新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

無双OROCHI(オロチ)小役確率解析・コイン単価

【当てはまったら養分確定】元ホール店長が語る!スロットで負けている人の残念な特徴3選

パチスロ 無双オロチ©コーエーテクモゲームス All rights reserved. ©YAMASA

パチスロ「無双OROCHI(オロチ)」の小役確率解析とコイン持ち・コイン単価についての情報です。

コイン持ちは50枚あたり約47.5Gと「北斗の拳-強敵-」や「麻雀物語3」と同じタイプの新基準AT機となっています。

またコイン単価は約2.4円(※設定1)とのことで「リリカルなのは」と同程度の波の荒さと捉えることができます。

<--スポンサード リンク-->

小役確率解析

【通常時】
弱チェリー:1/157.9
強チェリー:1/682.7
スイカ:1/81.9
チャンス目A:1/109.4
チャンス目B:1/471.5

 

コイン持ち・コイン単価

【コイン持ち】
50枚あたり約47.5G

【コイン単価】
約2.4円
(※設定1)

小役のカウントは不要

通常時の小役に関しては設定差が付けられていないようなので設定狙いの際にカウントする必要はありません

ただCZ突入率に設定差が付けられている他、小役成立時のAT直撃当選率といった要素にも設定差が付けられている可能性はありそうですね。

そのため設定狙いの際には各成立フラグはしっかりと把握しておきましょう!

まあ小役構成自体がシンプルな機種ですし、普通に打っていればほぼほぼ見逃すことはないかと思います。

また通常時の成立時はAT直撃当選が確定、AT中には上乗せ特化ゾーン「斬バースト」突入が確定となる「中オロチ」成立確率については現状不明となっているため、解析判明次第更新します(^^)

 

ちなみに私の地域では来週に新台ルパン三世やベヨネッタなどとまとめて新台入替を行うホールもチラホラ見かけますね。

前作の評判がイマイチだったので「無双オロチ」には頑張って欲しいところですが・・・実践感想もお待ちしております(・∀・)

 

冒頭で書いた通りコイン持ちがいい新基準AT機ではありますが麻雀物語3や北斗の拳-強敵-ほど初当たり確率は重くはなく、コイン単価を見る限りでは荒れにくいタイプなので、遊び打ちには適したスペックと言えるかもしれません。

設定6の機械割は119%となっている点も大きいですよね(^^)
(※ホールが設定を使うかどうかは別問題ですが爆)

<天井狙い目・やめどき詳細>
・無双オロチ 天井恩恵解析と狙い目・やめどき

<解析まとめ・記事一覧>
・無双オロチ【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット 不二子Aタイプ 総まとめ スロット パックマン 総まとめ スロット 北斗の拳 修羅の国篇 羅刹 総まとめ スロット 大海物語4 総まとめ スロット フェアリーテイル 総まとめ スロット 秘宝伝Rev 総まとめ スロット マジカルハロウィン6 総まとめ スロット 黄門ちゃまV 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ