新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

トータルイクリプス ゾーン振り分け・実践値まとめ

(注目記事)元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

パチスロ トータルイクリプス 07©吉宗鋼紀・ixtl/テレビ東京/オルタネイティヴ第一企画 ©SANKYO

パチスロ「トータルイクリプス」のゾーン振り分けや実践値情報です。

SANKYOの機種は規定ゲーム数消化でARTや高確移行抽選を行うケースが多いですが、トータルイクリプスのゾーン実践値の傾向は・・・?

また、ゲーム数天井の条件がボーナス間ハマリとなっている点も、確実に把握しておいて下さい。

<--スポンサード リンク-->

実践値情報

total-eclipse-zone50※1.ボーナス後のみ集計(ART後は除外)
※2.朝一1回目の初当たりは除外
※引用元:パチスロ期待値見える化 『スロット天井・解析・攻略』

ゾーンの傾向

ゾーン実践値を見る限りでは、特別当選率が高めのゾーンは存在しません。

導入直後の情報でも規定ゲーム数到達時に何かしらの抽選が行われる、といった解析は出ていませんでしたし、ART当選契機はレア小役経由の自力CZやボーナス経由と思っておいて問題ないでしょう。

このことから、期待値稼働で立ち回る場合は設定狙いor天井狙いのどちらかに限定されますね。

 

立ち回り再考察

天井狙い目はボーナス間640Gハマリを目安ということで。

★詳細考察はこちら⇒トータルイクリプス 天井恩恵と狙い目・やめどき

特定のゲーム数を考慮する必要がないため、単純にボーナス間でより深くハマっている台を優先して狙っていきましょう。

また、パチスロ「トータルイクリプス」にはボーナス間天井の他、CZ連続スルー天井も搭載されていますが、CZ連続スルー回数を見抜く術がないと思われるため、実戦で狙えるのはボーナス間天井に絞られると思います。
(※CZ連続スルー天井を狙うのであれば6連続スルー~)

 

やめどきにも変更はなく、ボーナス後の前兆or高確非滞在を確認してからやめ。

ART後にボーナス間天井を狙える場合は、もちろんボーナス当選orボーナス間天井までは打ち切りましょう。

<解析まとめ・記事一覧>
・トータルイクリプス【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット スーパーリノXX(新台)総まとめ スロット マッハGoGoGo(新台)総まとめ スロット ドリームクルーン711(新台)総まとめ スロット 巨人の星 情熱編(新台)総まとめ スロット カイジ4(新台)総まとめ スロット ロードオブヴァーミリオン Re(新台)総まとめ スロット 蒼天の拳 朋友(新台)総まとめ スロット 聖闘士星矢 海皇覚醒スペシャル(新台)総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ