新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

沖ドキ!パラダイス 天井恩恵と狙い目・やめどき

[PR]ギャンブルをする人とは絶対に付き合いたくない致命的な理由は●●がないからという悲しい事実

パチスロ 沖ドキパラダイス 02©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

パチスロ「沖ドキ!パラダイス」の天井恩恵解析から、天井狙い目とやめどきを考察していきます。

トロピカルver.のスペック違いとなっており、とにかく初当たりの軽さを重視したスペックです。

内部モードも踏襲されているので、天井狙い目も同じ考え方で設定すれば問題ないでしょう。

<--スポンサード リンク-->

更新情報

【7/17】モード移行率解析を受けて、最終的な天井狙い目とやめどきを言及。

天井恩恵解析

【天井ゲーム数】
通常A:700G
通常B:700G
天国準備:700G
引き戻し:170G
天国:32G
ドキドキ:32G
超ドキドキ:32G
保障:32G

※設定変更で天井までのゲーム数はリセット。

【天井恩恵】
・擬似ボーナス当選。

最深天井は700G

ボーナス確率が大幅に軽くなったことに伴い、通常・天国準備モードの天井ゲーム数が700Gに変更されています。

ただし、パラダイスver.も天井到達時に特別な恩恵はありませんし、初当たり1回あたりの獲得枚数も大幅に減っているため、相変わらず天井狙いには向いていません。

内部モード別の特徴もトロピカルver.と同じで、通常モードでの初当たりは基本的にREG、天国準備ならBIG+次回天国以上が確定。

天国以上ならBIG比率が大幅にアップするため、ここでBIGを固めて引けるかどうかが鍵になりますね。

 

狙い目

天井狙い目は550Gを目安にして狙っていきますが、初当たり確率が判明していないため、暫定的な狙い目となります。

1台あたりの消化時間が短く、感覚的には絶対に当たるゾーン狙いのようなものですね。

ただし、ハマリ台が目に付きやすいので、当日ハマリで狙える機会はほとんどないと思いますが(^^;

 

また、モード移行率もトロピカルver.を踏襲していると思うので、天国スルー回数に気を配っておく必要はほとんどないのではないかと勘ぐっています。

同じくらいハマっている台が複数ある場合は、天国スルーを繰り返している方を優先するくらいで十分でしょう。

もしモード移行の特徴が変わっているようであれば、天国スルー回数別の天井狙い目は改めて考察します。

※【7/17】追記:やはりモード移行率はトロピカルver.を踏襲しているため、天国スルー回数はほとんど気にする必要はありません。

 

やめどき

やめどきに関しても変更はなく、ボーナス後は一律で32Gまで回してやめ、ということで問題ないでしょう。

モード示唆演出がトロピカルver.と同じであれば、天国移行まで全ツッパできるようなケースはありませんね。

天国準備示唆演出が追加されているようなら、判明次第追記します。

 

※【7/17】追記:モード示唆演出に関しても、トロピカルver.と同じです。

天国準備確定演出が存在しない以上、やめどきは一律で32GやめということでOKです。

 

立ち回りまとめ

【天井狙い目】
・通常時550G~

【やめどき】
・ボーナス後は32Gまで回してからやめる。

<解析まとめ・記事一覧>
・沖ドキ!パラダイス【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット 十字架4 総まとめ スロット 沖ドキバケーション 総まとめ スロット 大神 総まとめ スロット ハイスクールオブザデッド 総まとめ(新台) スロット トータルイクリプス(Aタイプ)総まとめ スロット エルインカ 総まとめ スロット 美ラメキ 総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ