bet365の出金時間や出金日数・土日・祝日など出金速度

Bet365は出金方法に応じて大きく出金時間が変わります。この記事ではBet365からの出金時間や日数、さらに出金が遅くなってしまう際の注意点や土日・祝日の出金速度などそれぞれ詳しく解説しました。

Bet365の出金時間・出金日数について

エコペイズと銀行送金で出金できるBet365

【公式】Bet365はこちら

Bet365の出金はエコペイズと銀行送金の2通りがあります。出金に要する時間はどちらの方法を利用するかによりけりです。それぞれの方法で出金に要する時間を詳しく解説します。

エコペイズへの出金は数時間で完了

Bet365のエコペイズ出金の出金時間

Bet365からエコペイズへの出金は数時間程度で完了します。最近(2022年8月頃)の口コミでは、わずか数分で出金が完了したという事例も見られました。業界全体で見ても、出金スピードにかなり強みを持っているオンラインカジノと見ていいでしょう。

土日祝日でも出金速度は特に変わらない

Bet365からエコペイズに出金する場合は、深夜の時間帯や土日祝日であっても特に出金が遅くなることはありません。

もちろん本人確認済みか否か、またイベントが開催されているか否かなどの事情によって出金時間が左右される可能性はありますが、基本的にはいつでも高速出金を期待できます。

銀行送金は国際送金形式なので最大10営業日程度を要する

Bet365の銀行送金出金は最大10営業日かかる

【公式】Bet365はこちら

Bet365の銀行送金はエコペイズとは違って出金に長い日数を要します。所要日数は早くて2営業日程度、遅い場合には10営業日がかかることもあり、出金スピードはかなり遅いと言わざるを得ません。

Bet365の銀行送金での出金が遅いのは、国際送金(海外送金)形式を採用しているためです。中継銀行を経由するなどのステップもあるため、国内送金を採用しているオンラインカジノに比べるとどうしても出金に時間がかかってしまいます。

出金先の銀行によっても出金日数は大きく異なる

上述した通りBet365の銀行送金での出金所要日数は2~10営業日程度と大きな開きがあります。出金日数に大きな差があるのは、銀行側の入金審査の影響もあるためです。

例えば三菱UFJ銀行や住信SBIネット銀行などは比較的短い日数で着金したという情報があります。一方でみずほ銀行やゆうちょ銀行は着金が遅く、さらに言えば銀行側の審査によって着金が拒否されたという事例もあるようです。

どの銀行を出金先に選ぶかによっても出金時間が変わってくることは理解しておきましょう。

勝利金をスムーズに換金したいならエコペイズ経由がおすすめ

エコペイズと銀行送金を比べた時、Bet365のアカウントにある資金をスムーズに現金化できるのはエコペイズです。エコペイズから銀行口座への送金は原則1営業日程度で完了します。

つまり「Bet365→エコペイズ」の出金が完了すれば、翌日には勝利金を現金化できるということです。

またエコペイズはBet365以外にも非常に多くのオンラインカジノの入出金に利用できます。トータルで見た使いやすさもエコペイズの方が高いので、迷ったらエコペイズを利用するのがおすすめです。

Bet365で出金時間・出金日数に関する注意点

Bet365の出金時間や出金日数について、いくつか知っておきたい注意点があるので紹介します。

    ボーナス絡みの出金は審査に時間や日数を要する

    Bet365のカジノ部門では初回入金時や曜日ごとに異なるお得なボーナスが用意されています。

    Bet365のボーナス

    【公式】Bet365はこちら

    ボーナスの出金条件をクリアすれば出金できますが、ボーナスには個別のベットルールがあり、きちんとルールの範囲内でベットが行われたかを厳しく審査される影響で、ボーナス絡みの出金は遅くなりがちという点に注意してください。

    例えば初回入金ボーナスに関しては、受け取ったボーナス金額の10%までしか賭けられないというベット制限があります。

    1回のゲームラウンドに対するベットは、ボーナスの10%を超えないものとします

    引用元:Bet365初回入金ボーナス

    その他にもBet365でボーナスを受け取る際は、個別のボーナス規約からきちんとベットルールを把握しておくように努めてください。

    出金額が2万ポンド相当額以上だと出金審査が長くなることもある

    Bet365ではエコペイズなら300万円、銀行送金なら400万円まで1回で出金できます。しかし1回の出金額が2万ポンド相当額以上だと、通常よりも出金審査が長くなり、出金速度が遅くなってしまう点に注意が必要です。

    1日あたりの出金額に限度設定はありませんが、£20,000または他通貨の相当額を超える金額の出金リクエストについては、追加の手続きが必要になる場合があります。

    引用元:Bet365利用規約

    ちなみに本記事を執筆している時点でのポンド円レートでは、2万ポンドはおよそ320万円強です。

    本記事を執筆している時点でのポンド円レート

    なるべく出金の待ち時間を短くしたいならば、出金額を2万ポンド相当額以下に設定するようにしましょう。

    Bet365の資金を土日祝日のうちに現金化するのは不可能

    近年は土日祝日のうちにアカウントの資金を現金化できるオンラインカジノが急増しています。しかしBet365はエコペイズ、銀行送金どちらの方法を利用しても、土日祝日に申請して土日祝日中に換金することはできません。

    エコペイズを経由しても、実際に換金できるのは最速で月曜日以降となります。「今週の土日祝日に絶対に現金が必要」などという事情がある場合には、なるべく木曜日までにはBet365のアカウントから出金しておくのがおすすめです。

    銀行送金の場合は窓口での本人確認手続きが必要な場合もある

    銀行送金時の本人確認についての記載

    Bet365から銀行送金で出金した場合、出金処理が完了した後も追加で銀行側で本人確認手続きなどが行われることもあります。実際に海外送金を受け取る際にどのような手続きが必要になるのかは、出金先に指定した銀行によりけりです。

    本人確認書類が用意できなかったり、マネーロンダリングなどを目的として送金と疑われたりした場合は、資金を受け取れなくなることもあるので注意しましょう。

    最低ベット条件ギリギリでの出金申請はマネーロンダリングを疑われて出金が遅くなる可能性がある

    Bet365に入金した資金は、入金額と同額以上のベットを行うことで出金できます。例えば1万円を入金すると、1万円分のベットを行って出金できるというイメージです。

    しかし本当に入金額と同額分しかベットせずに出金するのはあまりおすすめできません。というのも本来の目的外利用と見なされてしまい、出金が遅くなったり、出金が拒否されたりする可能性もあるためです。

    もちろん資金を失いたくないという思いがあって最低限のベットだけで出金したいという気持ちは分かりますが、出金速度を速くしたいならば入金額の5倍以上など、十分なベット実績を作ってから出金することをおすすめします。

    出金前の本人確認・住所確認手続きには一定の時間を要する

    Bet365から出金するためには、事前に本人確認書類と住所確認手続きを済ませる必要があります。それぞれ以下のような書類を撮影して、専用のフォーマットからアップロードしなければなりません。

    書類の種類書類の例
    本人確認書類・運転免許証
    ・パスポート
    ・マイナンバーカード
    ・在留カード
    住所確認書類・クレジットカードの利用明細書
    ・住民票
    ・公共料金の請求書や領収書

    各書類の審査が完了していないと、出金画面を開くことすらできません。

    審査は比較的スピーディに行われるものの、不備や不足がある場合には時間がかかることもあります。出金直前になって慌てて手続きをすることがないように、なるべく早めに手続きを済ませておくのがおすすめです。