新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

真田純勇士ラブストライク 打ち方・レア小役出目

【当てはまったら養分確定】元ホール店長が語る!スロットで負けている人の残念な特徴3選

パチスロ 真田純勇士 リール©EXCITE

パチスロ「真田純勇士ラブストライク」の打ち方とレア小役出目をまとめておきます。

打ち方は至ってシンプルな機種なので、フルウェイトでサクサク消化していきたいところです。

基本的には右リールを目押しする必要がないため、ハサミ打ちで消化すれば小役の取りこぼしを極力減らすことができますよ(^^)

<--スポンサード リンク-->

打ち方・レア小役出目

1.左リール上段付近にBAR狙い。

2.枠内チェリー停止時は、中・右リールは適当打ちでOK。
⇒中段チェリー・・・中段チェリー
⇒角チェリー+中リール中段にベル停止・・・リーチ目
⇒それ以外の角チェリー・・・チェリー

3.枠内スイカ停止時は右リールを適当打ち後、中リールは白7を目安にしてスイカを狙う。
⇒右下がりor上段スイカ揃い・・・スイカ
⇒中段スイカ揃い・・・スベリスイカ
⇒スイカハズレ(リールフラッシュあり)・・・チャンス目
⇒中段ベル揃い・・・中段ベル

4.下段BAR停止時は、中・右リールは適当打ちでOK。
⇒リールフラッシュ発生・・・チャンス目

ハサミ打ちで楽々消化

まずは左リールにはBARを目安にしてチェリーを狙い、枠内にスイカがスベってきた場合以外は中・右リールは適当打ちでOK!

中・右リールの順で押してもいいですが、うっかりスイカを取りこぼしてしまうことがないよう、十分気をつけて下さい。

 

ただ、「真田純勇士ラブストライク」は、スイカを揃える場合も右リールの目押しは必要ありません。

そのため、ハサミ打ちで消化するクセを付けておけば、左・右リールにスイカがテンパイしたのを確認してから、余裕を持って中リールにスイカを狙えますね(^^)

中リールにスイカを狙う場合は、白7を目安にしましょう。

 

チェリーフラグ、スイカフラグはそれぞれ2種類で、角チェリー+中リール中段にベルが停止した場合はリーチ目です。

スイカに関しては、中段までスイカがスベってくる「スベリスイカ」の方が強めのフラグとなっています。

チャンス目はA~Cの3種類が存在しますが、どのチャンス目も役割は同じです。

また、成立時は必ずリールフラッシュが発生するため、見逃してしまうこともないでしょう。

<解析まとめ・記事一覧>
・真田純勇士ラブストライク【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット 不二子Aタイプ 総まとめ スロット パックマン 総まとめ スロット 北斗の拳 修羅の国篇 羅刹 総まとめ スロット 大海物語4 総まとめ スロット フェアリーテイル 総まとめ スロット 秘宝伝Rev 総まとめ スロット マジカルハロウィン6 総まとめ スロット 黄門ちゃまV 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ