スポーツに賭けれるおすすめブックメーカーランキング、勝ちやすいスポーツ、違法性についても解説

近年は多くの海外ブックメーカーが日本語サイトをオープンし気軽にスポーツベッティングを楽しめるようになっています。本記事では日本人ユーザーに特におすすめのブックメーカーサイトをランキング形式で紹介し、勝ちやすいスポーツ、違法性などにも触れてみました。

👑おすすめブックメーカーランキング

目次

スポーツの試合に賭けられるおすすめブックメーカーランキング

スポーツの試合で賭けるのにおすすめのブックメーカーを11サイト紹介します。

ブックメーカーおすすめポイント
bet365
スポーツの試合で賭けるのにおすすめの【bet365】
試合中に賭けの結果が確定する種目が多い
ボンズカジノ
スポーツの試合で賭けるのにおすすめの【ボンズカジノ】
インプレーベットの試合を視聴できるので的中しやすい
賭けっ子リンリン
スポーツの試合で賭けるのにおすすめの【賭けっ子リンリン】
日本で最も使いやすいブックメーカーとして人気
スポーツベットアイオー
スポーツの試合で賭けるのにおすすめの【スポーツベットアイオー】
毎日1回すべてのスポーツでオッズを高く設定できる
ウィリアムヒルスポーツ
スポーツの試合で賭けるのにおすすめの【ウィリアムヒルスポーツ】
業界一の信頼性の高さで安心して賭けを楽しめる
ベットウィナー
スポーツの試合で賭けるのにおすすめの【ベットウィナー】
ベットに保険を設定できるので大負けする心配がない
Kakeyo
スポーツの試合で賭けるのにおすすめの【kakeyo】
わずか6倍の出金条件という甘すぎる初回入金ボーナスが魅力
ピナクルスポーツ
スポーツの試合で賭けるのにおすすめの【ピナクルスポーツ】
常に業界で最高のオッズを設定するのが魅力
ワンバイベット
スポーツの試合で賭けるのにおすすめの【ワンバイベット】
一瞬でアカウント登録できる手軽さが魅力
22bet
スポーツの試合で賭けるのにおすすめの【22bet】
毎週最大12万円までコツコツとリベートを稼げる
ハッピースター
スポーツの試合で賭けるのにおすすめの【ハッピースター】
マルチベットの最低オッズが1.05倍

【bet365】試合中に賭けの結果が確定する種目が多いので他のブックメーカーよりも勝ちやすい

スポーツの試合で賭けるのにおすすめの【bet365】

運営会社Bet365 Group Limited
創業2000年
認可ライセンスマルタ共和国
入金手段bet365の入金方法一覧
出金手段bet365の出金方法一覧
日本語サポートあり(メール、チャット、電話)
ライブストリーミングあり
新規特典最大1万円の初回入金ボーナス

Bet365はHillside LPという会社が運営しているブックメーカーです。全世界に数千万人ものユーザーを抱えており、2021年夏にはついに日本語対応を果たしました。

Bet365の「早期ペイアウト」

Bet365の大きな魅力は「早期ペイアウト」という制度です。いくつかのスポーツの試合では、試合中に一定の条件を満たした時点で、以降の試合展開に関係なく賭けの結果が確定します。

種目早期ペイアウトの内容
サッカー勝利予想したチームが2点差をつけた時点で払い戻し
野球勝利予想したチームが5点差をつけた時点で払い戻し
テニス相手が棄権したら払い戻し確定
WNBA(女子バスケ)勝利予想したチームが18点差をつけた時点で払い戻し

最終的に賭けが外れていた場合でも試合途中に払い戻しを受けられるので、他のブックメーカーよりもお得に稼ぎやすいのがBet365です。

【ボンズカジノ】インプレーベットの試合を視聴できるので的中しやすい

スポーツの試合で賭けるのにおすすめの【ボンズカジノ】

運営会社NestlingCorn Limited
創業2020年
認可ライセンスキュラソー
入金手段ボンズカジノの入金方法一覧
出金手段ボンズカジノの出金方法一覧
日本語サポートあり(メール、チャット)
ライブストリーミングあり
新規特典入金不要ボーナス45ドル

*登録後にコード入力【slotbons】

ボンズカジノはNestlingCorn Limitedという開始が運営しているブックメーカーです。特に豪華なボーナスをもらえることでカジノユーザー、ブックメーカーユーザーともに高い人気を得ています。

ボンズカジノの大きな魅力は、リアルタイムで行われている試合の映像を視聴しながら賭けられる点です。

ボンズカジノは試合のライブ視聴が可能

実際の試合の雰囲気やムードも把握しながら賭けられるので、より的中率は高くなります。またカジノゲームではボーナスのベット制限(残高の20%以下)があるものの、スポーツ部門では上限なくボーナスを賭けられるのも魅力です。

30.1.5.5 20%の最大ボーナス賭け金のルールはスポーツベットには適用されません。つまり、賭けることができる最大額は、ボーナス賭け金のルールに示されている利用可能な最大ベットによってのみ制限されます。

引用元:ボンズカジノ利用規約

さらにスポーツ部門のボーナス消化率はすべて100%なので、カジノ部門と比べて圧倒的に効率よく条件を消化できます。

【賭けっ子リンリン】日本で最も使いやすいブックメーカーとして人気

スポーツの試合で賭けるのにおすすめの【賭けっ子リンリン】

運営会社Chancier B.V.
創業2021年
認可ライセンスキュラソー
入金手段賭けっ子リンリンの入金方法一覧
出金手段賭けっ子リンリンの出金方法一覧
日本語サポートあり(メール、チャット)
ライブストリーミングあり
新規特典最大22万円の初回入金ボーナス

賭けっ子リンリンは2021年に10betがリニューアルオープンする形で誕生したブックメーカーです。旧10bet時代から日本人にとって最も使いやすいブックメーカーとして、非常に高い人気を誇っています。

Jリーグやプロ野球、F1など国内スポーツのボーナス

Jリーグやプロ野球、F1など国内スポーツのボーナスを充実させている点からも、日本人にフレンドリーなブックメーカーであることがうかがえます。日本語サポートも充実しているので、「初めてブックメーカーを利用する」という方には特におすすめです。

【スポーツベットアイオー】毎日1回すべてのスポーツでオッズを高く設定できる

スポーツの試合で賭けるのにおすすめの【スポーツベットアイオー】

運営会社mBet Solutions NV
創業2016年
認可ライセンスキュラソー
入金手段スポーツベットアイオーの入金方法一覧
出金手段スポーツベットアイオーの出金方法一覧
日本語サポートあり(メール、チャット)
ライブストリーミングあり
新規特典なし

スポーツベットアイオーはmBet Solutions NVという会社が運営しているブックメーカーです。オランダ領キュラソー島のライセンスを取得しているので違法性はありません。

スポーツベットアイオーの大きな魅力としては、「プライスブースト」という機能が挙げられます。

プライスブーストをクリックする オッズを上乗せできる

「プライスブースト」を使えば1日1回、すべてのスポーツ種目での賭けでオッズを上昇させられるため、他のブックメーカーよりもお得に稼げるのが魅力です。

また仮想通貨ユーザー向けのロイヤリティプログラム(クラブハウス)も充実しており、長期ユーザーやハイローラーほど、よりお得に稼げる仕様になっています。

【ウィリアムヒルスポーツ】業界一の信頼性の高さで安心して賭けを楽しめる

スポーツの試合で賭けるのにおすすめの【ウィリアムヒルスポーツ】

運営会社WHG (International) Limited
創業1934年
認可ライセンスジブラルタル
入金手段ウィリアムヒルスポーツの入金方法一覧
出金手段ウィリアムヒルスポーツの出金方法一覧
日本語サポートあり(メール、チャット)
ライブストリーミングあり
新規特典最大100ドルの初回入金ボーナス

ウィリアムヒルスポーツはWHG(International)Limitedが運営しているブックメーカーです。

1934年から90年弱運営を続けている点、さらにロンドン証券取引所に上場している企業が運営している点から、世界で最も信頼性が高いブックメーカーと言われています。したがって「とにかく安心して利用できるブックメーカーを探している」という方にはおすすめです。

増強オッズにより一部のオッズが高く設定

ウィリアムヒルスポーツでは注目度の高い試合において「増強オッズ」が適用され、かなり美味しいオッズで賭けられるチャンスもあります。大きく勝った際もきちんと支払いは実行されるので、安心して高額ベットや高オッズベットに挑戦してみましょう。

【ベットウィナー】ベットに保険を設定できるので大負けする心配がない

スポーツの試合で賭けるのにおすすめの【ベットウィナー】

運営会社PREVAILER B.V.
創業2018年
認可ライセンスキュラソー
入金手段ベットウィナーの入金方法一覧
出金手段ベットウィナーの入金方法一覧
日本語サポートあり(メール、チャット)
ライブストリーミングあり
新規特典最大13万円の初回入金ボーナス

ベットウィナーはPREVAILER B.V.という会社が運営しているブックメーカーです。アカウント登録がわずか数秒で完了するという手軽さもあって、初心者に使いやすいブックメーカーと言われています。

ベットウィナーはかなり多くのボーナス制度がありますが、その中でも大きな魅力と言えるのが「100%ベットインシュランス」という制度です。

ベットウィナーの「100%ベットインシュランス」

ベットインシュランスを利用すると、万が一賭けが外れた場合でもベット額の一部もしくは全額がインシュランス比率に応じてキャッシュバックとして返金されます。

的中時の賞金が小さくなる難点もありますが、「大負けしたくない」と考えているユーザーには特に魅力的なオプションです。

【Kakeyo】わずか6倍の出金条件という甘すぎる初回入金ボーナスが魅力

スポーツの試合で賭けるのにおすすめの【kakeyo】

運営会社Chrysalis Ltd
創業2020年
認可ライセンスマン島
入金手段Kakeyoの入金方法一覧
出金手段Kakeyoの出金方法一覧
日本語サポートあり(メール、チャット)
ライブストリーミングなし
新規特典最大1万円の初回入金ボーナス

Kakeyoは Chrysalis Ltdという会社が運営しているブックメーカーです。特に審査が厳しいと言われるマン島のライセンスを取得しているので、信頼性が高いブックメーカーと言われています。

Kakeyoの大きな魅力は初回入金ボーナスの出金条件の甘さです。

Kakeyoの初回入金ボーナス

最大で1万円まで入金額と同額のボーナスがもらえる初回入金ボーナスには、わずか6倍の出金条件しか付帯しません。他のブックメーカーと比較しても、かなり甘めの条件が設定されています。

ボーナスが使える最低オッズは1.80倍と少し高めですが、ベットリミットもないので、条件消化にさほど苦労する心配はありません。

【ピナクルスポーツ】常に業界で最高のオッズを設定するのが魅力

スポーツの試合で賭けるのにおすすめの【ピナクルスポーツ】

運営会社Ragnarok Corporation N.V
創業1998年
認可ライセンスキュラソー
マルタ共和国
入金手段ピナクルの入金方法一覧
出金手段ピナクルの出金方法一覧
日本語サポートあり(メール、チャット)
ライブストリーミングあり
新規特典なし

ピナクルスポーツはRagnarok Corporation N.V.という会社により運営しているブックメーカーです。常に業界でナンバーワンの高オッズを提供しており、業界全体で見ても最も稼ぎやすいブックメーカーと言われています。

Pinnacleはマージンが低いため、獲得できる利益が大きくなり、それぞれのベットで得られる金額を最大限に高めることができます。

引用元:ピナクルスポーツ「Pinnacleでベットする理由」

ブックメーカーで稼ぐためにはいかに高いオッズを的中させるかが重要となるため、稼ぎやすさ重視ならばピナクルスポーツがおすすめです。

【ワンバイベット】一瞬でアカウント登録できる手軽さが魅力

スポーツの試合で賭けるのにおすすめの【ワンバイベット】

運営会社Acom Latin America N.V. 
創業2007年
認可ライセンスキュラソー
入金手段ワンバイベットの入金方法一覧
出金手段ワンバイベットの出金方法一覧
日本語サポートあり(メール、チャット、LINE)
ライブストリーミングあり
新規特典最大1万2500円の初回入金ボーナス

ワンバイベットは1X Corp N.V.という会社により運営されているブックメーカーです。世界的にも有名なFCバルセロナやパリサンジェルマンといった強豪サッカーチームとパートナーシップを締結するなど、業界でも高い知名度を誇っています。

ワンバイベットは1クリックでアカウント登録が完了

ワンバイベットの大きな魅力は、わずかワンクリックだけでアカウント登録が完了することです。他のブックメーカーのように、氏名や住所といった個人情報を提供する必要はありません。

「まずは匿名でブックメーカーを利用してみたい」「海外サイトに個人情報を提供するのは少し不安」と感じる方にとっては、ワンバイベットは魅力的な選択肢となります。スポーツ関連のボーナスも豊富に用意されており、うまくボーナスを活用すればお得に資金を増やすことも可能です。

【22bet】毎週最大12万円までコツコツとリベートを稼げる

スポーツの試合で賭けるのにおすすめの【22bet】

運営会社TechSolutions Group N.V.
創業2018年
認可ライセンスキュラソー
入金手段22betの入金方法一覧
出金手段22betの出金方法一覧
日本語サポートあり(メール、チャット)
ライブストリーミングあり
新規特典最大16万円の初回入金ボーナス

22betはTechSolutions (CY) Group Limitedという会社が運営しているブックメーカーです。オランダ領キュラソー島のライセンスを取得済みなので、違法なブックメーカーではありません。

22betにはブックメーカーサイトとしては珍しくリベートボーナスの制度があります。

22betのリベートボーナス

1.50倍以上のオッズにベットすると、ベット額の0.3%がリベート還元されるという内容です。毎週最大で12万円までリベートボーナスを稼ぐことができます。

あまり無理して大きく稼ごうとせずとも、とにかくどんどんベットし続けることによりリベート稼ぎに徹すれば、地道ながらもコツコツと資金を増やせるはずです。

【ハッピースター】マルチベットの最低オッズが1.05倍なので業界随一の稼ぎやすさを誇る

スポーツの試合で賭けるのにおすすめの【ハッピースター】

運営会社Blackbox Group BV
創業2014年
認可ライセンスキュラソー
入金手段ハッピースターの入金方法一覧
出金手段ハッピースターの出金方法一覧
日本語サポートあり(メール、チャット、LINE)
ライブストリーミングあり
新規特典総額8万2777円の初回入金ボーナス

ハッピースターはBlackbox Group BVが運営しているブックメーカーです。2021年には大規模リニューアルを果たしたことで注目も集めました。

ハッピースターのマルチベットブースト

ハッピースターが稼ぎやすいブックメーカーと言われる大きな理由はマルチベットブーストにあります。

一般的にはある程度高いオッズでないとマルチベットブーストを使えませんが、ハッピースターの場合はわずか1.05倍という超低オッズをマルチベットに組み込んでもOKです。そして4つ以上のオッズを組み合わせると以下のレートでオッズを上乗せできます。

マルチベットブーストのオッズ上乗せレート

その他にもスポーツ関連のプロモーションが豊富にあるため、色々と活用することで他のブックメーカーよりも効率よく稼ぐことが可能です。

ブックメーカーで勝ちやすいおすすめのスポーツ

ブックメーカー各社では基本的に30種目以上のスポーツに賭けを楽しめます。中でも特に勝ちやすいおすすめスポーツとしておすすめするのは以下の6種目です。

スポーツ特徴
サッカー最もオッズが充実しているスポーツ
大相撲2択の予想になるので、初心者でも賭けやすい
Eスポーツ実力通りの結果になりやすい
バスケットボール様々な事象にオッズが設定される
野球下位チーム(高オッズ)が勝利する可能性が高い
競馬高オッズでの配当を狙いやすい

それぞれの種目が稼ぎやすい理由について、詳しく解説します。

サッカー

サッカーはどのブックメーカーでも最もオッズが充実しているスポーツです。全世界の試合や大会にオッズが設定されるため、24時間365日ほぼ常にサッカーに賭けるチャンスがあります。

賭けるチャンスが多いということは、それだけ稼げるチャンスも多いということです。試合中に賭けができる「インプレーベット」のオッズも非常に充実しているので、わずか1試合だけでも数十回、数百回と稼げる可能性があります。

大相撲

大相撲は引き分けがなく、どちらの力士が勝利するかという2択の予想になるので、初心者でも賭けやすいのが魅力です。また一般的には格付けや階級が高い力士の方が勝つことが多いので、他の種目と比べても賭けの的中率が高くなるでしょう。

ただ、大相撲を扱っているブックメーカーはさほど多くないのが難点です。

Eスポーツ

最近はEスポーツのベッティングも白熱しています。Eスポーツもサッカーと同様にほぼ常に試合が開催されているので、賭けのチャンスは非常に豊富です。

またEスポーツは実力通りの結果になりやすい種目なので、とりあえずオッズが低いプレイヤーの勝利に賭けておけば、高い確率で的中します。一攫千金を狙うのは難しいものの、コツコツと稼ぎたい時にはEスポーツが最適です。

バスケットボール

ブックメーカーのバスケットボールは1試合でも様々な事象にオッズが設定されます。トータルでオッズの種類は100種類以上になることも珍しくありません。

オッズの値は最小1.0倍台から大きいときには50倍や100倍以上とかなり幅広いため、コツコツ投資派から一攫千金派まで多くのプレイヤーが賭けを楽しめるのがメリットです。

野球

野球はサッカーに次いでオッズの充実度が高いスポーツです。他のスポーツに比べると、必ずしも順位通りの試合結果になるとは限らず、下位チーム(高オッズ)が勝利する可能性が高いという特徴が挙げられます。

したがって少しでも高オッズでの勝利を狙いたいなら、リーグの順位が低いチームの勝利に賭けてみるのがおすすめです。またイニングごとの勝敗など試合中の賭けも充実しているので、わずか1試合だけでも多くの回数ベットできるチャンスがあります。

競馬

ブックメーカーでは日本国内のみならず海外の競馬レースにも賭けることができます。競馬では頻繁に大穴馬券が当たることもあるように、ブックメーカーにおいても特に高オッズでの配当を狙いやすいのが特徴です。

三連単や四連単などを的中させれば、かなりの低額ベットからでも高額配当を狙えるチャンスがあります。

ブックメーカーでの賭けに関する違法性について

ここ数年日本人のブックメーカーユーザーは増加している一方で、「ブックメーカーで賭けることは賭博罪だ」と主張する声もあります。では実際にブックメーカーの利用に違法性はあるのか、詳しく解説します。

ブックメーカーサイトはライセンスを取得済みなので合法

「ブックメーカーの運営そのものが違法」という声も聞かれますが、その心配はありません。ブックメーカー各社は公的政府よりライセンスの承認を受けているため、合法的に運営されていると言えます。

ライセンス取得状況の確認方法

ブックメーカーのライセンスは以下のようなアイコンが公式サイトの下部に表示されていればOKです。

ブックメーカーのライセンス

またアイコンをクリックすることで、ライセンス証もしっかりと確認することができます。

ライセンスアイコンをクリック ライセンス証が表示される

「違法なブックメーカーを選んでしまいそうで不安」と心配をしている方は、アカウント登録前にライセンス取得状況をチェックしておくのもおすすめです。

ブックメーカーを運営しているのは海外企業なので日本人が利用しても違法性はない

日本人がブックメーカーで賭けることは違法性があるとの声も見られますが、実際には違法性を問われることはありません。というのも刑法の賭博罪は運営者と利用者が双方日本国内にいて、双方を同時摘発することを原則としているためです。

ブックメーカー各社は海外の企業により運営されています。したがって利用者だけを賭博罪で逮捕するというのは、法律の原則に反してしまうことになるのです。

実際に過去にオンラインカジノで賭けたプレイヤーが賭博罪で逮捕された事例も、最終的には不起訴処分となりました。

上場企業が運営する信頼性が高いブックメーカーもある

「海外の会社が運営しているブックメーカーは不安」という気持ちを持つ方もいると思いますが、上場企業が運営するような信頼性抜群のブックメーカーもあります。具体的に上場企業により運営されているのは以下のようなブックメーカーです。

  • ウィリアムヒルスポーツ
  • Bet365
  • 888スポーツ(日本語非対応)

もちろん上場企業運営ではないブックメーカーでも出金拒否や個人情報漏洩などの心配はほとんどありませんが、上場企業運営ならばより安心して利用することができます。

そもそもブックメーカーで賭けている証拠を警察が掴むことは困難

仮にブックメーカーの利用に違法性があるとしても、現行犯でない限りは令状が出るまで逮捕される心配はありません。そして警察が令状発行に必要な証拠を揃えることは非常に困難なので、逮捕される可能性はほぼないと言えます。

というのも既に解説した通り、ブックメーカーを運営しているのは海外の会社であるためです。

警察は日本国内の個人や法人に対しては公権力を使って強制捜査もできるものの、海外の法人に対しては強制力を発揮できません。つまり証拠を揃えようにも、揃えられない可能性が高いということです。

また苦労して証拠を集められたとしてもせいぜい数十万円程度の罰金刑しか課せられないというコスパの悪さもあります。

違法性を問われるブックメーカーの利用方法には注意

普通にブックメーカーを利用する分には違法性を問われないものの、利用方法次第では違法になることもあります。具体的にどのようなケースで違法性を問われるのか、詳しくチェックしてみましょう。

    日本法人が運営するブックメーカーで賭けを行う

    日本法人が運営するブックメーカーを利用した場合、完全に賭博罪が成立します。そもそも賭博行為が禁じられている日本でブックメーカーの営業許可がおりるはずもないので、絶対に利用してはいけません。

    一般的に国産ならば安心という考え方がありますが、ブックメーカーに関しては国産サイトほど危険であるということを頭に入れておきましょう。

    店舗や他人のアカウントを借りて賭けを行う

    闇カジノ(インカジ)などの店舗で賭けたり、他人のアカウントを使って賭けたりする場合も、胴元(店舗やアカウントの貸主)と利用者が国内にいると見なされるため、賭博罪が成立します。

    ブックメーカーで賭ける際は、自分自身のデバイスを使って、自分自身の個人情報で登録したアカウントを利用するようにしてください。

    不当に得た資金を入金して賭けを行う

    不当な方法により得た資金をブックメーカーに入金するのも違法です。2022年5月に山口県阿武町の男性が誤給付を受けた新型コロナ給付金をオンラインカジノに入金した結果、電子計算機等使用詐欺罪で逮捕された例は記憶に新しいところでしょう。

    ほかにも拾ったお金や他人から横領したお金、詐欺でだまし取ったお金などを入金した場合、遺失物横領罪や窃盗罪、詐欺罪などに問われる可能性があります。余計なことは考えず、必ず自分自身の保有する資金のみを使ってブックメーカーに入金するようにしてください。

    年額50万円以上の利益を得たのに申告納税を怠っている

    ブックメーカーで年額50万円以上の利益を稼いだ場合には、所得税の申告納税義務があります。きちんと申告納税をしないと、所得隠しや脱税と見なされて罰せられる可能性もあるので注意が必要です。

    ブックメーカーで賭けを楽しむ以上は、しっかりと税金面のルールについても頭に入れておきましょう。正しく申告して期限内に納税さえしていれば、まったく問題はありません。