パチスロ キュインハナチャン 01©ニューギン

2月1日に導入予定のニューギンのパチスロ新台「キュインハナチャン」のスペック解析・ゲームフローの紹介です。

ニューギンから完全告知のAタイプが登場ということですが、「クイーン(Queen)」ではなく「キュイン「Queeen」です(爆)

液晶を搭載している点がハナハナシリーズとは異なりますが、特にこれといった演出はないようです(・・;

スペック解析

基本情報
導入日2016年2月1日
タイプAタイプ
コイン持ち50枚あたり約37G
コイン単価約2.6円(※設定1)
設定BIGREG
11/309.11/516.0
21/297.61/481.9
31/283.71/445.8
41/269.71/409.6
51/256.01/376.6
61/240.11/343.1
設定ボーナス
合成
機械割
11/193.397%
21/184.199%
31/173.4102%
41/162.6104%
51/152.4107%
61/141.2111%

沖スロシリーズのスペックに酷似

スペックを見てみるとハナハナシリーズに酷似した仕様となっており、BIG確率よりもREG確率に大きめな設定差が付けられています。

機械割もハナハナシリーズとほぼ同じになっていますが、販売台数は約3,000台となっていることから、打てるホールが限られてくるため、設定状況にはあまり期待が持てそうにありません。

元々沖スロに力を入れているホールの場合でも、基本的にはハナハナシリーズに設定を入れてくると思いますしね(^^;

個人的には「キュインハナチャン」を設定狙いで打つ機会はなさそうです(苦笑)

 

ボーナス解析

BIGボーナス

・純増約312枚のボーナス。

REGボーナス

・純増約130枚のボーナス。

ボーナス獲得枚数もハナハナと同じ

BIGボーナスの純増は312枚、REGボーナスの純増は130枚とのことで、こちらもハナハナと同じですね。

BIG中、REG中の設定判別要素もハナハナシリーズと同じような要素が搭載されているため、沖スロを打ち慣れていればこれといった違和感もなく打つことができるでしょう。

唯一異なるのが液晶演出で、ボーナス後32G以内は液晶背景が夕方に変化します

ただし、「沖ドキ!」のようにボーナス後32G以内が連チャンゾーンというワケではないので、ボーナス後は即やめしてしまっても問題はないです(笑)

 

設定判別要素(※暫定版)

1.ボーナス確率(特にREG確率に大きめの設定差あり)

2.BIG中の特定小役確率

3.REG中スイカ獲得時のパール(サイド)ランプフラッシュ

ハナハナの設定判別要素を踏襲

暫定での設定判別要素を挙げておきますが、1~3どの要素に関してもハナハナシリーズを見事に踏襲していますね(爆)

REG中にスイカを獲得するためには左リールのビタ押しが必須となりますが、成功するまで何度でも挑戦できるので特別難易度が高いというワケでもありません。

BIG中に関しても小役の取りこぼしに気をつけるくらいですね。

パチスロ キュインハナチャンのその他記事

・キュインハナチャン25・30 天井・やめどきと打ち方