新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

マクロスフロンティア2ボーナスライブ 朝一・設定変更後の挙動

【当てはまったら養分確定】元ホール店長が語る!スロットで負けている人の残念な特徴3選

マクロスフロンティア2BLV 03©2009,2011 ビックウエスト/劇場版マクロスF製作委員会 ©SANKYO

パチスロ「マクロスフロンティア2ボーナスライブ(BL)ver.」の朝一設定変更(リセット)後の挙動と恩恵はこちらでまとめていきます。

ARTフェイク前兆は当日ゲーム数に依存するタイプとなっているためフェイク前兆からは変更判別することはできませんが、本前兆発生ゲーム数からの判別はできますね(^^)

また朝一設定変更後は高設定ほど(超)高確移行率が優遇されています。

<--スポンサード リンク-->

朝一設定変更・リセット後の挙動と恩恵

設定変更or電源OFF/ON時の挙動
項目 設定変更 電源OFF/ON
天井 リセット 引き継ぐ
内部状態 再抽選 引き継ぐ
ARTテーブル 再抽選 引き継ぐ
ステージ サンフランシスコ

 

内部状態移行率
設定 低確 高確 超高確
1 60.0% 30.0% 10.0%
2 56.0% 32.0% 12.0%
3 52.0% 34.0% 14.0%
4 48.0% 36.0% 16.0%
5 44.0% 38.0% 18.0%
6 40.0% 40.0% 20.0%

設定変更判別要素

冒頭で書いた通り朝一設定変更or据え置きどちらの場合でもARTフェイク前兆は当日ゲーム数に依存するため、「基本的には」当日3ケタゾロ目ゲーム数でART前兆が発生します。

例外としては据え置きだった場合のART本前兆

当然のことですが据え置きならART本前兆は前日のゲーム数を引き継いだ状態で発生するため、3ケタゾロ目ゲーム数以外で本前兆が発生した場合には据え置きが濃厚

逆に当日3ケタゾロ目ゲーム数で本前兆が発生した場合は設定変更が濃厚となりますね(^^)

なお液晶ステージ設定変更の有無に関わらずサンフランシスコステージスタート、表示ゲーム数もクリアされるため見た目上での変更判別は難しいです。

 

内部状態移行率に関しては高設定ほど優遇されていき、超高確移行率は設定1と設定6では2倍の設定差。

ただ高確or超高確状態を正確に把握することは難しいので、朝一レア小役を引かずに高確示唆ステージである「マヤン島」「グリフィスパークの丘」へ移行した場合には設定変更期待度アップと捉えておく程度で問題ないかと思います。

<天井狙い目・やめどき詳細>
・マクロスフロンティア2ボーナスライブ 天井恩恵と狙い目・やめどき

<解析まとめ・記事一覧>
・マクロスフロンティア2ボーナスライブ【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット 不二子Aタイプ 総まとめ スロット パックマン 総まとめ スロット 北斗の拳 修羅の国篇 羅刹 総まとめ スロット 大海物語4 総まとめ スロット フェアリーテイル 総まとめ スロット 秘宝伝Rev 総まとめ スロット マジカルハロウィン6 総まとめ スロット 黄門ちゃまV 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ