新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

沖ドキ!トロピカル ゾーン振り分け解析・実践値まとめ

(注目記事)元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

パチスロ 沖ドキトロピカル 01©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

パチスロ「沖ドキ!トロピカル」のゾーン振り分け解析、実践値についてはこちらでまとめていきます。

前作と同じく複数の内部モードが存在する、「沖ドキ!トロピカル」。

モード読みが重要になってくる機種なので、ゾーン別の当選率だけではなく、天国スルー回数別の次回天国期待度にも注目してみて下さい。

<--スポンサード リンク-->

ゾーン実践値情報

ボーナス後の実践値

okidoki-tropical-zone100

okidoki-tropical-zone100-tengokugo

※朝一1回目の初当たりデータは除外

天国スルー回数別の次回天国期待度

okidoki-tropical-tengoku-through※朝一天国移行までのデータは除外

※引用元:パチスロ期待値見える化 『スロット天井・解析・攻略』

ゾーン実践値の傾向

擬似ボーナス後のゾーン実践値を見てみると、当選率が高めのゾーンは32Gのみ。

前回32G以内の擬似ボーナス後に関しては、引き戻しモードの影響で、101~200Gゾーンの当選率が高めの結果となっています。

それ以外のゲーム数では、特にこれといって当選率が高めのゾーンは見当たりません。

 

このことから、天国を抜けた後は、毎ゲームのレバーONでボーナス当選を目指すというゲーム性が踏襲されている・・と捉えておけば問題ないです。

また、天国スルー回数別の次回32G以内の連チャン率の実践値を見てみると、天国スルーを繰り返しているからといって、特に大きな差は見られません。

モード移行率の詳しい解析が出るまではハッキリとしたことは言えませんが、トロピカルver.は前作に比べて高モード移行率が冷遇されているといった可能性があるかもしれませんね(^^;

 

天井狙い目・再考察

モード移行率は前作を踏襲しているとのことだったので、天国スルー回数に応じて段階的に狙い目ボーダーを優遇させていましたが、実践値を見る限りでは、そこまで大きなボーダー下げ要因にならないかもしれません。

モード移行率解析が判明次第、改めて狙い目は調整しますが、とりあえずは導入当初の狙い目通り、通常時900Gハマリを目安ということにして狙ってみます。

モード示唆演出に高モード確定(濃厚)演出があるのであれば、かなり立ち回りやすくはなりますが、天国スルーを繰り返しているからといって、安直に32G以内のボーナス当選まで全ツッパ・・・という立ち回りはリスクが高そうです(><)

 

やめどき・再考察

やめどきは変わらず、ボーナス後32Gまでフォローしてやめということで。

こちらも高モード確定(濃厚)演出が判明すれば、改めて考察してみようと思います。

<天井狙い目・やめどき攻略>
・沖ドキ!トロピカル 天井恩恵と狙い目・やめどき

<解析まとめ・記事一覧>
・沖ドキ!トロピカル【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット スーパーリノXX(新台)総まとめ スロット マッハGoGoGo(新台)総まとめ スロット ドリームクルーン711(新台)総まとめ スロット 巨人の星 情熱編(新台)総まとめ スロット カイジ4(新台)総まとめ スロット ロードオブヴァーミリオン Re(新台)総まとめ スロット 蒼天の拳 朋友(新台)総まとめ スロット 聖闘士星矢 海皇覚醒スペシャル(新台)総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ