新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

サンダーVリボルト 打ち方・リーチ目(※天井非搭載)

【当てはまったら養分確定】元ホール店長が語る!スロットで負けている人の残念な特徴3選

パチスロ サンダーVリボルト リール©ACROSS

アクロスのパチスロサンダーVリボルトの打ち方とリーチ目の一例をまとめておきます。

Aプロジェクト第4弾となるのは「サンダーV」で初代のゲーム性・演出を忠実に再現!

天井は非搭載となっており設定狙い一択の立ち回りとなってきますが、ボーナス中にはもちろん技術介入要素もあり玄人好みの仕上がりとなっています。

<--スポンサード リンク-->

天井

※天井は非搭載。

打ち方

・BIG中は技術介入3回成功でMAXの333枚を獲得可能。
・REG中は技術介入1回成功でMAXの111枚を獲得可能。

通常時

1.左リール枠内に赤7or単Vを目安にしてチェリー狙い。

2.中or下段にスイカが停止した場合には中リールはBAR、右リールはVを目安にしてスイカ狙い。

3.それ以外の場合には中・右リールは適当打ち消化でOK。

BIG中

【予告音発生時】
・中、右リールを適当打ちし左リール下段に赤文字Vor赤7をビタ押し。
⇒成功で14枚役(赤文字Vor赤7・ベル・ベル)獲得。
※ミスしても枚数的な損はなし

【予告音なし】
・全リール適当打ち消化でOK。

REG中

【予告音発生時】
・右リール中段付近にVを狙い中リールは赤7に挟まれたスイカを狙った後に左リール中段に赤7をビタ押し。
⇒成功で9枚役(上段スイカ)獲得。
※1コマ早く押しても10枚チェリーが停止。

【予告音なし】
・順押し適当打ち消化でOK。

BIG・REG中は技術介入に挑戦

サンダーVリボルトを打つのであればBIG・REG中は技術介入に挑戦することが前提、それぞれ予告音発生時には上記手順で獲得枚数アップを狙っていきましょう。

BIG時には3回技術介入に成功すればMAX333枚を獲得することが可能。

なお技術介入に失敗しても枚数的な損はないので積極的に挑戦していきましょう!

 

3回成功した後は適当打ち消化で問題ありませんが逆押し消化することで斜めベルをカウントできるといった利点があります。

小役確率が判明すれば再び取り上げてみますね^^

 

REG中は1回技術介入に成功すればMAX111枚の獲得が可能。

またREG中の技術介入時に1コマ早く押してしまった場合は10枚チェリーが成立するようです。

技術介入が必須の機種ではありますが初心者にも取っ付き易い仕様にはなっていますね。

設定6の機械割も111.2%と高めの機種なので技術介入でどこまで機械割を底上げできるのかも気になります。

 

リーチ目の一例

【左リールに3連V停止】
【左リール上段V停止+中段ベル揃い】
【ボーナス図柄一直線停止】
【右上がりスイカテンパイハズレ+上段ベルテンパイハズレ】
【右上がりベルテンパイハズレ+右下がりベルテンパイハズレ】
【上段ハサミベルテンパイハズレ+中段ハサミリプレイテンパイハズレ】
【スイカV字停止】
【ベルV字停止】
【中段「リプレイ・リプレイ・ベル」】

リーチ目総数は3300通り以上

サンダーVリボルトのリーチ目総数は3,300通り以上ということで全てを網羅するのは無理なのでリーチ目は一部のみ紹介しておきます。

リーチ目だけではなくフラッシュと対応役の矛盾などでもボーナス成立を示唆することがあるので、ボーナスを察知した場合には1枚掛けでボーナス最速入賞を狙いましょう

<解析まとめ・記事一覧>
サンダーVリボルト【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット 不二子Aタイプ 総まとめ スロット パックマン 総まとめ スロット 北斗の拳 修羅の国篇 羅刹 総まとめ スロット 大海物語4 総まとめ スロット フェアリーテイル 総まとめ スロット 秘宝伝Rev 総まとめ スロット マジカルハロウィン6 総まとめ スロット 黄門ちゃまV 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ