新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

ルパン三世 消されたルパン 設定判別・推測要素まとめ

【当てはまったら養分確定】元ホール店長が語る!スロットで負けている人の残念な特徴3選

パチスロ ルパン三世 消されたルパン 07©オリンピア ©モンキー・パンチ/TMS・NTV

パチスロ「ルパン三世 消されたルパン」の設定判別に関わる解析情報はこちらでまとめていきます。

499G天井選択率に強烈な設定差が付けられているため、設定狙いでは必ずチェックしておきましょう。

また、規定ゲーム数消化で突入する自力CZ、「ウォンテッドチャンス」のゲーム数振り分けにも大きな設定あり・・・!?

<--スポンサード リンク-->

更新情報

【8/14】設定別のウォンテッドチャンスのゾーン振り分けを追記。
【8/9】設定判別に活用できる小役確率、ART直当たり確率、設定確定パターンを追記。

初当たり確率

設定1:1/350.6
設定2:1/335.4
設定3:1/347.9
設定4:1/304.2
設定5:1/330.0
設定6:1/282.0

※雷雲モード&ルパンボーナス&ゴールデンタイム合算

偶数設定かつ高設定ほど優遇

ART初当たり確率に関しては、偶数設定かつ高設定ほど優遇されています。

このことから、奇数設定は一撃で出玉を伸ばしていくタイプ、偶数設定は数珠連で出玉を伸ばしていくタイプと伺えます。

現時点では初当たり確率以外の数値が分かりませんが、ART継続に関する抽選にはまず間違いなく設定差が付けられているでしょうね。

とりあえず解析続報が判明するまでは、初当たり確率からざっくりと設定を絞り込んで行く形になります。

 

小役確率

【10枚役確率】
設定1:1/26.3
設定2:1/25.2
設定3:1/24.3
設定4:1/23.4
設定5:1/22.7
設定6:1/21.9
※出現率に設定差があり、設定判別要素として活用できるものを抜粋

MB後の10枚役はサンプル対象外

※【8/9】追記:出現率に設定差があり、設定判別要素として活用できる小役は「10枚役」。

通常時・ART中を問わずカウントすることができ、サンプルも取りやすいため、設定狙いでは漏れ無くカウントしておきましょう。

ただし、MB後の2G間に渡って成立する10枚役はサンプルから除外するよう注意して下さい。

それに伴い、正確な分母を算出するには、総ゲーム数からMB×2Gを引く必要があることもお忘れなく。

 

ゾーン振り分け

消されたルパン ゾーン振り分け完全版

浅いゲーム数での当選をチェック

暫定情報ではありますが、自力CZ「ウォンテッドチャンス」突入率にも設定差あり。

高設定になるほど100G以内の当選が多いだけではなく、200G以内のウォンテッドチャンスが頻発するとのことです。

現状の情報では、「30G」と「150G」が突入期待度の高いゾーンと言われていますが、高設定は2つのゲーム数での突入振り分けが優遇されている可能性が高そうです。

 

設定確定パターンもあり

※【8/14】追記:ゾーン振り分け解析が判明しました。

ウォンテッドチャンス後のウォンテッドチャンス突入期待度が高いゾーンは、「33~64G」「129~160G」「289~320G」「417~448G(設定1~3のCZ間天井)」「449~480G(設定4~6のCZ間天井)」。

こちらは高設定になるにつれて、浅めのゾーン選択率が優遇されています。

ボーナス・ART・設定変更時のゾーン振り分けには設定差がなく、「33~64G/97~128G/129~160G」の突入率がウォンテッドチャンス後よりも優遇されています。

 

ウォンテッドチャンス後に限定されますが、353~384Gゾーンでウォンテッドチャンスに突入した場合は設定2以上確定、449~480Gゾーンでウォンテッドチャンスに突入した場合は設定4以上が確定する点は見逃せないですね。

なお、前兆を挟んだ場合は突入ゲーム数がズレてしまうことには気をつけて下さいね。

 

 

ART間天井振り分け

設定 499G 999G
1 0.8% 99.2%
2 1.6% 98.4%
3 3.1% 96.9%
4 4.7% 95.3%
5 9.4% 90.6%
6 12.5% 87.5%

499G天井選択率に強烈設定差!

現時点までで判明している解析で、最も設定差が強烈な要素が「ART間天井振り分け」です。

高設定になるほど段階的に499G選択率が優遇されていきますが、設定1と設定6では約15.6倍もの設定差が付けられています。

もし複数回確認できるようであれば、高設定期待度はグッと高まりますね(^^)

 

設定状況に期待できる場合に一度でも確認できれば、設定狙いで粘ってみる価値はあると思います。

なお、ART間天井到達時には特に前兆はなく、タイプライタ演出からボーナスorARTが告知されるようです。

 

ART直当たり

設定1・2:1.6%
設定3:4.7%
設定4:3.1%
設定5・6:4.7%
※初当たり時のART割合

設定3・5・6が優遇

※【8/9】追記:初当たり時のART割合が判明しました。

初当たり時は基本的にルパンボーナスとなりますが、設定3・5・6はART直撃当選率が優遇されています。

ただ、内部的に直撃当選していた場合も、ルパンボーナス準備中に告知が回されることがあるため、確実にART直撃当選を見抜くことはできません。

そのため、初当たり時からのART直行を複数回確認できれば設定3以上の期待度アップ、くらいに捉えておきましょう。

 

設定確定パターン

【液晶出目】
★526(コジロウ)
設定2or5or6確定

★634(ムサシ)
設定3or4or6確定

★456
設定4以上確定

【タイプライタ演出】
★女神がくれたプレゼント
設定4以上確定

【機種説明演出】
★どうやらこの台はいい台みたいだぜ!
設定4以上確定

★どうやらとんでもないものを掴んでしまったみたいだぜ!
設定6確定

設定6確定パターンあり

※【8/9】追記:液晶出目や演出での設定確定パターンを追記しました。

【液晶出目】「526(コジロー)」なら設定2or5or6確定「634(ムサシ)」であれば設定3or4or6確定「456」であれば設定4以上確定

語呂合わせと456というシンプルなパターンかつ、どれも液晶数字とリンクしているため、非常に覚えやすい設定確定パターンですね。

 

また、ルパン三世でお馴染みの【タイプライタ演出】で、「女神がくれたプレゼント」と表示されれば設定4以上確定

そして、【機種説明演出】「どうやらこの台はいいみたいだぜ!」なら設定4以上確定「どうやらとんでもないものを掴んでしまったみたいだぜ!」であれば設定6確定です!!

設定狙いに限らず、これらのパターンは全て押さえておきましょう(^^)

★「パチマガ・スロマガ」で設定推測ツールが実装済みです。
パチマガ・スロマガレビュー記事

<解析まとめ・記事一覧>
・ルパン三世 消されたルパン【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット 不二子Aタイプ 総まとめ スロット パックマン 総まとめ スロット 北斗の拳 修羅の国篇 羅刹 総まとめ スロット 大海物語4 総まとめ スロット フェアリーテイル 総まとめ スロット 秘宝伝Rev 総まとめ スロット マジカルハロウィン6 総まとめ スロット 黄門ちゃまV 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ