新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

戦国乙女2深淵に輝く気高き将星 天井恩恵と狙い目・やめどき

【当てはまったら養分確定】元ホール店長が語る!スロットで負けている人の残念な特徴3選

パチスロ 戦国乙女2 深淵 03©オリンピア

パチスロ「戦国乙女2 深淵に輝く気高き将星」の天井恩恵解析から、狙い目とやめどきの考察です。

初当たり確率が重めでコイン持ちがいい新基準AT機ではありますが、天井ゲーム数が浅めになっているため、去年導入された新基準AT機に比べれば天井狙いはしやすいです。

また、ゲーム数消化やレア小役成立時に獲得できる天下統一ポイントをMAXまで貯めることにより、AT期待度約50%となるCZに突入するのも特徴です。

<--スポンサード リンク-->

更新情報

【2/23】200G消化毎の状態移行抽選を追記。
【2/1】100の倍数ゲーム数での天下ポイント振り分けと、設定変更時の内部天下ポイント振り分けから立ち回りを再考察。
【1/25】ゾーン実践値情報の傾向を追記。

天井恩恵解析

【天井ゲーム数】
1.AT(擬似ボーナス)後999G消化
2.天下ポイント10,000pt獲得

※設定変更で天井までのゲーム数・ポイントはリセット。

【天井恩恵】
1.擬似ボーナス当選
2.天下統一モードに突入(=AT期待度約50%)

天井到達で擬似ボーナス当選

天井ゲーム数は999Gとなっており、恩恵は疑似ボーナス当選が確定するのみ。

また、実戦情報では930~999G以内で謎当たりを確認できたとのことなので、規定ゲーム数消化で何かしらの抽選が行われている可能性もあるかもしれません。

※【2/1】追記:規定ゲーム消化で高確移行抽選、天下ポイント獲得抽選が行われていますが、直接的なボーナス解除抽選は特に行われていません。

 

パチスロ「戦国乙女2-深淵-」の初当たり1回あたりの平均獲得枚数は、約360~370枚程度と少なめ。

ただし、去年導入された多くの新基準AT機よりも天井ゲーム数が浅めに設定されているおかげで、天井狙いはしやすそうです(^^)

 

※【1/25】追記:「戦国乙女2-深淵-」は100の倍数G数で天下ポイント獲得抽選、200Gの倍数G数で高確移行抽選が行われています。

ただ、ゾーン実践値を見る限り、とてもゾーンと呼べるような数値ではないため、天井狙いではそれぞれのG数は特に気にする必要はありません。

 

狙い目

天下ポイント不問の天井狙い目は、通常時600Gを目安にして狙っていきます。

天下ポイントが全く貯まっていなければ、天井狙い目ボーダーはもう少し上げた方がいいでしょうし、逆に多く貯まっているのであればボーダーを優遇して狙っていくことができそうですね。

現時点では1Gあたりの平均獲得ポイントが判明していないため、具体的な天井狙い目を付けるのは難しいですが、8,000pt~8,500pt付近を目安にして、ポイントの貯まり具合によって段階的にボーダーを優遇してみます

 

100G毎の天下ポイント振り分け

100pt:89.8%
200pt:5.1%
300pt:2.7%
500pt:0.8%
1,000pt:0.4%
3,000pt:0.4%
5,000pt:0.4%
10,000pt:0.4%

※100G毎の平均獲得ポイント=約186.2pt。

 

※【2/1】追記:100G毎の天下ポイント獲得振り分けを追記しました。

100G消化ごとに必ず天下ポイントを獲得できますが、約9割近くが100ptとなるため天井狙いでは特に考慮する必要はありません。

天下ポイント狙い

天下ポイントのみを狙う場合の目安は、とりあえず9,000pt以上ということにしておきます。

解析次第ではこれより早めの段階から狙っていくこともできるかもしれませんが、パチスロ「ラブ嬢」の例もあるので、情報が不透明な内は慎重に立ち回ってみます。

ただ、ポイントは目に付きやすいですし、ある程度ポイントが貯まったらCZ当選まで打ち切ってしまう打ち手も多そうなので、単体で狙える機会はあまりないかもしれませんね

 

設定変更時の天下ポイント振り分け

3500pt:15.2%
4000pt:14.8%
6000pt:50.0%
8000pt:19.9%

※1.設定変更時の平均内部ポイント=約5,721pt。
※2.8,000pt否定後の平均内部ポイント=約5,149pt+液晶pt。
※3.6,000pt否定後の平均内部ポイント=約3,740pt+液晶pt。

 

※【2/1】追記:設定変更時の内部天下ポイント振り分けを追記しました。

設定変更時には内部天下ポイント振り分けが優遇されており、最低でも3,500ptの天下ポイントを所持した状態でスタートします。
(見た目上では判別不可能)

このことから、リセット確定+液晶5,000pt以上の台は天下統一モードまで打ち切りということで狙っていきます。

8,000ptを狙う場合は液晶1,800pt付近の台を2,000ptまで、液晶3,500pt付近の台を4,000ptまで打ち、どちらもCZ非突入となった場合は一旦やめということで。

 

天井狙いボーダーに関しては、液晶ptに3,740ptを足した分だけ優遇して狙っていくことは可能でしょう。

ただし、どの場合もリセット確定台に限られるという点に十分注意して下さい。
(※液晶表示ポイントが6,500ptを超えた時点で据え置き濃厚)

 

200G消化毎の状態移行抽選(※設定1)

低確Aへ⇒75.0%
低確Bへ⇒5.1%
高確へ⇒14.8%
超高確へ⇒5.1%

 

※【2/23】追記:200G消化毎の状態移行抽選を追記しました。

設定1の場合の(超)高確移行率は約20%程度となっているため、期待値稼働で意識する意味はほとんどありません。

200Gゾーンに全く価値がないワケではありませんが、ゾーン狙いは到底不可能。

天井狙いでも特別意識する必要はないため、単純によりハマっている台&ポイントが貯まっている台を優先して狙っていけば問題ないです。

 

やめどき

基本とするやめどきは、擬似ボーナス終了後の前兆&高確非滞在を確認後にやめということで。

高確示唆ステージは「塔/赤富士」ステージとなっているため、移行した場合には少し様子を見てみます。

現時点では所有天下ポイントに応じたやめどきを断言するのは難しいですが、ボーナス後に8,500pt付近まで貯まっていた場合、とりあえずは天下統一モードまでフォローしてみようと思います。
(※ポイントMAX後の挙動も確認しておきたいので)

音声動画解説

 

 

立ち回りまとめ

【天井狙い目】
・通常時600G~
(※天下ポイント不問)

【ゾーン狙い目】
・天下ポイント9,000pt以上~
★リセット確定+5,000pt以上~
★リセット確定+1,800pt~2,000pt
★リセット確定+3,500pt~4,000pt

【やめどき】
・ボーナス後の前兆&高確非滞在時を確認後。

<解析まとめ・記事一覧>
・戦国乙女2 深淵に輝く気高き将星【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット 不二子Aタイプ 総まとめ スロット パックマン 総まとめ スロット 北斗の拳 修羅の国篇 羅刹 総まとめ スロット 大海物語4 総まとめ スロット フェアリーテイル 総まとめ スロット 秘宝伝Rev 総まとめ スロット マジカルハロウィン6 総まとめ スロット 黄門ちゃまV 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

2 Responses to “戦国乙女2深淵に輝く気高き将星 天井恩恵と狙い目・やめどき”

  1. 匿名 より:

    あたらん

    • 管理人 より:

      コイン持ちが良い分初当たりが重めなので、間延びしてしまう展開はかなりありますよね(^^;

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ