パチスロ 北斗の拳 修羅の国篇 03©武論尊・原哲夫/NSP 1983, ©NSP 2007 版権許諾証YSC-506 ©Sammy

パチスロ「北斗の拳 修羅の国篇」のフリーズ確率と恩恵についての解析情報です。

修羅の国篇では2種類のフリーズが搭載されており、発生時の恩恵はお馴染みのプレミアフラグ「北斗揃い」。

北斗揃いの期待値は2,400枚以上ということで、パチスロ北斗の拳シリーズ屈指の破壊力となっています!

更新情報

【10/10】フリーズ確率を修正。

フリーズ解析

・パチスロ「北斗の拳 修羅の国篇」には、「北斗フリーズ」と「北斗ロングフリーズ」の2種類が搭載されている。
・後者の北斗ロングフリーズは確率が重い分、発生時には+αの恩恵あり。

北斗フリーズ

【確率】
設定1:1/27910.4
設定2:1/26784.0
設定3:1/24524.8
設定4:1/20780.8
設定5:1/18572.8
設定6:1/15174.4
※AT当選時の1/64で発生

【恩恵】
北斗揃い(ATレベル3以上)

【期待値】
約2,400枚

北斗ロングフリーズ

【確率】
設定1:1/111641.6
設定2:1/107136.0
設定3:1/98099.2
設定4:1/83123.2
設定5:1/74291.2
設定6:1/60697.6
※北斗揃い時の1/4で発生
※北斗ロングフリーズでは「TOUGH BOY」が流れます

【恩恵】
北斗揃い(ATレベル4確定)

【期待値】
約2,800枚

北斗揃いの恩恵

1.50Gの専用ARTステージへ突入。
2.金勝舞魂を獲得。
3.専用ステージ後は特闘に突入。
4.上位ATレベル確定。

 

歴代北斗シリーズ屈指の恩恵

新作が導入される度に、「今回の北斗揃いは歴代北斗シリーズ最強」・・・と言われているような気もしますが(笑)、期待値を見る限りでは「修羅の国篇」の北斗揃いは「転生の章」や「強敵」を超える性能となっています。
(※転生の章ではATレベル4で約1,400枚、強敵ではATレベル4で約2,100枚と言われています)

強力な恩恵の割には引き当てやすい確率になっているため、今までのシリーズ以上に北斗揃いが重要な役割を担ってくることになると思います。

設定狙い・天井狙いといった期待値稼働でも、北斗揃いを引けるかどうかが収支に影響してくるでしょうね。

まあ、パチスロ「北斗の拳」の醍醐味と言えば北斗揃いですし、通常ARTと北斗揃い経由のARTで大きなメリハリが付いていた方が、ゲームバランスが取れているのかもしれません。

 

もちろん北斗揃い成立時点で2,000枚を超える出玉が約束されているワケではないので、展開負けしてあっという間にARTが終了することもあるでしょうが・・・(苦笑)

北斗(ロング)フリーズを引いた際の実戦コメントも、ドシドシお待ちしております(^^)

 

※【10/10】追記:北斗フリーズ確率は1/16384.0、北斗ロングフリーズは1/32768.0と言われていましたが、ガセ情報だったようです。

実際はAT当選時の1/64で北斗揃い(フリーズ)となり、さらに北斗揃い時の1/4でロングフリーズとなるようです。

設定別のAT初当たり確率から北斗揃い確率を算出すると1/27910.4~1/15174.4、ロングフリーズ確率は1/111641.6~1/60697.6となり、低設定を中心にガセ情報よりも確率が重くなります。

 

このことから、想定していたよりもフリーズの重要性が低くなるため、ゲームバランスはこれまでの北斗の拳とあまり変わりませんね。

ただ、フリーズ(北斗揃い)期待値自体は歴代最強となっていますし、大量出玉に期待が持てるフラグであることには違いありません。

<解析まとめ・記事一覧>
・北斗の拳 修羅の国篇【パチスロ解析】完全攻略マニュアル