新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

ガンソード 設定差解析・設定判別要素まとめ

【当てはまったら養分確定】元ホール店長が語る!スロットで負けている人の残念な特徴3選

パチスロ ガンソード 03©2005 AIC・チームダンチェスター/ガン×ソードパートナーズ ©TAKASAGO ELECTRIC INDUSTRY

パチスロガンソードの設定判別要素についてはこちらでまとめていきます。

AT初当たりに関しては周期融合抽選での当選率は高設定ほど優遇されていますが、レア小役からの直撃当選などの要素には設定差はなし。

小役確率にも設定差は付けられていないので通常時はモード移行、「32G/64G/128G/256G」それぞれの倍数周期でのAT当選に気を配っておきましょう。

<--スポンサード リンク-->

AT初当たり確率

【AT初当たり確率】
設定1:1/248
設定2:1/240
設定3:1/222
設定4:1/216
設定5:1/198
設定6:1/185

【周期融合抽選での当選】
設定1:1/402
設定2:1/381
設定3:1/338
設定4:1/322
設定5:1/281
設定6:1/254

【周期到達時のAT解除率】
設定1・2:25%
設定3・4:26%
設定5・6:28%

【自力CZ経由】
設定1:1/1004
設定2:1/1003
設定3:1/1006
設定4:1/1026
設定5:1/1055
設定6:1/1081

※1.レア小役からの直撃当選、ナゾ周期抽選に関しては設定差なし。
※2.ナゾ周期抽選=モード不問で32Gの倍数ゲーム数毎に行われる解除抽選。

周期融合抽選でのAT初当たりに注目

初当たりに関して設定差が付けられている要素は周期融合抽選と自力CZ経由となっていますが、後者の自力CZ経由はほぼ分母も大きいですしほぼ設定差がないので、実質的には周期融合抽選での初当たりのみに設定差が付けられていると思っておいてよさそうです

単純に高設定ほど初当たりは軽くなっていきますが、周期到達時のAT解除率振り分けを見てみると設定差はほとんど付けられていません

このことから高設定は低設定に比べて周期到達時のAT解除抽選を受けられる頻度が多いということが言えるので、モード移行率解析が重要になってきそうですね。

 

モード移行率

【32Gモード移行率】
設定1:25%
設定2:25%
設定3:35%
設定4:25%
設定5:30%
設定6:33%

32Gモード移行は設定3が優遇

現在判明しているモード移行率は32Gモードのみとなっているんですが、設定3が最も優遇されているといった少し変わった振り分けになっています。

その次に設定6⇒設定5と32Gモード移行率は優遇されており、設定狙いでは128G以内のAT当選には気を配っておきましょう。

ただし32Gモード移行率のみを見た場合には極端な設定差が付けられていないので、その他モード移行率解析が判明しないことには設定判別精度としてはイマイチ・・・

 

ガンソードの稼働状況を見る限りでは設定にもあまり期待が持てそうにはないですし、有効な設定狙い判別要素も今のところないので設定狙い難易度は高めの機種と言えますね(><)

その他新たな情報解析判明次第、随時更新していきます。

<天井狙い目・やめどき詳細>
・ガンソード 天井恩恵と狙い目・やめどき

<全記事一覧>
・パチスロガンソード 記事一覧

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット 不二子Aタイプ 総まとめ スロット パックマン 総まとめ スロット 北斗の拳 修羅の国篇 羅刹 総まとめ スロット 大海物語4 総まとめ スロット フェアリーテイル 総まとめ スロット 秘宝伝Rev 総まとめ スロット マジカルハロウィン6 総まとめ スロット 黄門ちゃまV 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ