BeeBetの出金時間や出金日数・土日・祝日など出金速度

BeeBetはスポーツとカジノ双方を楽しめるギャンブルサイトとして人気を集めています。本記事ではBeeBetから出金する際に要する出金時間や日数、土日・祝日の出金速度などを詳しく解説してみました。

BeeBetの出金時間・出金日数について

スポーツとカジノ双方を楽しめるBeeBet

【公式】BEEBETはこちら

ここから登録すると30$獲得
*登録時にコード入力【CASINO30】

BeeBetの出金時間や出金日数がどのくらいかかるのか、いくつかのポイントから紹介します。

公式サイトの出金時間に関する記載は最短当日~48時間程度

BeeBetの公式サイト上では出金時間に関して、最大48時間程度と記載しています。

出金が完了するまでどれくらいの時間がかかりますか?

出金方法によって異なりますが、基本的に必要書類をご提示いただいてから最短当日、48時間以内にBeeBet側の処理が完了します。

引用元:BeeBet「よくある質問」

大前提としてBeeBetは公式に「超高速出金」を謳っているわけではないので、あまり出金速度には期待しすぎないようにしましょう。

実際の出金速度に関する口コミは数時間~数日まで幅広い

BeeBetの出金に関する口コミを調べてみると「数時間で出金できた」「3日経ってようやく出金された」など、かなり幅広い内容が見られます。実際の出金スピードは、その時々によって大きく異なるということでしょう。

出金スピードが安定しない点は、BeeBetのデメリットと言わざるを得ません。

一般に日数を要する銀行送金でも24時間以内に出金が完了している事例あり

オンラインカジノ業界では特に出金に時間がかかると言われている銀行送金ですが、BeeBetに関しては申請から24時間以内に出金が完了している事例も見られました。銀行送金で24時間以内に出金できるというスピード感はかなり優秀と言えるでしょう。

しかし銀行送金に関しては「48時間以内」という原則に収まらずに、さらに長い日数を要することもある点には注意してください。

土日祝日・大型連休中などは出金日数が長くなる可能性あり

BeeBetでは土日祝日、ゴールデンウィークや年末年始などの大型連休中は出金がかなり遅くなることもあります。なるべく出金時間を短くしたい場合には、平日のうちに出金申請をしておくのがおすすめです。

さらに言えば木曜日や金曜日の出金申請は土日を挟んで遅くなる可能性もあります。「今週末に絶対に現金が必要」という場合には、水曜日までにはBeeBetから出金しておくようにしましょう。

BeeBetの出金時間・出金日数が遅くなるケースに注意

BeeBetの出金速度はいくつかのケースによって遅くなることもあります。具体的にどのようなケースで出金が遅くなる可能性があるのか、詳しくチェックしてみましょう。

【公式】BEEBETはこちら

ここから登録すると30$獲得
*登録時にコード入力【CASINO30】

ボーナスが絡んだ出金は通常よりも審査時間が長くなる

BeeBetの入金ボーナス

ここから登録すると30$獲得
【公式】BEEBETはこちら

*登録時にコード入力【CASINO30

BeeBetではボーナスの出金条件をクリアした後の出金申請は、単にリアルマネーを出金する場合と比べて長期化する可能性があります。というのも以下のようなボーナスベットルールが守られていたのか、厳しい審査が行われるためです。

  • ベットリミット(12.5ドル)が守られていたか
  • 禁止ゲームをプレイしていないか
  • 極端にリスクを避けた賭けが行われていないか

審査を通じてボーナスベットルール違反があったと認められて場合には、ボーナスは出金できなくなります。

BeeBetのボーナスタイプは分離型なので受け取るデメリットこそないものの、いざボーナスを利用してベットを行う際は、ルールの範囲内でベットすることを心がけてください。

イベント時などは出金混雑の影響でかなり長い出金時間を要することもある

BeeBetでは時々豪華なイベントが開催されます。しかしイベント時には多くのユーザーによる出金申請が殺到する影響により、非常に長い出金時間を要することになる点には注意してください。

2022年夏にはRIZINに関連したイベントに際して、延べ2万件もの出金申請を行った結果、多くのユーザーが出金できないストレスを味わったということもありました。

Twitterで「BeeBet 出金」といったキーワードで2022年7月上旬ころの投稿を見ると、いかに大規模な出金トラブルが起こっていたのかが分かります。

「BeeBet 出金」で検索した際の表示内容

今後もイベント時などは同じように出金遅延が起こる可能性は高いと考えておいた方が良いでしょう。面倒な出金遅延トラブルに巻き込まれたくなければ、なるべくイベント時やイベント直後の時期を避けてBeeBetから出金するのがおすすめです。

1万ドルを超える金額を出金する場合は最低でも2か月を要する

BeeBetでは1か月あたり累計1万ドルまでしか出金できないという規定があります。

最大出金額は、$10,000(USドル)/月までとなります。

引用元:BeeBet利用規約

つまり1万1ドル以上の残高がある場合、全額出金するには最低でも2か月(31日以上)を要するということです。超高額入金をしたり、超高額賞金を狙ったベットをしたりする際は、なかなか出金できなくなる可能性もあることを頭に入れておきましょう。

本人確認審査をクリアしていないといつまでも出金できない

BeeBetから資金を出金するためには、事前に本人確認手続きを済ませる必要があります。本人確認が完了していない場合には、そもそも出金画面を開くことすらできません。

BeeBetの本人確認では以下のような書類をアップロードする必要があります。

書類の種類書類の例
公的身分証明書・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード
現住所確認書類・クレジットカードの利用明細書
・住民票
・公共料金の請求書(領収書)

書類はマイアカウントの専用ページからアップロードできます。

マイアカウントの専用ページ

ちなみにBeeBetの書類審査はかなりスピーディで、筆者の場合はわずか1時間程度で完了しました。それでも審査が立て込んでなかなか完了しないというケースもあり得るので、極力早めに手続きを済ませておくのがおすすめです。

審査が完了して以下のようなメールを受け取れば、いつでもBeeBetから出金できるようになります。

BeeBetからの審査完了メール

最低出金条件ギリギリのベットしかしていないと出金が遅くなる可能性がある

BeeBetに入金した後は、最低でも入金額と同額以上のベットを行わないと出金できません。

出金を行うには、最低でもご入金額以上のベットが必要となります。

引用元:BeeBet利用規約

例えば100ドル入金した場合は、100ドル分のベットを行って初めて出金できるということです。しかし規約通り条件ギリギリのベットしか行わずに出金した場合には、出金が遅れたり、出金が拒否されたりする可能性もあります。

特にベガウォレットユーザーはポイントバック目的でのアカウント利用を疑われ、最悪の場合アカウント凍結という重い処分を食らいかねません。

最低出金条件は1倍ですが、無駄な出金トラブルに巻き込まれたくなければ、入金額の2倍や3倍など、十分なベット実績を作ってから出金る湯のがおすすめです。

一部の賭け方では出金条件を消化できないので注意

BeeBetではベット額全額が出金条件消化に寄与するわけではないという点にも注意が必要です。

※オポジットベット、必ず配当を得るべット方法、ローリスクベット、スポーツベットで1.1倍未満のオッズへのベット、キャッシュアウトについては、入金額以上のべットを行ったとは認められません。

引用元:BeeBet利用規約

ほぼ勝率が100%になるようなリスクを避けた賭け方をした場合には、出金条件を消化できません。少しアバウトな表現にはなるものの、出金条件を消化する際は必ずある程度のリスクがある賭け方でベットしてください。

一般的にはルーレットで同時に25個のナンバーをカバーするような賭け方が、ギリギリ認められるローリスクベットと言われています。