新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

無双オロチ【パチスロ解析】

【当てはまったら養分確定】元ホール店長が語る!スロットで負けている人の残念な特徴3選

パチスロ無双オロチ 05©コーエーテクモゲームス All rights reserved. ©YAMASA

パチスロ「無双オロチ」を楽しんで勝つための解析情報を徹底網羅!

ここでは天井情報や狙い目・やめどき、設定判別要素といった解析・考察を各項目別にまとめています。

また、各種解析・考察詳細を把握したい場合には、概要部分から各種ページに一発ジャンプすることもできます。

<--スポンサード リンク-->

スペック解析

設定 AT初当たり 機械割
1 1/398.1 96.9%
2 1/389.3 98.7%
3 1/364.2 101.4%
4 1/300.6 106.9%
5 1/262.3 111.8%
6 1/204.4 119.1%

 

天井恩恵

天井G数 通常時1190G+α
恩恵 AT当選確定
宵越し 不可

天井・ゾーン狙い目とやめどき

天井狙い目 通常時800G~
ゾーン狙い目 狙い目のゾーンはなし
やめどき AT後の引き戻しなしを確認後

 

打ち方

左リール上段付近にBARを目安にしてチェリーを狙い、枠内にスイカが停止した場合のみ中リールにもスイカ(赤7目安)を狙いましょう。

それ以外の場合は中・右リールの目押しは必要ありません。

なお、通常時・AT中を問わず、中オロチ成立時に枠内2コマ目押しに成功することで枚数上乗せが発生します。

失敗してもリスクはないので積極的に挑戦しましょう。

 

小役確率

小役確率に関しては一切設定差が付けられていないため、設定狙いの際にもカウントしておく必要はありません。

中オロチは通常・高確といった2種類の状態で出現率が変化し、高確滞在中であれば約1/9で出現します。

設定変更時を除けば平均300G消化で中オロチ高確移行抽選が行われます。

 

ゾーン振り分け・実践値

パチスロ「無双オロチ」は引き戻しが強めな機種なので、AT終了後の即やめは厳禁です。
(※実践値では50G以内のAT当選率がかなり高め)

また、「301G~350G」「651G~700G」「951G~1000G」付近のAT当選率がやや高めになっていますが、中オロチ出現に関わる「通常/高確」状態が影響していると考えられます。

 

設定判別要素

設定判別に関わる解析情報が全く出ていないため、AT初当たり確率とCZ当選率から設定の高低を絞っていくしかありません。

AT初当たり確率は約1/398~1/204、CZ当選率は約1/213~115(古志城の刻と復活ノ儀の合算)となっており、最低でも設定4以上の数値は欲しいところ。

設定4のそれぞれの数値は「AT初当たり=約1/301」「CZ当選率=約1/160」となっています。

また、実戦では高設定ほどスイカからの状態移行抽選が優遇されていたようです。

設定推測ツール実装サイトのレビュー記事

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット 不二子Aタイプ 総まとめ スロット パックマン 総まとめ スロット 北斗の拳 修羅の国篇 羅刹 総まとめ スロット 大海物語4 総まとめ スロット フェアリーテイル 総まとめ スロット 秘宝伝Rev 総まとめ スロット マジカルハロウィン6 総まとめ スロット 黄門ちゃまV 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ