プロ野球に賭けれるおすすめブックメーカーランキング、買い方、オッズについても解説

多くのブックメーカーでは日本のプロ野球に賭けることができます。本記事ではプロ野球で賭けるのに特におすすめのブックメーカーについて紹介してみました。

👑おすすめブックメーカーランキング

目次

プロ野球で賭けるのにおすすめのブックメーカー

プロ野球で賭けるのにおすすめのブックメーカーとして紹介するのは以下の10サイトです。

ブックメーカーおすすめポイント
コニベット
プロ野球で賭けるのにおすすめの【コニベット】
予想しやすい高校野球へのベットも可能
遊雅堂
プロ野球で賭けるのにおすすめの【游雅堂】
毎週末野球へのベットでフリーベットを獲得できる
ボンズカジノ
プロ野球で賭けるのにおすすめの【ボンズカジノ】
毎週野球ベッティングを対象のトーナメントが開催
カジ旅スポーツ
プロ野球で賭けるのにおすすめの【カジ旅スポーツ】
試合映像を視聴しながらのベッティングが熱い
スポーツベットアイオー
プロ野球で賭けるのにおすすめの【スポーツベットアイオー】
マルチベットでの賭けが他社よりもお得
賭けっ子リンリン
プロ野球で賭けるのにおすすめの【賭けっ子リンリン】
毎週プロ野球の損失キャッシュバックあり
ハッピースター
プロ野球で賭けるのにおすすめの【ハッピースター】
7イニング以降に逆転負けを食らっても100%損額保障
Bet365
プロ野球で賭けるのにおすすめの【bet365】
5点リードした時点で賞金が確定する「早期ペイアウトオファー」が魅力
BeeBet
プロ野球で賭けるのにおすすめの【Beebet】
野球関連のお得なイベントが時々開催
ピナクルスポーツ
プロ野球で賭けるのにおすすめの【ピナクルスポーツ】
とにかく高オッズで賭けたいならピナクルがおすすめ

各ブックメーカーでプロ野球がおすすめの理由について、詳しく解説します。

【コニベット】予想しやすい高校野球へのベットも可能

プロ野球で賭けるのにおすすめの【コニベット】

運営会社CSA Polisen Information Co., Ltd.
創業2019年
認可ライセンスキュラソー
入金手段コニベットの入金方法一覧
出金手段
日本語サポートあり(メール、チャット)
ライブストリーミングなし
新規特典20ドルの入金不要ボーナス

コニベットのオリジナルスポーツでは、プロ野球のみならず高校野球(甲子園)にもベットできます。高校野球は特に1回戦、2回戦などでは実力差通りの結果になることも多いため、ブックメーカーの数ある競技の中でもかなり予想を的中させやすいのが魅力です。

とりあえず大阪桐蔭高校などの強豪校にベットしていれば、ほぼ確実に稼げるでしょう。

またVIPランク昇格のために必要なベット実績はカジノ部門のみならずスポーツ部門の賭けも対象です。プロ野球は1試合でもベットチャンスが豊富にあるので、効率よくVIPランク昇格を目指すこともできます。

【遊雅堂】毎週末野球へのベットでフリーベットを獲得できる

プロ野球で賭けるのにおすすめの【游雅堂】

運営会社Breckenridge Curacao B.V.
創業2021年
認可ライセンスキュラソー
入金手段游雅堂の入金方法一覧
出金手段游雅堂の出金方法一覧
日本語サポートあり(メール、チャット)
ライブストリーミングあり
新規特典総額10万円の初回入金ボーナス

遊雅堂では2022年6月に新たにブックメーカー部門を開設しました。毎週末にプロ野球でベットを行うことで、フリーベットがもらえるというお得な制度もあります。

フリーベットを獲得するためには、最低1.50倍のオッズに1500円以上を3回ベットする必要があります。条件を満たせば1500円分のフリーベットを獲得可能です。

トータル4500円を賭ければ1500円のフリーベットがもらえるので、実質的にレート33%のリベートボーナスと見ることもできます。かなりお得度の高いボーナスなので、毎週末は遊雅堂でプロ野球の試合(もしくはサッカーの試合)にベットしてフリーベットを取得するのがおすすめです。

【ボンズカジノ】毎週野球ベッティングを対象のトーナメントが開催

プロ野球で賭けるのにおすすめの【ボンズカジノ】

運営会社NestlingCorn Limited
創業2020年
認可ライセンスキュラソー
入金手段ボンズカジノの入金方法一覧
出金手段ボンズカジノの出金方法一覧
日本語サポートあり(メール、チャット)
ライブストリーミングあり
新規特典入金不要ボーナス45ドル

*登録後にコード入力【slotbons】

ボンズカジノのブックメーカー部門では毎週プロ野球での合計勝利金額を競うトーナメントが開催されています。トーナメントで見事に上位20位以内に入ると、出金条件5倍のボーナスを取得できるという内容です。

またレートこそ低いものの、リベートボーナスの制度もあります。したがってベットの勝敗、トーナメント賞金、リベートボーナスの3本柱で稼げるのがボンズカジノの野球ベットの特徴です。

他のブックメーカーと比べてもプロ野球での賭けを通じて稼げるチャンスが豊富に用意されています。

【カジ旅スポーツ】試合映像を視聴しながらのベッティングが熱い

プロ野球で賭けるのにおすすめの【カジ旅スポーツ】

運営会社Sweetspot N.V.
創業2014年
認可ライセンスキュラソー
入金手段カジ旅スポーツの入金方法一覧
出金手段カジ旅スポーツの出金方法一覧
日本語サポートあり(メール、チャット)
ライブストリーミングあり
新規特典40ドルの入金不要入金ボーナス

カジ旅スポーツでは単にプロ野球での賭けを楽しめるだけではなく、リアルタイムで行われている試合を視聴できるというメリットもあります。

最近は地上波放送も少なくなってしまったプロ野球の試合ですが、カジ旅スポーツでアカウントを登録すれば、月額サービスに課金せずとも試合の視聴が可能です。

またカジ旅最大の魅力とも言える冒険モードはスポーツでの賭けを通じても進めることができます。プロ野球のようにベットチャンスが多いスポーツで賭けていれば、かなり効率よく冒険を進めることも可能です。

【スポーツベットアイオー】マルチベットでの賭けが他社よりもお得

プロ野球で賭けるのにおすすめの【スポーツベットアイオー】

運営会社mBet Solutions NV
創業2016年
認可ライセンスキュラソー
入金手段スポーツベットアイオーの入金方法一覧
出金手段スポーツベットアイオーの出金方法一覧
日本語サポートあり(メール、チャット)
ライブストリーミングあり
新規特典なし

スポーツベットアイオーは5つ以上のオッズに同時にベットすることで、オッズを高められる制度(マルチグランドスラム)があるブックメーカーです。

また単にオッズを高められるだけではなく、5つ以上のマーケットでマルチベットを行い、結果として1つのマーケットのみがハズレだった場合にはフリーベットをもらえるのも大きな魅力です。

マルチベットが「1つのマーケットのみが負け」の場合、フリーベットとして賭け金を還元します。

引用元:スポーツベットアイオー「マルチグランドスラム」

プロ野球の試合は原則として毎日6試合開催されるので、その中から最低5つを選んでマルチベットを行いましょう。見事にすべて的中した場合、小額のベットからでも一気に大きな勝利金を得ることもできます。

【賭けっ子リンリン】毎週プロ野球の損失キャッシュバックあり

プロ野球で賭けるのにおすすめの【賭けっ子リンリン】

運営会社Chancier B.V.
創業2021年
認可ライセンスキュラソー
入金手段賭けっ子リンリンの入金方法一覧
出金手段賭けっ子リンリンの出金方法
日本語サポートあり(メール、チャット)
ライブストリーミングあり
新規特典最大22万円の初回入金ボーナス

賭けっ子リンリンのブックメーカー部門では金曜日から木曜日のプロ野球への賭けを通じて損失が生じた場合、最大5000円まで損失額の10%キャッシュバックを受け取れるという制度があります。

キャッシュバックがあるおかげで、万が一大負けを食らっても再びベットチャンスをもらえるのが魅力です。キャッシュバックの出金条件は6倍とかなり緩めに設定されているので、条件消化に難しさを感じることもありません。

【ハッピースター】7イニング以降に逆転負けを食らっても100%損額保障

プロ野球で賭けるのにおすすめの【ハッピースター】

運営会社Blackbox Group BV
創業2014年
認可ライセンスキュラソー
入金手段ハッピースターの入金方法一覧
出金手段ハッピースターの出金方法一覧
日本語サポートあり(メール、チャット、LINE)
ライブストリーミングあり
新規特典総額8万2777円の初回入金ボーナス

ハッピースターは業界全体を見ても最もお得にプロ野球で賭けられるブックメーカーです。試合前ベットで勝利予想したチームが6イニング終了時点でリードしていた場合には、ベット額以上の返金が保障されます。

そのまま勝利した場合はもちろんオッズに応じて賞金獲得、万が一逆転負けを食らった場合は、上限なくベット額が全額返金されるという制度です。他のブックメーカーと比べると損失が出る可能性が低く、安心してプロ野球でベットできます。

【bet365】5点リードした時点で賞金が確定する「早期ペイアウトオファー」が魅力

プロ野球で賭けるのにおすすめの【bet365】

運営会社Bet365 Group Limited
創業2000年
認可ライセンスマルタ共和国
入金手段bet365の入金方法一覧
出金手段bet365の出金方法一覧
日本語サポートあり(メール、チャット、電話)
ライブストリーミングあり
新規特典最大1万円の初回入金ボーナス

Bet365もハッピースターに負けず劣らず、プロ野球での稼ぎやすさが魅力のブックメーカーです。Bet365には「早期ペイアウトオファー」という制度があり、プロ野球の試合では勝利予想したチームが5点のリードを奪った時点で賭けが勝利扱いとなり、オッズ通りの賞金が払い戻されます。

シングルベットでは、選択したチームが5点リードした時点で「勝ち」とみなし、その後逆転負けされた場合でもベットを全額払い戻します。

引用元:Bet365「野球」早期ペイアウトオファー

つまりいきなり1イニングで勝利が確定する可能性もあるということです。キャッシュアウトをするよりも高いオッズが適用されるので、Bet365の野球においては焦ってキャッシュアウトをする必要はありません。

【BeeBet】野球関連のお得なイベントが時々開催

プロ野球で賭けるのにおすすめの【BeeBet】

運営会社1ban Ventures B.V.
創業2020年
認可ライセンスキュラソー
入金手段Beebetの入金方法一覧
出金手段Beebetの出金方法一覧
日本語サポートあり(メール、チャット)
ライブストリーミングなし
新規特典入金不要10ドルフリーベットボーナス

BeeBetも野球でおすすめのブックメーカーです。大きな理由として野球に関連したイベントが豊富に開催されるという点が挙げられます。

例えば本記事を執筆している2022年8月時点では、高校野球での賭けを行うと『スイートボナンザ』のフリースピンをもらえるというイベントが開催されていました。

BeeBetは日本の高校野球にも賭けられる

BeeBetでは随時お得なイベントが開催されるので、時々ログインしてプロモーション情報を確認してみるようにしましょう。

【ピナクルスポーツ】とにかく高オッズで賭けたいならピナクルがおすすめ

プロ野球で賭けるのにおすすめの【ピナクル】

運営会社Ragnarok Corporation N.V
創業1998年
認可ライセンスキュラソー
マルタ共和国
入金手段ピナクルスポーツの入金方法一覧
出金手段ピナクルスポーツの出金方法一覧
日本語サポートあり(メール、チャット)
ライブストリーミングあり
新規特典なし

ピナクルスポーツではプロ野球に限らず、すべてのスポーツにおいて他のブックメーカーよりも高いオッズが設定されます。というのもピナクルスポーツはボーナスやPRなどにほとんどコストを割いていないためです。そして浮いたコストをオッズに上乗せする形でユーザーに還元しています。

とにかく高いオッズでお得に稼ぎたいと考えているならば、ピナクルスポーツで賭けるのがおすすめです。ピナクルスポーツでベットし続けると、他のブックメーカーよりも効率よく利益を稼ぐことができます。

ブックメーカーのプロ野球での買い方(賭け方)

ブックメーカーにおいてプロ野球にベットする際の実際の手順をステップごとに詳しく解説します。例として紹介するのは賭けっ子リンリンです。基本的にはどのブックメーカーにおいても、同じような手順で野球に賭けることができます。

STEP①野球のページを開く

まずはスポーツ種目一覧から「野球」を選択し、野球のページを開いてください。

スポーツ種目一覧から「野球」を選択

STEP②対象試合を選択する

続いてオッズが設定されている試合の一覧から、今回自分がベットしたい試合を選択します。

賭けたい試合を選択する

STEP③賭け式を選択する

オッズが設定されている賭け式の一覧が表示されるので、任意の賭け式を選択してください。

賭け式を選択する

STEP④賭け金額を入力する

すると「ベットストリップ」が展開されるので、賭けたい金額を入力します。

賭け金額を入力する

金額を入力するとオッズに応じて的中時の払い戻し金額も表示されるので、ベット額を決める際の参考にしてください。

マルチベットの場合は他のオッズも選択する

複数の賭け式に同時に賭けるマルチベットを活用したい場合は、ベット確定前に他の賭け式も選択しましょう。そしてベットストリップにおいて「マルチ(コンボ・アキュムレータ)」を選択した後にベットしたい金額を入力します。

コンボを選択する

STEP⑤ベットを実行する

最後に「ベットを賭ける」をクリックしましょう。

「ベットを賭ける」をクリック

以上でブックメーカーにおける野球へのベットは完了です。後は実際に賭けの結果が確定するのを待ちましょう。

ブックメーカーのプロ野球ではどんなオッズに賭けられる?

ブックメーカーの野球では様々な種類のオッズに賭けられます。具体的にどのようなオッズがあるのか、詳しくチェックしてみましょう。

賭け式は大きく3通り

ブックメーカーにおいてプロ野球の賭け式は大きく3分類があります。

賭け式賭けるタイミング
優勝チーム予想シーズン開始前、シーズン中
プレマッチ(試合前)ベット試合前
インプレー(試合中)ベット試合が開催されている最中

優勝チーム予想

優勝チーム予想はシーズン開始前、さらにシーズン中に賭けることができます。対象となるのはせパ両リーグのチャンピオン、さらに日本シリーズの勝者です。早い時期にベットしているほどオッズは高く設定されます。

1回の賭けでも非常に長い期間楽しめるのが、優勝チーム予想の大きな魅力です。

プレマッチ(試合前)ベット

プレマッチベットとはプロ野球の試合前に行うベットのことです。主に試合結果や試合中のデータなどに賭けます。

インプレー(試合中)ベット

プロ野球のインプレーベットは実際に試合が開催されている最中に行う賭けです。優勝チーム予想やプレマッチベットとは違い、賭けてから賭けの結果が確定するまで非常にスピーディという特徴があります。

ブックメーカーによっては試合を実際に視聴しながら賭けることも可能です。

プレマッチ(試合前)ベットの主なオッズの種類

ブックメーカーのプロ野球において最も人気のプレマッチベットではどのようなオッズに賭けられるのか、詳しく解説します。

オッズ名内容
勝利チーム(マネーライン・1X2など)どちらのチームが勝利するかを予想
ハンディキャップ試合結果にハンディキャップを加えて調整した結果を予想
合計得点数(オーバー・アンダー)当該試合における得点数の合計を予想
延長戦に突入するかしないか延長戦に突入するか否か
得点するタイミング得点するタイミングを予想
コレクトスコア(正確なスコア)試合結果をジャストで的中させる
連続ホームラン数1試合の中で最長何連続のホームランが生まれるか予想
個々の選手の成績個々の選手の成績を予想

勝利チーム(マネーライン・1X2など)

勝利チーム予想はプロ野球で最も簡単な賭け式で、これから行われる試合においてどちらのチームが勝利するかを予想します。また野球では引き分けもあり得るので、選択肢は3択です。

ブックメーカーによっては「マネーライン」「1X2」といったオッズで表記されることもあります。

ハンディキャップ

プロ野球のハンディキャップは実際の試合結果にハンディキャップを加えて調整した結果を予想する賭け式です。

例えば中日ドラゴンズVS阪神タイガースの試合において「中日ドラゴンズ(+1.50)」というオッズにベットして実際の試合結果が「中日ドラゴンズ5-6阪神タイガース」だったとしましょう。

しかし1.5点のハンディキャップを加えると「中日ドラゴンズ6.5ー6阪神タイガース」となるため、賭けは的中扱いになるということです。なおハンディキャップには以下のような種類があります。

種類ハンディキャップの内容
ヨーロピアンハンデ整数で加減するハンデ
※ハンデの調整の結果、引き分けの可能性もある
アジアンハンデ0.25刻みで加減するハンデ
※整数でのハンデはないので、引き分けの可能性はない
日本式ハンデ0.5刻みで加減するハンデ
※コニベットなど一部のブックメーカーでのみ利用可能

特にハンディキャップは、自分が応援したいチームや好きなチームが負けると感じているときにおすすめの賭け式です。

合計得点数(オーバー・アンダー)

合計得点数は当該試合における得点数の合計を予想します。

正確な数値を予想するのではなく、一定の得点数以上になるか、それとも以下になるかを予想するのが一般的です。ブックメーカーによっては正確な合計得点数を予想する賭け式が用意されることもあります。

一定の得点数以上になるか、それとも以下になるかを予想

延長戦に突入するかしないか

延長戦に突入するか否かは選択肢が2つなので、比較的高い的中率を誇ります。特に「延長戦に突入しない(いいえ)」を選んでおけば、少なくとも80%くらいの確率で的中させられるはずです。

得点するタイミング

ブックメーカーのプロ野球では得点するタイミングを予想する賭け式もあります。特にイニングごとに得点が生まれるか否かという賭け式が一般的です。

プロ野球の試合では多くのイニングにおいてスコアが0になることが多いので、「得点する」の賭け式に対して「いいえ」を選んでおけば、コツコツと勝利金を積み重ねることもできます。

コレクトスコア(正確なスコア)

コレクトスコアはプロ野球の試合結果をジャストで的中させる賭け式です。的中率がかなり低くなるものの、その分オッズは美味しい設定となります。1回の的中だけである程度まとまった配当を得たい時には、特におすすめです。

連続ホームラン数

ブックメーカーによっては1試合の中で最長何連続のホームランが生まれるかという賭け式もあります。ホームランは滅多に打てるものではないので、2連続でも比較的高いオッズ設定になるのが特徴です。

プロ野球で一回のベットだけで大きな配当を得たい時には、連続ホームランにベットしてみるのも良いでしょう。

個々の選手の成績

ブックメーカーのプロ野球では個々の選手にフォーカスを当てたベットができることもあります。例えば大谷翔平選手がホームランを打つか否かといったような賭け式です。

特に知名度が高い選手ほど様々なオッズが設定されやすい傾向にあります。

インプレー(試合中)ベットの主なオッズの種類

インプレーベットでも様々なオッズが設定されます。具体的にどのようなオッズがあるのか、詳しくチェックしてみましょう。

オッズ名内容
イニングごとの勝者各イニングにおいてどちらのチームがより多くの点数を取るのか予想
イニングごとの合計得点数(オーバー・アンダー)1つのイニングにおいて一定以上の得点が生まれるか否かを予想
次にホームランを打つチーム(選手)次にホームランやヒットを打つ選手、チームを予想

イニングごとの勝者

イニングごとの勝者は、各イニングにおいてどちらのチームがより多くの点数を取るのか予想します。試合トータルの結果が負けていても、単一のイニングだけは勝っているということも少なくありません。

1試合の中では9回のベットチャンスがあるので、頻繁にベットしたいときにおすすめです。

イニングごとの合計得点数(オーバー・アンダー)

イニングごとの合計得点数は、プレマッチベットと同じように1つのイニングにおいて一定以上の得点が生まれるか否かを予想するという賭け式です。

なかなか得点が生まれないことも多いので、少ない点数を予想する賭け式ではオッズが1.1倍台未満などかなり低めに設定されることもあります。

次にホームランを打つチーム(選手)

インプレーベットは次の展開に賭ける賭け式が一般的です。

野球では次にホームランやヒットを打つ選手、チームといった賭け式もあります。特に個別の選手に賭ける場合はオッズが高く設定される傾向にあります。

ブックメーカーの野球ベットのおすすめ攻略法

ブックメーカーの野球ベッティングを通じて稼ぐための攻略法をいくつか解説します。

事前に複数のブックメーカーを見てより高いオッズのサイトに賭ける

プロ野球の試合に設定されるオッズはブックメーカー各社によって異なります。

カジ旅と賭けっ子リンリンの同じ試合のオッズ

同じ賭け式にベットするならば、当然高いオッズでベットした方が有利です。

プレマッチベットなどある程度時間的に余裕がある場合は、少なくとも2社以上のブックメーカーでオッズを見比べた上で高いオッズが設定されているブックメーカーに賭けるようにしましょう。

プレマッチ用とインプレーベット用の2つのブックメーカーを併用する

プロ野球で賭けを行うにはプレマッチベット用とインプレーベット用それぞれのブックメーカーを登録しておくことが重要となります。

というのも1つのブックメーカーだけでプレマッチとインプレー双方のベットをしていると、気づかぬうちに低リスクベットを疑われてしまう賭け方をする可能性もあるためです。

例えば「中日ドラゴンズVS阪神タイガース」において、プレマッチベットでは中日ドラゴンズ勝利を予想していたのに、インプレーベットでは何度も阪神タイガースにベットしているなどの場合があります。

極端な低リスクベットを行うと、資金を出金できなくなったり、アカウントを凍結されたりするリスクもあります。

オッズの低い賭け式にまとめてベットする(コンボベット)

ブックメーカーのプロ野球で稼ぐためにはコンボベットをうまく使いこなすことが重要です。コンボベットとは複数の賭け式に同時にベットする方法を指し、ブックメーカーによっては「マルチベット」「アキュムレータベット」などという名称になっていることもあります。

コンボベットのメリットはそれぞれのオッズが乗算されることです。例えば2倍と3.10倍のオッズを組み合わせると、新たに6.20倍(=2倍×3.10倍)のオッズで賭けられるようになります。

それぞれのオッズが乗算される

1つでも外れてしまうと一切配当がもらえないので、極力低めのオッズを組み合わせることが重要です。1.5倍未満などの低いオッズでも、組み合わせ数を多くすればかなり美味しいオッズにすることもできます。

野球の試合ではかなり低く設定されるオッズも多くあるので、うまく組み合わせてコンボベットでお得に稼いでいきましょう。

キャッシュアウト機能により早めに利益を確定する

ブックメーカーのプロ野球でコツコツ稼ぐならばキャッシュアウト機能の活用も必須です。勝利予想したチームがリードを奪っている状況でキャッシュアウトをすれば、その時点で利益を確定できます。

本来もらえる配当よりは小さくなってしまうものの、とにかくコツコツと資金を増やすためには最善の手段です。

一方で勝利予想したチームが負けそうなときもキャッシュアウトをすれば、ベット額の一部が返金されます。

したがって無駄に大負けを食らう心配がありません。コツコツと資金を増やすことと同じように、いかに資金を守りながらプレイできるかも野球で稼ぐ上では重要です。