新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

エヴァンゲリオン 魂を繋ぐもの 小役確率-4役をカウント!

(注目記事)元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

パチスロ エヴァ 魂を繋ぐもの 03©カラー ©Bisty

パチスロ「エヴァンゲリオン 魂を繋ぐもの」の小役確率についての情報です。

Aタイプの過去スロエヴァシリーズでは重要な設定判別要素である小役確率ですが、「魂を繋ぐもの」でも有効な判別要素となってくるため設定狙いでは要チェックです!

スロエヴァと言えば小役のカウントも楽しみの内の一つですよね(^^)

※【1/22】更新:BIG中の小役確率を追記。

<--スポンサード リンク-->

小役確率

通常時

設定差のない小役確率

リプレイ:1/7.3
強チェリー:1/993.0
強スイカ:1/341.3

設定差のある小役確率
設定 ベル スベリ
ベル
弱チェ 弱スイカ
1 1/10.4 1/81.9 1/113.2 1/79.4
2 1/10.3 1/108.2 1/75.6
3 1/10.2 1/72.8 1/103.0 1/72.1
4 1/9.93 1/98.9 1/68.7
5 1/9.6 1/65.5 1/94.6 1/65.6
6 1/9.3 1/86.2 1/62.8

BIG中

設定差のない小役確率

強スイカ:1/6.6

設定差のある小役確率
設定 ベル 弱チェ 弱スイカ
1 1/1.22 1/65.5 1/65.5
2 1/1.23 1/59.6 1/59.6
3 1/1.23 1/54.6 1/54.6
4 1/1.24 1/50.4 1/50.4
5 1/1.25 1/43.7 1/46.8
6 1/1.26 1/32.8 1/43.7

4つの小役をカウント

現時点では実戦値となりますが、出現率に設定差の付けられている小役は「ベル/スベリベル/弱チェリー/弱スイカ」の4役となっているようです。

※【12/22】追記:4役の小役確率は解析値に書き換え済みです。

解析値が判明次第、数値は差し替えますが既に「パチマガスロマガ」で設定推測ツールがリリースされているため、設定判別ではそちらを活用するのが手っ取り早いですね(^^)

セグ判別&設定推測パチマガスロマガ攻略!

 

ただ、どれだけツールの精度が正確でも打ち手が小役を取りこぼしたり、カウントし忘れた場合には当然判別精度が落ちることは承知の上で活用して下さい。

弱・強チェリーorスイカは基本的には停止出目から判別する形となりますが、強スイカに関しては目押し位置によっては弱スイカの停止出目となる場合もあるため、入賞音にも気を配っておきましょう!

 

強小役成立時には入賞音が派手な音に変化します。

※打ち方とレア小役出目詳細はこちら⇒エヴァンゲリオン 魂を繋ぐもの 打ち方・レア小役出目

実戦値を見る限りの各小役の出現率の傾向は、分母が大きくなるにつれて設定差が大きくなっているということですね。

最も分母が小さめのベルは設定差も小さくなりますが、その分サンプルを多く取れるため漏れ無くカウントしておきましょう(^^)

 

※【1/22】追記:BIG中の小役確率を追記しました。

設定差のある小役は「ベル/弱チェリー/弱スイカ」の3役となっており、設定判別に活用できるのは弱チェリー弱スイカの2役です。

特に弱チェリー確率の設定差が大きく、設定1と設定6では2倍近くの設定差が付けられていますね。

後者の弱スイカに関しては、リール出目から強弱を確実に判別していきましょう!

<天井狙い目・やめどき詳細>
・エヴァンゲリオン 魂を繋ぐもの 天井恩恵と狙い目・やめどき

<解析まとめ・記事一覧>
・エヴァンゲリオン 魂を繋ぐもの【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット スーパーリノXX(新台)総まとめ スロット マッハGoGoGo(新台)総まとめ スロット ドリームクルーン711(新台)総まとめ スロット 巨人の星 情熱編(新台)総まとめ スロット カイジ4(新台)総まとめ スロット ロードオブヴァーミリオン Re(新台)総まとめ スロット 蒼天の拳 朋友(新台)総まとめ スロット 聖闘士星矢 海皇覚醒スペシャル(新台)総まとめ

6 Responses to “エヴァンゲリオン 魂を繋ぐもの 小役確率-4役をカウント!”

  1. 匿名 より:

    実践してみた所、ベル確率は全くあてにな
    らなそうな感じでした、、。
    その代わりレア役は中々信頼出来ると思います。
    9000ゲームでベル確率8.1分の1 滑りベル52分の1 チェリー214分の1 スイカ194分の1
    私の住んでいる県で設定4以上が投入される事はあり得ないので、まず間違えなく低設定だと思います。

    • さとる より:

      実践報告ありがとうございます!

      チェリーとスイカはそれぞれ弱チェリー・弱スイカ確率でしょうか?
      現時点では実戦値を紹介していますが、それにしても出現率がかけ離れ過ぎていますね(苦笑)

      それぞれの解析値が判明するまでは、実戦値の小役確率を鵜呑みにして設定判別するのは危険かもしれません(><)

      • 匿名 より:

        返答ありがとうございます!
        強レア役はカウントしてません。
        単なる下ブレですよ、。
        まあ9000ゲームしか回していませんからね。
        この程度ならブレはありえますよ。
        エヴァの子役は昔から意外にあてにならない事が多いですから。
        この手の台は座る根拠が全てだと思いますよ、、あくまでも設定判別ではなく、高設定が
        ほぼ確実だけど一応子役カウントするというレベルでないと打つ意味があまりないんですよね。短時間の子役確率なんて気にするだけ無駄です、、。
        昔設定6の約束の時を11000ゲーム回してベル確率9. 1だった事もありますし。
        子役は5万ゲーム程度、ボーナスは20万ゲームは必要なんでないんですか?

        • さとる より:

          座る根拠が全てというのは設定狙いでは鉄板の要素ですよね。
          どれだけ解析情報を丸暗記していようが、そもそものホール選びを間違えて設定狙いで勝てないケースは非常に多いです。

          予め狙い目のホール・台を絞った上で、解析情報はやめどきを見極めるための判断材料としての比重が大きいです。

          私の場合、小役確率をはじめとした数値に対しての試行回数は100倍以上を基準にしてますね。

  2. 匿名 より:

    Aタイプの基本てすよね。

    昔はエヴァに6が毎日入っていて癖が分りやすくほぼ確実に打てるホールがあったので良く打ちましたが、
    今は高設定等全くない状況なので全く打ってませんが。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ