新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

BLOOD+二人の女王 設定判別・推測要素の総まとめ

【当てはまったら養分確定】元ホール店長が語る!スロットで負けている人の残念な特徴3選

パチスロ ブラッドプラス 二人の女王 07©2005 Production I.G・Anipiex・MBS・HAKUHODO ©タイヨーエレック

パチスロ「BLOOD+ 二人の女王」の設定判別に関わる解析情報はこちらでまとめていきます。

既に高設定濃厚演出も判明しているため、設定狙いに限らずしっかりと把握しておきましょう。

メインとなる設定判別要素は、ART初当たり確率やART初当たりに関わるCZ突入率。

また、既に紹介したチャプター演出でも設定を示唆しています。

<--スポンサード リンク-->

更新情報

【9/25】ART直当たり確率、CZ時の敵選択率、チャプター演出でのキャラ紹介選択率詳細を追記。

ART確率

【初当たり確率】
設定1:1/398.0
設定2:1/382.5
設定3:1/356.1
設定4:1/315.3
設定5:1/270.9
設定6:1/231.1

【直当たり確率】
設定1:1/4350.1
設定2:1/4663.2
設定3:1/3294.4
設定4:1/3125.7
設定5:1/1363.4
設定6:1/1014.5

メインの設定判別要素

設定判別のメイン要素はART初当たり確率です。

設定が上がるにつれて段階的に優遇されていき、設定1と設定6では約1.7倍の差が付けられていることになります。

設定狙いの際には、後述するCZ突入率と合わせてチェックしておきましょう。

 

※【9/25】追記:ART直当たり確率が判明しました。

設定「2<1<3<4<5<6」の順で直当たり確率が優遇されており、特に設定5・6は大きく優遇されているのが特徴です。

分母が大きくサンプルが取りにくい要素ですが、直当たりを確認できればできるほど高設定期待度アップと覚えておきましょう。

 

CZ突入率

設定1:1/237.6
設定2:1/220.1
設定3:1/206.9
設定4:1/177.9
設定5:1/163.9
設定6:1/138.6

BE揃いからのCZ突入をチェック

高設定になるにつれ、BE(ブラッドアイ)揃いからのCZ突入率が優遇されていきます。

また、高設定は通常時のBE揃い確率も優遇されているため、結果的にART初当たりに繋がりやすいというワケですね。

 

CZ時の敵選択率

通常時CZ
設定 大型 小型 コープス
1 84.4% 12.5% 3.1%
2 82.8% 14.1% 3.1%
3 81.3% 15.6% 3.1%
4 79.7% 17.2% 3.1%
5 73.4% 20.3% 6.3%
6 71.9% 25.0% 3.1%
BIG後CZ
設定 大型 小型
1 98.4% 1.6%
2
3
4 96.9% 3.1%
5 95.3% 4.7%
6 93.7% 6.3%
※大型翼手選択時の規定数
設定 1体 2体 3体
1 6.2% 25.0% 68.8%
2
3
4 10.9% 30.5% 58.6%
5
6

※BIG後CZの大型翼手は必ず5体になる

高設定ほど小型翼手選択率アップ

※【9/25】追記:CZ時の敵選択率解析が判明しました。

通常時・BIG後のCZでは、高設定になるほど小型翼手が選択されやすいといった特徴があり、通常時CZに関しては設定5のみコープス選択率が大きく優遇されています。

また、BIG後以外のCZで大型翼手が選択された場合、設定4以上は2体以下が選択されやすいという点も合わせて覚えておきましょう。
(※BIG後CZの大型翼手は5体固定)

 

小役確率

通常時・ART中共通
設定 チェリー スイカ 合算
1 1/93.4 1/82.7 1/43.9
2 1/90.6 1/82.6 1/43.2
3 1/88.0 1/77.6 1/41.2
4 1/85.3 1/77.3 1/40.6
5 1/82.9 1/72.7 1/38.7
6 1/78.4 1/72.3 1/37.6
BE揃いトータル
設定 通常時 ART中
1 1/74.0 1/69.2
2 1/72.6 1/68.8
3 1/70.1 1/67.4
4 1/64.7 1/66.4
5 1/60.9 1/65.0
6 1/57.2 1/63.8

チェリー・スイカは要カウント

出現率に設定差が付けられている小役は、「チェリー」「スイカ」「BE揃い」の3役です。

ただし、BE揃いは通常時とART中で出現率が変わります。

ART中BE揃い確率の設定差は小さめなので、設定狙いではチェリー&スイカ確率と通常時のBE揃い確率をカウントしておきましょう。

チェリーとスイカに関しては、サンプルを取りやすいよう合算してカウントしていくのがいいですね。

 

同色ボーナス

設定 赤・赤・赤 青・青・青
1 1/1771.2 1/2259.9
2 1/2259.9 1/1680.4
3 1/1598.4 1/2114.1
4 1/1872.5 1/1524.1
5 1/1394.4 1/1771.2
6 1/1394.4 1/1394.4

奇数or偶数設定判別要素

「赤・赤・赤」ボーナスは奇数設定かつ高設定ほど出現率アップ、「青・青・青」ボーナスは偶数設定かつ高設定ほど出現しやすいといった特徴があり、設定6のみ1:1で出現します。

分母が大きくサンプルが取りにくいのがネックですが、奇数or偶数設定判別に使えると参考程度に覚えておきましょう。

 

チャプター演出

【味方キャラ】⇒偶数設定示唆
音無小夜
ハジ
宮城ジョージ
宮城カイ
宮城リク
デヴィット
ルイス
ジュリア・シルヴァスタイン
金城香里
謝花真央
岡村昭宏
モニーク&ハヴィア&ナハビ
モーゼス
カルマン
イレーヌ
ルルゥ
ジョエル・ゴルドシュミット

【敵キャラ】⇒奇数設定示唆
ヴァン・アルジャーノ
翼手
小型翼手
オリジナル翼手
コープスコーズ
オリジナルコープスコーズ
カール・フェイオン
ジェイムズ・アイアンサイド
アンシェル・ゴールドスミス
ソーニャ

【暴走小夜】設定1・4・5・6示唆

【ディーヴァ】設定3以上示唆

【ネイサン・マーラー】設定4以上示唆

【ソロモン・ゴールドスミス】設定5以上示唆

パチスロ ブラッドプラス 二人の女王 チャプター選択率詳細

高設定示唆キャラもあり

ステージチェンジの際に発生することのあるチャプター演出では、登場するキャラによって設定を示唆しているようです。

設定別の各キャラ選択率は不明ですが、味方キャラは偶数設定示唆、敵キャラは奇数設定示唆と言われており、敵にも味方にも該当しないキャラが高設定示唆となっています。

解析続報が判明次第追記しますが、高設定示唆となる特殊キャラ「暴走小夜/ディーヴァ/ネイサン・マーラー/ソロモン・ゴールドスミス」は覚えておいた方がよさそうですね。

 

※【9/25】追記:チャプター演出発生時の、各登場キャラ選択率詳細が判明しました。

味方キャラと敵キャラで偶数or奇数設定を示唆しているのは前情報通りですが、注目すべきは4人の特殊キャラ選択率振り分けですね。

暴走小夜は設定1or4以上示唆、ディーヴァは設定3以上示唆、ネイサンは設定4以上示唆、ソロモンは設定5以上示唆。

設定確定パターンではありませんが、ディーヴァとソロモンを確認できれば設定5以上期待度アップなど、総合的な出現率を参考にするのがいいですね。

 

ボーナス終了画面

【RARE(★×2)】
設定2以上確定

【SPECIAL RARE(★×4)】
設定4以上確定

【ULTRA RARE(★×6)】
設定6確定

終了画面左上に注目!

最近の機種ではお馴染みになってきている終了画面の設定示唆ですが、パチスロ「BLOOD+ 二人の女王」にもしっかりと盛り込まれています。

チェックすべきは終了画面の左上で、設定と★の数がリンクしているとのこと。

現時点では3パターンのみ判明していますが、設定3以上や設定5以上を示唆するパターンもあるかもしれませんね。

 

※【9/25】追記:設定濃厚演出と言われていた上記のボーナス終了画面は、設定確定パターンでした!

設定3以上確定パターン、設定5以上確定パターンはないようですが、設定6確定パターンを確認できれば迷わず全ツッパでOK!!

設定4以上確定パターンを確認できた場合は、ホールの設定状況やその他の設定判別要素を踏まえつつ、押し引きを見極めていきましょう。

★「パチマガ・スロマガ」で設定推測ツールが実装済みです。
パチマガ・スロマガレビュー記事

<解析まとめ・記事一覧>
・BLOOD+(ブラッドプラス)二人の女王【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット 不二子Aタイプ 総まとめ スロット パックマン 総まとめ スロット 北斗の拳 修羅の国篇 羅刹 総まとめ スロット 大海物語4 総まとめ スロット フェアリーテイル 総まとめ スロット 秘宝伝Rev 総まとめ スロット マジカルハロウィン6 総まとめ スロット 黄門ちゃまV 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ