新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

プリシラと魔法の本 打ち方・レア小役出目

【当てはまったら養分確定】元ホール店長が語る!スロットで負けている人の残念な特徴3選

パチスロ プリシラと魔法の本 リール©NET CORPORATION

パチスロ「プリシラと魔法の本 シンデレラブレイド外伝」の打ち方とレア小役出目をまとめてみました。

打ち方はシンプルな機種で、ハサミ打ちで消化しておけば小役の取りこぼしはかなり減らせると思います。

小役構成もシンプルにまとまっているため、初打ちの際にも問題なく打っていけるでしょう。

<--スポンサード リンク-->

打ち方・レア小役出目

1.左リールに「BAR/リンゴ/赤7」の塊を狙い、右リールは適当打ち。

2.枠内リンゴ停止時は、中リールは適当打ちで消化。
⇒中段にリンゴ停止・・・中段リンゴ
⇒角リンゴ+右リール中段にリプレイ停止・・・弱リンゴ
⇒角リンゴ+右リール中段にリプレイ非停止・・・強リンゴ

3.スイカテンパイ時は、中リールには赤7を目安にしてスイカを狙う。
⇒斜めスイカ揃い・・・弱スイカ
⇒平行スイカ揃い・・・強スイカ
⇒スイカハズレ・・・強チャンス目

4.下段BAR停止時は、中リールは適当打ちで消化。
⇒中段「リプ・リプ・チェリーorスイカ」・・・弱チャンス目
⇒中段「リプ・スイカ・リプ」・・・弱チャンス目
⇒ベル小V字型停止・・・クロノ目
※クロノ目には複数の停止形あり

 

右リールは適当打ちでOK

まずは左リールに「BAR/リンゴ/赤7」の塊を狙いますが、左リールの目押し位置によってはスイカがスベってこない可能性があるので、BARを上段~中段に狙うイメージで停止させるといいでしょう。

そして、左・右リールにスイカテンパイした場合のみ、中リールの目押しが必要になってきます。

中リールにスイカを狙う場合は、BARと赤7の塊を目安にすればOK!

スイカには強弱の概念があり、斜めにスイカが揃えば弱スイカ、平行(上段)にスイカが揃えば強スイカ、スイカハズレとなった場合は強チャンス目です(^^)

 

リンゴ(チェリー)に関しては、「弱リンゴ・強リンゴ・中段リンゴ」といった3つのフラグがありますが、右リールの停止形をチェックしておけば強弱を判別することができます。

なお、クロノ目出現を契機にクロノ(純)ボーナスに突入しますが、クロノボーナス成立からクロノ目出現までの間はレア小役高確率状態となっているため、プリシラボーナスをストックするチャンスとなります。

<解析まとめ・記事一覧>
・プリシラと魔法の本【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット 不二子Aタイプ 総まとめ スロット パックマン 総まとめ スロット 北斗の拳 修羅の国篇 羅刹 総まとめ スロット 大海物語4 総まとめ スロット フェアリーテイル 総まとめ スロット 秘宝伝Rev 総まとめ スロット マジカルハロウィン6 総まとめ スロット 黄門ちゃまV 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ