新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

秘宝伝 伝説への道 天井恩恵と狙い目・やめどき

(注目記事)元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

秘宝伝 伝説への道 03©DAITO GIKEN,INC.

パチスロ「秘宝伝 伝説への道」の天井恩恵解析から狙い目とやめどきの考察です!

個人的にパチスロ秘宝伝の天井と言えば2段階天井のイメージが強いのですが、「伝説への道」はチャンス目間ハマリ天井秘宝チャンス連続スルー天井の2つを搭載しています。

まずはそれぞれの天井条件をしっかりと確認した上で、状況に応じて上手く狙っていきたいところですね。

<--スポンサード リンク-->

更新情報

【2/28】8種類の秘宝チャンステーブルを追記。
【1/21】やめどきに次回秘宝チャンス高確率突入期待度大パターンを追記。
【1/18】秘宝チャンス振り分けに関わる内部状態、特殊な状況での高確率突入についてを追記。
【12/26】ゾーン実践値をもとに秘宝チャンス連続スルー天井の狙い目を再考察。
【12/24】チャンス目間ハマリ、秘宝チャンス連続スルー回数の確認方法を追記。

天井恩恵解析

【チャンス目間天井ゲーム数と恩恵】
・チャンス目間500GハマリでART当選確定。

【秘宝チャンス連続スルー天井と恩恵】
・秘宝チャンス11回スルーで12回目の秘宝チャンスが無限高確率に。
(=ART当選確定)

天井到達でART「秘宝ラッシュ」確定

まずはそれぞれの天井条件を把握しておきましょう。

チャンス目間天井は500Gハマリが条件となっており、秘宝チャンス連続スルー天井は11回連続スルーが条件となっています。

 

どちらの天井に関しても到達時にはART「秘宝ラッシュ」当選が確定となるのですが、後者の秘宝チャンス連続スルー天井に関しては12回目の秘宝チャンスが無限高確率(=確定CZ)となり、秘宝ラッシュ当選が確定するといった違いがあります。

前者のチャンス目間天井到達時の恩恵も秘宝ラッシュ確定となるのは嬉しい仕様ですね(^^)

 

狙い目

ここからはそれぞれの天井狙い目についてです。

チャンス目間天井

チャンス目間天井の狙い目はチャンス目間290Gを目安にして狙っていきます。

先述の通り、天井到達時の恩恵が秘宝ラッシュとなっているため、比較的浅めのゲーム数ハマリから狙っていくことができると思います。

 

チャンス目間ハマリの確認方法ですが、最近の大都のパチスロは筐体履歴からハマリゲーム数を容易に確認できるため、「秘宝伝 伝説への道」も同様の仕様となっている可能性が高いと思います。

もし筐体履歴からの確認が不可能な場合には、ホール備え付けのデータ機器の特徴を把握して狙っていく形となりますね。

(※恐らく秘宝チャンス当選でゲーム数がリセットされるデータ機器がほとんどなのではないかと思っています)

 

※【12/24】追記:チャンス目間ハマリですが、筐体履歴から簡単に確認することができました!

また、秘宝チャンス連続スルー回数に関しても、同じく筐体履歴にてハッキリと表示されています

このことから、それぞれの天井狙いの際にはホール備え付けのデータ表示器ではなく、筐体履歴で正確な状況を把握して狙っていきましょう(^^)

 

秘宝チャンス連続スルー天井

秘宝チャンス連続スルー天井の狙い目は7連続スルーを目安にして狙ってみます。

チャンス目間天井狙いとの合わせ技でボーダーを優遇して狙っていくこともできるので、それぞれのハマリ状況は漏れ無くチェックしておきたいところですね(^^)

 

※【12/26】追記:ゾーン(秘宝チャンススルー回数)実践値を見てみると、7回連続スルー後・・つまり秘宝チャンス8回目のART当選率が約45%と、それまでのスルー回数よりも明らかに高くなっています。

現時点では秘宝チャンス連続スルー天井についての詳しい解析は出ていませんが、天井狙いでは間違いなくプラス要素と言えます(^^)

解析詳細が判明するまでは、秘宝チャンス連続スルー天井狙い目は変わらず秘宝チャンス7回連続スルーを目安にして狙っていきますが、解析次第ではさらにボーダーを下げて狙っていくことができる可能性もありますね。

 

※【1/18】追記:通常時は秘宝チャンス振り分けに影響する、「ロー/ミドル/ハイ」といった3種類の状態が存在します。

状態アップ抽選はチェリー・チャンスリプレイ成立時に行われますが、それらの内部状態に関わらず、秘宝チャンス振り分けが優遇される状況があります。

一つ目は規定連続回数スルー後で、11回連続スルー後には天井恩恵である無限高確率が確定。

また、7回連続スルー後は高確率突入が濃厚確定となる他、9回連続スルー後も高確率突入振り分けが優遇されている可能性が高そうです。

※【1/21】追記:7連続後9連続スルー後の秘宝チャンスは高確率突入が確定となります。

 

そして、追っかけタイム3連続スルー後に関しても、高確率突入振り分けが優遇されているようですね。

どちらにせよ7連続スルー後はART当選まで打ち切ることになるため、天井狙いでは特に気にする要素ではありませんが、天井狙い稼働以外で追っかけタイムを3連続スルーした場合には、次回秘宝チャンス当選まで様子を見た方がいいかもしれません。

 

※【2/28】追記:秘宝チャンス振り分けに関わる全8種類のテーブルが判明しました。

秘宝チャンステーブル※表はクリックで拡大できます

ランク別の特徴

ランクA:特に恩恵はなし
ランクB:ランクAよりもドラゴンバトル以上の振り分け優遇
ランクC:ドラゴンバトル以上確定
ランクD:高確率以上確定
ランクE:無限高確率確定

※ランクに加えて、滞在状態(ステージ)に応じて秘宝チャンスを抽選する

 

テーブル移行抽選は設定変更後orART終了後となっており、設定別に一律で振り分けられます。

設定変更時のテーブル振り分けが優遇されているといった恩恵は特に用意されていないため、リセット台のスルー回数を優遇して狙っていくことはできません。

また、ランク振り分けが優遇されているテーブルほど、選択率が冷遇されます。

 

8回目以降を除くと、テーブル別にうまい具合にランクが散りばめられているため、スルー天井、ゲーム数天井どちらに関してもボーダーを優遇できる要素がありませんね(^^;

しいて挙げるなら、8回目以降はランクC以上が確定となることくらいで、8回目の高確率をスルーした場合でもART当選までは打ち切ってしまった方がいいと言うことくらいです。

 

やめどき

チャンス目間天井狙いのやめどきは秘宝ラッシュ終了後or秘宝チャンス失敗後ですが、秘宝チャンス連続スルー天井狙いへ移行できる場合はもちろん続行です。

秘宝チャンス連続スルー天井のやめどきは、秘宝ラッシュ終了後の前兆&上位状態非滞在を確認してやめということで。

なお、「紅蓮の渓谷」「輝きの回廊」ステージ滞在時には上位秘宝チャンスが選択されやすいとのことなので、暫く様子を見ておいた方が良さそうです。

 

※【1/21】追記:秘宝チャンス失敗画面でピラミッド役モノをタッチすると、「ベカン子」が出現します。

出現したベカン子が白だった場合、次回秘宝チャンスは高確率突入期待度大とのことなので、チャンス目間天井狙いで確認できた際には、次回秘宝チャンス当選までフォローしてやめということで立ち回っていきます。

 

立ち回りまとめ

【天井狙い目】
1.チャンス目間290G~
2.秘宝チャンス7回連続スルー~

【やめどき】
1.秘宝チャンス失敗後or秘宝ラッシュ終了後の前兆&上位状態非滞在を確認してやめ。
※秘宝チャンス連続スルー天井狙いへ移行できる場合は続行。
※ピラミッドタッチで白ベカン子出現時は次回秘宝チャンスまでフォローしてやめ。
2.秘宝ラッシュ終了後の前兆&上位状態非滞在を確認してやめ。

<解析まとめ・記事一覧>
・秘宝伝 伝説への道【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット スーパーリノXX(新台)総まとめ スロット マッハGoGoGo(新台)総まとめ スロット ドリームクルーン711(新台)総まとめ スロット 巨人の星 情熱編(新台)総まとめ スロット カイジ4(新台)総まとめ スロット ロードオブヴァーミリオン Re(新台)総まとめ スロット 蒼天の拳 朋友(新台)総まとめ スロット 聖闘士星矢 海皇覚醒スペシャル(新台)総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ