新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

Persona4(ペルソナ4) モード移行率

【当てはまったら養分確定】元ホール店長が語る!スロットで負けている人の残念な特徴3選

にほんブログ村 スロットブログへ
(C)ニューギン

 今回はパチスロ「ペルソナ4」のモード移行率についてです。この機種思った以上に人気出てますねー、僕はまだ打ててないんですが、同じニューギンの筐体でも台枠の色が変わるだけでめっちゃオシャレに見えません??(^^)

 モード移行のパターンとしては従来のG数管理タイプにありがちな王道的パターンなので、参考になれば幸いです!

<--スポンサード リンク-->

・モード移行率(左が設定1、カッコ内は設定6)

ペルソナ4 モード移行率修正版

 設定1と6で大きな違いがあるのは通常Aから通常Bへの移行率で、単純に設定1は通常Aループしやすいのに対して設定6は通常Aにはとどまりにくいです。設定狙いするんであればこの点は最優先で押さえておきたい部分ですね(^^)

 まあ僕の立ち回りが天井狙いメインなのでここからは天井狙いを前提とした立ち回り考察に移りたいと思います!
 
 モード移行についてのもう一点の特徴としては通常B→通常Aへの転落がないということ。こういうパターンの機種の王道的な立ち回り方としては天国スルーを繰り返している台ほど通常B期待度が高くなるのでそこを狙い打つといった立ち回り。設定1は通常A→通常B移行率が18.75%なので天国を5回くらいスルーしていれば通常B期待度は高いですね!

 また、設定変更後は通常B移行率が優遇されるので変更が確定しているなら通常B狙いはより有効になってくる&宵越し狙いも強気に攻めれます!

 ただ、問題点を挙げるとすれば、

1.通常B天井での当選は恩恵なし。

2.通常B→天国AorBに移行したとしても根本的に天国の天井ゲーム数が201Gと深め。

 この2点になってきますね。この機種はP4ラッシュ初当たり確率が超絶重い(設定1だと1/4182.81)ので、できれば恩恵にあやかりたいって点と基本的にボーナス、ART後は即前兆のみカバーして即ヤメって立ち回りをしたいんで、天国に移行したところで・・・(^^;

 まあ通常Aの規定ゲーム数振り分けの解析出たら超絶ストッパーがいる可能性は十分あるし、現時点ではそこまで気にする要素ではないかもしれませんけどね。

 単純に初当たりを早い段階で引けると考えれば天国スルーを繰り返している台を700G辺りから狙う立ち回りは有効だと思います(^^)天国A,B天井をピンポイントで狙う立ち回りも有効になってくるかもしれませんが、先述の通り規定G数振り分け詳細が出るまでは慎重に立ち回っていきたいと思います!規定G数振り分け詳細判明すれば立ち回りはまた修正していきたいと思います!!

・まとめ

・天井狙いは変わらず700G~(現状は初当たり履歴は非考慮)。
※通常Bなら天井が775G、通常Aだったとしても1025G以降の初当たりには恩恵があるので。

<天井狙い目・やめどき攻略>
・Persona4(ペルソナ4) 天井狙いの攻め時とヤメ時

<全記事一覧>
・パチスロ ペルソナ4 記事一覧

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット 不二子Aタイプ 総まとめ スロット パックマン 総まとめ スロット 北斗の拳 修羅の国篇 羅刹 総まとめ スロット 大海物語4 総まとめ スロット フェアリーテイル 総まとめ スロット 秘宝伝Rev 総まとめ スロット マジカルハロウィン6 総まとめ スロット 黄門ちゃまV 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ