パチスロ 偽物語 03©西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト ©Sammy

パチスロ「偽物語」設定判別に関わる解析情報はこちらでまとめていきます。

ボーナスの種類で奇数or偶数設定を示唆している他、CZ「解呪ノ儀」突入率は高設定ほど優遇。

また、ボーナス中の技術介入成功時に出現するキャライラストは、レアなものほど高設定に期待が持てるとのことです。

更新情報

【4/9】ボーナス中の技術介入連続成功回数別のキャライラスト選択率を追記。
【3/20】小役確率、ボーナス重複当選率、キャライラストでの高設定確定パターンを追記。
【3/7】設定別の解呪ノ儀突入率を追記。

小役確率

設定差ありの小役
設定斜め
スイカ
中段
スイカ
スイカ
合成
11/89.31/381.01/72.3
21/85.91/334.41/68.3
31/82.71/297.91/64.7
41/79.81/268.61/61.5
51/77.11/244.51/58.6
61/74.61/224.41/56.0
設定チェリーチェリー&
スイカ合成
11/138.31/47.5
21/131.31/45.0
31/125.11/42.7
41/119.41/40.6
51/114.21/38.8
61/109.41/37.0

各スイカ&チェリー出現率をチェック

※【3/20】追記:チェリーと各スイカ確率に設定差あり。

もちろんカウントする際には成立フラグを正確に把握する必要があるため、小役の取りこぼしには十分気を付けて下さい。

3役を合算してカウントしてもいいですが、スイカに関しては中段スイカ確率により大きな設定差が付けられているため、それぞれを別々にカウントしておくことをオススメします。

 

ボーナス確率

設定赤BIG白白赤BIG
11/417.41/478.4
21/464.81/407.1
31/397.21/452.0
41/439.81/387.8
51/378.81/428.3
61/417.41/370.3
設定白BIG合成
11/1927.51/199.8
21/195.1
31/190.5
41/186.2
51/182.0
61/178.1

奇数or偶数設定判別要素

それぞれの合成で見た場合は、高設定になるにつれボーナス出現率が優遇されていきます。

さらに種類別に見た場合、「赤BIG」奇数設定かつ高設定ほど出現率アップ「白白赤BIG」偶数設定かつ高設定ほど出現率がアップする・・・といった特徴があります。

設定差が大きくないため参考程度の判別要素になりますが、設定狙いの際にはチェックしておくといいでしょう。

 

ボーナス重複

設定怪異チェ
+赤BIG
怪異チェ
+異色BIG
11/1310.71/2184.5
21/2184.51/1310.7
31/1310.71/2184.5
41/2184.51/1310.7
51/1310.71/2184.5
61/2184.51/1310.7
設定スイカ+赤BIG
&異色BIG合成
11/642.5
21/595.8
31/555.4
41/520.1
51/489.1
61/461.5

怪異チェリーorスイカ+ボーナスに設定差

※【3/20】追記:設定差のあるボーナス重複当選率が判明しました。

怪異チェリー+赤BIG重複当選率は奇数設定優遇、怪異チェリー+異色BIG重複当選率が偶数設定が優遇されているため、漏れ無くチェックしておくことで、奇数or偶数設定判別精度が上がりますね。

スイカに関しては白BIG以外のボーナス重複率に設定差あり。

単純に高設定ほど当選率が優遇されていくため、サンプルを取りやすいよう、スイカ+赤BIG&異色BIGそれぞれを合成してカウントしていくのがいいでしょう。

 

解呪ノ儀突入率

設定1:1/246.2
設定2:1/249.9
設定3:1/239.1
設定4:1/202.3
設定5:1/179.2
設定6:1/152.2

高設定ほど突入率優遇

ART当選に関わる「解呪ノ儀」突入率は高設定ほど優遇。

こちらは現時点では詳細数値が判明していないため、解析判明次第追記します。

なお、設定4の実戦値は約1/380、設定5の実戦値は約1/201とのことなので、とりあえずは1/200付近を目安にしておくといいのではないでしょうか。

 

※【3/7】追記:設定別の解呪ノ儀突入率が判明しました。

やはり実際には実戦値ほど設定差は大きくはないですが、高設定になるにつれ突入率が優遇されていきます。

解呪ノ儀突入率が1/200を切っていれば、設定4以上に期待が持てますね。

また、前作と同じくスイカからの解呪ノ儀突入率に設定差が付けられているとのことなので、こちらも情報が判明次第追記します。

 

ART初当たり

設定1:1/567.0
設定2:1/569.5
設定3:1/545.0
設定4:1/465.0
設定5:1/409.1
設定6:1/359.8

高設定ほどART当選率も優遇

設定2より設定1の方が微妙にART初当たり確率が優遇されていますが、基本的には高設定ほどART初当たり確率は優遇される、と捉えておけば問題ないですね。

単純に高設定ほど解呪ノ儀突入率やボーナス当選率が優遇されているのが理由でしょうが、小役からの直当たりも優遇されているかもしれません。

 

ボーナス中キャライラスト

火憐&月火①:基本パターン
火憐&月火②:奇数設定示唆
火憐&月火③:偶数設定示唆
火憐&月火④:設定4以上確定
ひたぎ&翼:設定2以上確定
忍:偶数設定&高設定示唆
暦:高設定示唆

【火憐&月火のイラストパターン】
パチスロ 偽物語 ボーナス画面(改)

【連続回数別のキャライラスト選択率】偽物語 ボーナス中キャラ振り分け※表はクリックで拡大できます

レアなイラストほど高設定期待度アップ

ボーナス中の技術介入成功時に出現するキャライラストは、レアなものほど高設定期待度がアップする模様です。
(※技術介入=逆押し中段ベルテンパイ時に2連青7狙い)

詳しい解析情報が判明していないため断定はできませんが、実戦では「ひたぎ&翼」or「暦」or「忍」パターンは数回しか確認できなかったとのこと。

現状は参考程度に留めておくのが無難ですが、設定状況に期待が持てる上で3パターンのいずれかを確認できれば、粘ってみてもいいかもしれません。

 

※【3/20】追記:キャライラストでの高設定確定パターンが判明しました。

「火憐&月火④」が出現すれば設定4以上が確定するため、基本的には設定狙いで全ツッパでOKです。

「ひたぎ&翼」は設定2以上確定パターンとなっているため、ホールの設定状況やその後の挙動次第といった所。

「暦」、「忍」パターンも高設定示唆とのことですが、詳しい振り分けが判明次第追記します。

 

※【4/9】追記:技術介入連続成功回数別のキャライラスト選択率が判明しました。

基本的には連続成功回数が多ければ多いほど、高設定示唆となるイラスト選択率がアップします。

特に忍に関しては、15連続成功時には非常に大きな設定差となりますね。

逆に「5/7/10/11」回目以外で出現した場合には、設定示唆とならないため注意して下さい。
(※3連続目では出現しない)

 

正確に設定判別を進めていくのであれば、連続回数別にサンプルを取っていきましょう。

パチマガ・スロマガの設定推測ツールでは連続回数別に細かくチェックすることができるので、設定判別の手間はかなり省けると思います。

★「パチマガ・スロマガ」で設定推測ツールが実装済みです。
パチマガ・スロマガレビュー記事

<解析まとめ・記事一覧>
・偽物語【パチスロ解析】完全攻略マニュアル