パチスロ 北斗の拳 修羅の国篇 02©武論尊・原哲夫/NSP 1983, ©NSP 2007 版権許諾証YSC-506 ©Sammy

パチスロ「北斗の拳 修羅の国篇」の設定判別に関わる解析情報はこちらでまとめていきます。

導入直後から多数の設定確定パターンが判明している、パチスロ「北斗の拳 修羅の国篇」!

ART終了画面や初回エピソード、そして「特闘」バトルパート開始画面は絶対に見逃すことのないよう気をつけて下さい。

更新情報

【11/23】内部状態不問の実質的な前兆移行率を追記。
【10/29】設定差のある内部状態移行率や、高設定濃厚パターンを追記。
【10/14】朝一リセット時の内部状態移行率を追記。
【10/7】設定別の角チェリー・弱スイカ確率を追記。

ART初当たり

設定1:1/436.1
設定2:1/418.5
設定3:1/383.2
設定4:1/324.7
設定5:1/290.2
設定6:1/237.1

設定1と設定6で約1.8倍の差

メインとなるのはART関連の数値です。

単純に初当たり確率だけを見ても、大きな設定差が付けられていますね。

パチスロ「北斗の拳 修羅の国篇」は、設定4の機械割は105.4%と設定狙いでは物足りませんが、設定5の機械割は110.1%と高いため、設定5以上の数値を目安にして立ち回っていきましょう。

また、状態移行率に大きな設定差が付けられていると思われるため、今後の解析情報は要チェックです。

 

小役確率

設定角チェリー弱スイカ
11/110.01/99.5
21/107.11/97.5
31/104.41/95.3
41/101.81/93.1
51/99.31/91.0
61/97.51/89.5

角チェリー&弱スイカ確率に設定差

※【10/7】追記:角チェリー&弱チェリー確率を追記しました。

どちらも高設定になるにつれて段階的に出現率が上がっていきますが、RT状態やCB中のゲーム数を考慮する必要がある点に要注意です。

マイスロのマイカウンターを使えば正確な出現回数を把握することができるため、設定狙いでは必ず活用しておきましょう。

その他の小役確率にも設定差が付けられていた場合は、解析が判明次第追記していきます。

 

内部状態移行率

朝一リセット・ART終了時
設定低確通常高確
156.3%31.3%12.5%
253.8%31.3%15.0%
342.5%37.5%20.0%
437.5%37.5%25.0%
525.0%43.8%31.3%
618.8%43.8%37.5%
低確滞在時
弱スイカ・チャンス目
設定高確へ前兆へ
10.01%0.01%
20.02%0.02%
30.2%0.2%
41.0%1.0%
51.4%1.4%
62.5%2.5%
低確滞在時
強スイカ・強チャンス目
設定前兆へ
11.6%
22.3%
34.7%
46.3%
57.8%
69.4%
通常滞在時
弱スイカ・チャンス目
設定前兆へ
10.01%
20.02%
30.2%
41.0%
51.4%
62.5%
通常滞在時
強スイカ・強チャンス目
設定前兆へ
15.0%
26.3%
39.4%
412.5%
515.6%
618.8%
高確滞在時
角チェリー
設定前兆へ
10.01%
20.02%
30.2%
41.0%
51.4%
62.5%
高確滞在時
弱スイカ
設定前兆へ
16.3%
27.8%
39.4%
412.5%
515.6%
618.8%

※レア小役からの状態移行率は設定差のある部分のみを抜粋

高設定ほど高確スタートしやすい

※【10/14】追記:朝一リセット時の内部状態移行率を追記しました。

やはり歴代のパチスロ北斗の拳シリーズの傾向を踏襲しており、高設定になるにつれて通常以上でスタートしやすくなっています。

設定6であれば37.5%で高確スタートとなるため、朝一台で特に何のレア小役も引いていないのに高確示唆演出が発生すれば、設定変更&高設定期待度アップとなりますね。

朝一限定の判別要素ではありますが、設定狙いの際には忘れずチェックしておきましょう。

※【10/29】追記:ART終了時の状態移行率はリセット時と同じなので、リセット時と同じように高確示唆演出に注目しておきましょう。

 

弱レア小役成立後の前兆移行をチェック

※【10/29】追記:レア小役からの状態移行率解析値を追記しました。

低確滞在時の前兆移行率や、弱レア小役からの前兆移行率には非常に大きな設定差が付けられていますね。

内部状態を正確に把握するのは難しいですが、弱スイカや角チェリー・チャンス目といった小役からARTに繋がれば高設定期待度アップと覚えておきましょう。

 

実質的な前兆移行率
実質的な前兆移行率
(※全モード加味)
設定中段チェリー
以外
強レア小役
以外
11/2062.81/4314.8
21/1840.81/3861.1
31/1407.61/2981.1
41/934.21/1697.7
51/752.31/1309.1
61/519.41/824.1

強レア小役以外=角チェリー・弱スイカ・チャンス目

※【11/23】追記:全モード(状態)を加味した実質的なモード移行率を追記しました。

精度の高い設定判別を行うなら、その時点の内部状態と成立役から丁寧に設定を絞り込むに越したことはないですが、内部状態を正確に見極めるのは難しいですし、状態不問で前兆移行率をざっくりと見ておくのも有効ですね。

内部状態の判断に自信がない場合は、こちらを参考にしてみてくださいね(^^)

 

低確・通常中の闘神演舞TURBO当選率

設定1:1/3947580.2
設定2:1/1973790.1
設定3:1/493447.5
設定4:1/61680.9
設定5:1/15420.2
設定6:1/10280.2
※高確&前兆中のボーナスは必ず闘神演舞TURBOに。

確認できれば高設定濃厚!

※【10/29】追記:低確&通常中の闘神演舞TURBO当選率を追記しました。

「確認できれば高設定濃厚!」、と言ってしまってもいいくらい強烈な設定差が付けられています。

ただし、高確・前兆中に天舞の刻に当選した場合は必ず闘神演舞TURBOとなるため、ボーナス当選時の内部状態判別に自信がない場合は設定判別要素から除外すべきです。

設定判別要素として活用する場合、状態示唆演出やボーナス前後の成立役を常に注意深くチェックしておく必要がありますね。

 

ART終了画面

【サミートロフィー・銅】
設定2以上確定

【サミートロフィー・銀】
設定3以上確定

【サミートロフィー・金】
設定4以上確定

【サミートロフィー・キリン柄】
設定5or6確定

【サミートロフィー・レインボー】
設定6確定

A-SLOT北斗の拳でもお馴染み

7月に導入された、「A-SLOT北斗の拳」のボーナス終了画面に盛り込まれていた設定確定パターンあり。

ART終了画面の左下にサミートロフィーが表示されていれば、その時点で設定2以上が確定します。

注目なのが「トロフィーの色」で、銀色であれば設定3以上確定、金色であれば設定4以上確定、キリン柄であれば設定5or6確定、そしてレインボー(虹色)なら設定6確定となります!

うっかり見逃してしまうことのないよう、ART終了時にはひとまず一呼吸置くクセを付けておきましょう。
(※マイスロで確認できる可能性もあり)

 

初回エピソード

【エピソード1:いざ!修羅の国へ!!】
⇒奇数設定示唆

【エピソード2:憎しみの傷跡】
⇒偶数設定示唆

【エピソード3:もどりこぬ愛!!】
設定2以上確定

【エピソード4:闘う鬼神!!】
設定4以上確定

【エピソード5:北斗神拳創造!】
設定5or6確定

7連目限定の設定示唆要素

パチスロ「北斗の拳 修羅の国篇」で特徴的なシステムが「7連システム」。

ARTが7連するとエピソードが発生して、金勝舞魂を獲得できるのですが、初回に発生するエピソードで設定を示唆しています。

ART突入の度に必ず見られるワケではないため、ART終了画面に比べると圧倒的にサンプルは取りづらいですが、その分強めの設定示唆要素となっている可能性はありますね。
(※高設定確定パターンの出現率優遇など)

分かりやすい設定示唆要素ではあるので、必ず覚えておきましょう。

 

特闘バトルパート開始画面

【リン(バスタオル)】
⇒奇数設定示唆

【バット】
⇒偶数設定示唆

【ファルコ】
設定2以上確定

【黒王】
設定4以上確定

【ラオウ】
設定6確定

ラオウ出現で設定6確定

特闘のバトルパート開始画面のキャラでも、設定を示唆しているパターンあり。

まずは特闘に突入させなければならないというハードルが高めの設定示唆要素ですが、ART終了画面や初回エピソードと同じく高設定確定パターンが盛り込まれています。

原作の「修羅の国篇」では回想シーンでしか登場する機会がないラオウですが、そんなラオウがバトルパート開始画面に出現すれば設定6確定!

こちらもART終了画面&初回エピソードとセットで覚えておきましょう。

★あなたが設定狙いで結果を出せていない場合のみ参考にしてみてください
設定期待度を一発表示!高性能の設定推測ツール

<解析まとめ・記事一覧>
・北斗の拳 修羅の国篇【パチスロ解析】完全攻略マニュアル