新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

ドラゴンギャル-双龍の闘い-小役確率・コイン単価

(注目記事)元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

ドラゴンギャル-双龍の闘い-03©SNK PLAYMORE CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.

パチスロ「ドラゴンギャル-双龍の闘い-」の小役確率やコイン持ち・コイン単価についての情報です。

前情報からも判明していましたが、コイン持ちは50枚あたり約59Gと同じ新基準AT機の麻雀物語3を上回ります!

コイン単価もかなり低めなので少ない投資で長く遊ぶことはできます。
(※前向きに捉えれば)

<--スポンサード リンク-->

小役確率解析値

リプレイ:1/2.94
共通宝玉:1/128.50
押し順宝玉:1/5.29
左第1ベル:1/7.24~1/7.25
中or右第1ベル:1/2.08
弱チェリー:1/133.47~1/132.13
強チェリー:1/409.60
中段チェリー:1/16384.00
弱スイカ:1/113.87~1/112.80
強スイカ:1/512.00
チャンス目A:1/128.00
チャンス目B:1/256.00
バトル目:1/2978.91

設定判別ではカウントの必要なし

一部の小役には設定差が付けれられているようですが、差が微量過ぎるので設定判別の際には特にカウントする必要はなしです。

特殊な小役は「宝玉揃い」と「バトル目」で前者は成立時に宝玉を獲得、後者はムイムイチャレンジ突入となります。

 

中段チェリー確率は1/16384.00となっており成立時の25%でロングフリーズが発生します!

★ロングフリーズ確率と恩恵はこちら⇒ドラゴンギャル-双龍の闘い- フリーズ確率と恩恵

ロングフリーズ抽選に漏れた場合の中段チェリー成立時の恩恵は不明ですが、AT当選が確定するくらいですかねー??

 

コイン持ち・コイン単価

【コイン持ち】
50枚あたり約59G

【コイン単価】
約2.6円(設定1)

長く遊べるスペック

冒頭で書いた通りコイン持ちは50枚あたり約59G、そしてコイン単価も約2.6円と低め。

長く遊べるスペックではありますが、期待値稼働においては消化に時間がかかるというのはデメリット。

また個人的には通常時も高確率でリプレイが成立しているAT機は打っていてちょっと退屈さを感じてしまうのも事実・・・(^_^;

 

新基準AT機第1弾として登場した麻雀物語3は現在もそれなりに稼働も維持しており成功したと言えるんではないかと思いますが、ドラゴンギャル-双龍の闘い-はどうでしょうね?

導入台数は約5,000台と控えめですが、今後の稼働状況にも注目しておきます。

<天井狙い目・やめどき詳細>
・ドラゴンギャル-双龍の闘い-天井恩恵と狙い目・やめどき

<全記事一覧>
・パチスロドラゴンギャル-双龍の闘い- 記事一覧

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット スーパーリノXX(新台)総まとめ スロット マッハGoGoGo(新台)総まとめ スロット ドリームクルーン711(新台)総まとめ スロット 巨人の星 情熱編(新台)総まとめ スロット カイジ4(新台)総まとめ スロット ロードオブヴァーミリオン Re(新台)総まとめ スロット 蒼天の拳 朋友(新台)総まとめ スロット 聖闘士星矢 海皇覚醒スペシャル(新台)総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ