新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

鉄拳3rdエンジェルVer. 朝一設定変更・リセット時の挙動

【当てはまったら養分確定】元ホール店長が語る!スロットで負けている人の残念な特徴3選

パチスロ 鉄拳3rdエンジェル 10©BANDAI NAMCO Entertainment ©YAMASA

パチスロ「鉄拳3rdエンジェルVer.」の朝一設定変更(リセット)時の挙動についてはこちらでまとめておきます。

設定変更時には、ボーナスからのTAGバトル当選に関わる内部状態&内部モードを再抽選。

後者の内部モード移行率には設定差が付けられており、奇数or偶数設定それぞれで移行率に差が付けられています。

<--スポンサード リンク-->

リセットor電源OFF/ON時

項目 設定変更 電源OFF/ON
内部状態 再抽選 引き継ぐ
内部モード 再抽選 引き継ぐ
演出タイプ エンジェルモードへ
ステージ ランダム

内部状態

低確へ:75.0%
高確へ:25.0%

内部モード

設定 モードA モードB
1 56.3% 12.5%
2 25.0%
3 12.5%
4 53.1% 18.8%
5 12.5%
6 37.5% 31.3%
設定 モードC モードD
1 6.3% 25.0%
2 12.5%
3 25.0%
4 9.4% 18.8%
5 25.0%
6 15.6% 15.6%

 

朝一設定変更時の特徴

設定変更時には内部状態と内部モードが再抽選。

状態移行率には設定差は付けられていませんが、内部モード移行率に設定差が付けられています。

なお、演出タイプに関してはエンジェルモード固定、ステージもランダムスタートとなるようなので、見た目上からの設定変更判別は不可能です。

設定6はモードB以上スタートに期待

内部モード移行率を見てみると、偶数設定はモードB移行率振り分けが高めで、奇数設定はモードD移行率が高めになっています。

そして、モードC移行率に関しては高設定ほど優遇されています。

現時点では内部モードについての肝心な解析が判明していないため、ハッキリとしたことは言えませんが、とりあえず設定6は早い段階でAT当選しやすいと捉えておけば問題ないでしょう。

設定変更判別

山佐の機種は一応ガックンしますが、サミー系の筐体に比べるとかなり分かりづらいです。

「エンジェルVer.」に関しては試していませんが、ガックンするにしても見極めは難しいと思います。

 

設定変更判別に使えるとすれば、高確示唆演出ですね。

赤・夕方背景や前作の前兆演出が高確示唆演出となっているようなので、朝一レア小役を引かずにこれらの演出が発生すれば、設定変更期待度はアップします。

「鉄拳3rdエンジェルVer.」は、そもそも設定変更頻度自体が少ない機種だとは思いますけどね。

<解析まとめ・記事一覧>
・鉄拳3rdエンジェルVer.【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット 不二子Aタイプ 総まとめ スロット パックマン 総まとめ スロット 北斗の拳 修羅の国篇 羅刹 総まとめ スロット 大海物語4 総まとめ スロット フェアリーテイル 総まとめ スロット 秘宝伝Rev 総まとめ スロット マジカルハロウィン6 総まとめ スロット 黄門ちゃまV 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ