パックマン 総まとめ スロット 北斗の拳 修羅の国篇 羅刹 総まとめ スロット 大海物語4 総まとめ スロット フェアリーテイル 総まとめ スロット 秘宝伝Rev 総まとめ スロット マジカルハロウィン6 総まとめ スロット 黄門ちゃまV 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ