新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

北斗の拳-強敵-北斗乱舞突入確率と継続率・上乗せ枚数

【当てはまったら養分確定】元ホール店長が語る!スロットで負けている人の残念な特徴3選

北斗の拳-強敵- 05©武論尊・原哲夫/NSP1983,©NSP2007 版権許諾証YFC-128 ©Sammy

パチスロ「北斗の拳-強敵-」の上乗せ特化ゾーンである北斗乱舞突入確率と継続率、上乗せ枚数についての解析情報です。

上乗せバトル・継続バトルと同じように設定6確定パターンも存在するため一度は目を通しておくといいでしょう。

北斗乱舞は1セット7Gとなっていますが、終了は継続率で管理されているため継続抽選に漏れなければ次セットに継続となります(・∀・)

<--スポンサード リンク-->

北斗乱舞突入確率と継続率・上乗せ枚数

・北斗乱舞突入契機は「北斗揃い/北斗乱舞揃い/強敵昇天」。
(※北斗乱舞揃い確率は1/8192)

AT中の北斗乱舞突入確率

設定1:1/2147.9
設定2:1/2140.8
設定3:1/2069.2
設定4:1/2034.6
設定5:1/1937.6
設定6:1/1866.2

北斗乱舞継続率

・一律30%ループ
(※全設定共通)

上乗せ枚数

角チェ・弱チャンス目成立時
上乗せ 設定1~5 設定6
50枚 56.5% 55.5%
60枚 1.0%
70枚 各10.0% 各10.0%
80枚
90枚
100枚
150枚 1.0% 1.0%
200枚 各0.3% 各3.0%
300枚
400枚 各1.0% 各1.0%
500枚
スイカ成立時
上乗せ 設定1~5 設定6
50枚 55.0% 54.0%
60枚 1.0%
70枚 各10.0% 各10.0%
80枚
90枚
100枚
150枚 各1.0% 各1.0%
200枚
300枚
400枚
500枚

【中段チェリー/強スイカ】
100枚:65.0%
150枚:10.0%
200枚:10.0%
300枚:10.0%
400枚:2.5%
500枚:2.5%

【強チャンス目】
200枚:60.0%
250枚:10.0%
300枚:10.0%
400枚:10.0%
500枚:10.0%

【JAC】
500枚:100%

【上記以外の小役】
10枚:34.8%
20枚:25.0%
30枚:10.0%
50枚:20.0%
70枚:2.5%
100枚:5.0%
150枚:1.0%
200枚:1.0%
300枚:0.3%
400枚:0.3%
500枚:0.3%

継続率は一律30%

北斗乱舞突入契機は「北斗揃い/北斗乱舞揃い/強敵昇天」の3つとなっておりAT中の北斗乱舞揃い確率は1/8192、そしてAT中の北斗乱舞確率率は約1/2148~約1/1866となっています。

北斗乱舞は1セット7Gの上乗せ特化ゾーンですがセット終了時に一律30%で継続抽選が行われており、ここで抽選が通れば次セットに継続!

また北斗乱舞中の1Gの上乗せ枚数は10枚~500枚となっており、レアな小役ほど大量上乗せに期待が持てます。

上手くレア小役を絡めつつ継続抽選を通せば大量上乗せに期待が持てる反面、全く逆のパターンも考えられるため突入したからといって過度の期待は禁物ですね(^^;
(※ちなみに私が無料アプリで試してみた結果は+160枚終了でした爆

 

演出関連に関しては基本的には「ケンシロウ<ラオウ<トキ<三兄弟」の順で大量上乗せに期待が持てるのですが、ケンシロウの場合でも必殺技を出したりボタンプッシュ・キリン柄といった演出が絡めば大量上乗せ期待度大となるので、ケンシロウで止まった時点でガッカリ・・というワケでもありません(・∀・)

 

北斗乱舞についての解析で最も重要なのが「角チェ/弱チャンス目/弱スイカ」からの上乗せ枚数ですね。

上乗せバトル・継続バトルと同じく+60枚が出現すれば設定6が確定となるのであわせて覚えておきましょう!

<天井狙い目・やめどき詳細>
・北斗の拳-強敵- 天井恩恵と狙い目・やめどき

<解析まとめ・記事一覧>
・北斗の拳 強敵【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

(人気記事)母親にお金を借りてまでパチンコを打ち続けた男の末路がヒドい

2018年のスロット新台導入日 スロット 秘宝伝Rev 総まとめ スロット マジカルハロウィン6 総まとめ スロット シークレットハイビスカス 総まとめ スロット ゆるせぽね 総まとめ スロット 黄門ちゃまV 総まとめ スロット 天元突破グレンラガン極 総まとめ スロット 貞子VS伽椰子 総まとめ スロット ディスクアップ 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ