新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

おとめ妖怪ざくろ ゾーン振り分け解析・実践値まとめ

(注目記事)元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

パチスロ おとめ妖怪ざくろ 02©KITADENSI ©星野リリィ/幻冬舎コミックス・ざくろ製作委員会

パチスロおとめ妖怪ざくろのゾーン振り分け解析・実践値情報についてはこちらでまとめていきます。

導入直後からART終了後128G以内のART当選期待度は約40%と言われていたおとめ妖怪ざくろですが、実践値を見た限りでも天国ゾーンにかなり期待値を持っていかれていることは間違いなさそうです!

「ざくろシステム」によるゲーム数短縮抽選もあるので実践値からは完全に実際のゾーンを特定することはできませんが、ざくろモード天井近辺の当選率にも注目しておくといいかと思います。

<--スポンサード リンク-->

ゾーン実践値情報

zakuro-zone50※1.サンプル件数は15233件。
※2.朝一1回目の初当たりは除外
※3.データ機のゲーム数による集計
※引用元:パチスロ期待値見える化 『スロット天井・解析・攻略』

天国ゾーンが非常に強め

実践値を見てみると天国ゾーンが想像以上に強めのおとめ妖怪ざくろ。

もちろんゲーム数短縮による128Gゾーン外の当選も含まれているでしょうが、基本的にはART終了後は毎回天国否定まではフォローした方がよさそうです。

ART終了後の32G以内の引き戻し濃厚パターンも既に判明していますが、よほど天国示唆要素が豊富に揃っていない限りはあまり気にする必要のない機種かもしれませんね(笑)

 

その他のゾーン

天国ゾーン以外でART当選率が高めのゾーンは251~300Gゾーンと601~650Gゾーン。

これらのゾーンに関しても「ざくろシステム」の影響で実践値では完全に特定することはできませんが、前者の251~300Gゾーンはざくろモード天井が絡んできている可能性が高そうです。

ただ実践値を見た限りではゾーンとして狙えるほどではないので現状はゾーン狙いはなしの方向で。

 

601~650Gゾーンに関しては恐らく内部ゲーム数ハマリ的には天井を狙えるくらいのゲーム数に到達していると思うので、特別気にする必要もないかと思います。

 

天井狙い目・やめどき

細かいゾーンが判明しないことには天井狙い目を調整するのは難しいので現状の天井狙い目は変わらず780Gからということで狙っていきます。

★おとめ妖怪ざくろの天井狙い詳細考察はこちら⇒おとめ妖怪ざくろ 天井恩恵と狙い目・やめどき

やめどきに関しても天国否定までフォローしてやめということで問題なさそうです!

 

またART純増枚数が約2.2枚/1G、天国ループ率が高めということは時間効率が悪めの機種と言えそうですね

もし複数台候補がある場合には効率も意識して狙っていくといいかと思います。

<全記事一覧>
・パチスロおとめ妖怪ざくろ 記事一覧

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット スーパーリノXX(新台)総まとめ スロット マッハGoGoGo(新台)総まとめ スロット ドリームクルーン711(新台)総まとめ スロット 巨人の星 情熱編(新台)総まとめ スロット カイジ4(新台)総まとめ スロット ロードオブヴァーミリオン Re(新台)総まとめ スロット 蒼天の拳 朋友(新台)総まとめ スロット 聖闘士星矢 海皇覚醒スペシャル(新台)総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ