新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

メタルギアソリッド 打ち方解説※CB搭載機

【当てはまったら養分確定】元ホール店長が語る!スロットで負けている人の残念な特徴3選

パチスロ メタルギアソリッド リール©Konami Digital Entertainment ©KPE

パチスロ「メタルギアソリッド スネークイーター」の打ち方とレア小役出目をまとめておきます。

特にこれといって難しい目押しはありませんが、CBを搭載している点には注意して下さい。

ここ最近は、CB(MB)を搭載した新台がまた増え出してきましたね。

<--スポンサード リンク-->

打ち方・レア小役出目

1.左リール上段付近に黒7を目安にしてチェリーを狙い、右リールは適当打ち。

2.枠内チェリー停止時は、中リールは適当打ち。
⇒中段にチェリー停止・・・中段チェリー
⇒角チェリー+右リール中段に段ボール停止・・・弱チェリー
⇒角チェリー+右リール中段に段ボール非停止・・・強チェリー

3.スイカテンパイ時は、中リールは黒7を目安にしてスイカを狙う。
⇒スイカ揃い・・・スイカ(強・弱はなし)
⇒スイカハズレ・・・チャンス目
※右リールのBAR絵柄はスイカの代用絵柄

4.下段黒7停止時は、中リールは適当打ち。
⇒中段「リプ・リプ・ベル」・・・CB

 

ハサミ打ち消化がオススメ

まずはじめに左リールにチェリーを狙っておけば、他に目押しが必要になるのはスイカ成立時のみ。

そして、スイカ成立時には右リールの目押しは必要ありません。

このことから、ハサミ打ちで消化すればスイカの取りこぼしを極力防ぐことができますね(^^)

純増枚数約2.0枚/GのART機ということもあるので、フルウェイトでサクサク消化していきたいところです。

 

なお、スイカには強・弱の概念はなく、右リールのBAR絵柄はスイカの代用絵柄となっています。

スイカハズレとなった場合はチャンス目となりますが、払い出し枚数からもスイカorチャンス目を判別することはできます。
(※スイカは3枚の払い出し、チャンス目は1枚の払い出し)

チェリーに関しては3種類のフラグが存在し、強弱は右リールの停止形で判別できます。

 

CBはお馴染みの出目

パチスロ「メタルギアソリッド」のCB出目は、お馴染みと言ってもいい中段「リプ・リプ・ベル」

次ゲームで15枚の払い出しがあるため、やめる前には必ず出目を確認しておくクセを付けておきましょう。

空き台で見かけた場合は、遠慮なく頂いてしまえばOKですね。

CB(MB)を知っている打ち手からすれば目に付きやすい出目ではありますが、ホールの打ち手のレベルによってはそれなりに拾えることもあるかもしれません。

<解析まとめ・記事一覧>
・メタルギアソリッド【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット 不二子Aタイプ 総まとめ スロット パックマン 総まとめ スロット 北斗の拳 修羅の国篇 羅刹 総まとめ スロット 大海物語4 総まとめ スロット フェアリーテイル 総まとめ スロット 秘宝伝Rev 総まとめ スロット マジカルハロウィン6 総まとめ スロット 黄門ちゃまV 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ