新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

ゴッドイーター荒神ver. ゾーン振り分け・実践値

[PR]元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

ゴッドイーター 荒神ver 02©BANDAI NAMCO Games Inc. ©YAMASA

パチスロ「ゴッドイーター荒神ver.」のゾーン実践値情報から狙い目とやめどきの再考察です。

今作は天井ゲーム数が999Gに変更されたことに伴い各ゾーンの期待度も変化!?

特にやめどきに関わってくる天国天井のゲーム数が変更されている可能性が高いため、要チェックの情報です。

<--スポンサード リンク-->

ゾーン実践値情報

godeater-aragami-zone50-re※1.朝一1回目の初当たりデータは除外。
※2.20G以内のデータは除外
※引用元:パチスロ期待値見える化 『スロット天井・解析・攻略』

 

各ゾーン別の当選期待度

ゾーン実践値を見ると当選率が上がっているのが「151~200G/251~300G/351~400G/501~550G/751~800G」、そして851Gから最大天井である999Gまでのゾーン

恐らく通常版と同じくゾーンは32G区切りと予想できるため、「161~192G」「257~288G」「353~384G」「481~512G」「705~736G」「737~768G」が実質的なゾーンとなってくるのではないかと思います。

 

そして通常版の天国天井であった96G付近の当選率はかなり弱めになっているのも目に付きます。

初当たり確率が重くなったことに伴い天国移行率もさらに弱体化したと推測していたのですが、どうやらこれには別の理由があるようです。

 

天国天井ゲーム数が変更?

ここで注目したいのが「161~192G」「353~384G」ゾーン。

実践値では後者の「353~384G」でのAT当選後には「161~192G」での当選率が顕著に高くなっているようです

このことから考えられるのは天国準備天井は384Gで変更がない反面、天国天井が192Gに変更されているということ

 

終了画面「サクヤ」で96Gをスルーしたという情報があり不思議に思っていましたが、これで納得がいきました(笑)

通常版のイメージが強いため情報が浸透していないうちは96Gやめの台も多くなるかもしれませんね。

同時に天国天井である192Gを狙ったゾーン狙いも有効になってくるので、140G付近で放置されている台があれば狙ってみようと思います。

 

その他ゾーンについて

その他のゾーンに関しては特別狙い目となってくるゾーンはありません。

あえて言うなら天国準備天井のピンポイント狙いですが、ギリギリから狙っていかなければ期待値を取るのは難しいのではないかと思います。

そして最深天井手前から当選率が高めのゾーンが続くのは通常版と同じ傾向ですが、「705~768G」ゾーンの当選率が非常に高いのも特徴!

こちらに関してはどちらにせよ天井狙いでフォローするゾーンですが、通常B天井ゲーム数が768Gに変更されているといった可能性もあるかもしれませんね(^^)

 

狙い目・やめどき再考察

天井狙い目は変わらず470Gということで。

ここからであれば導入当初の計画通り、「481~512G」ゾーンをカバーしつつ天井を狙っていくことができます。

 

やめどきは即前兆なしを確認後やめを基本としつつ、天国示唆演出確認時には天国否定である192Gまではフォロー

天国準備示唆演出発生時には384Gまではフォローしてやめ

それぞれの示唆演出に関しては通常版を踏襲しているとのことです。

★天井恩恵解析と狙い目・やめどき詳細はこちら⇒ゴッドイーター荒神ver 天井恩恵と狙い目・やめどき

天井恩恵解析記事に天国・天国準備の示唆演出を改めて追記しておいたので是非参考にしてみてくださいね(^^)

<解析まとめ・記事一覧>
・ゴッドイーター 荒神ver.【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット 十字架4 総まとめ スロット 沖ドキバケーション 総まとめ スロット 大神 総まとめ スロット ハイスクールオブザデッド 総まとめ(新台) スロット トータルイクリプス(Aタイプ)総まとめ スロット エルインカ 総まとめ スロット 美ラメキ 総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ