新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

戦国コレクション2 打ち方・出目・小役確率解析

(注目記事)元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

パチスロ 戦国コレクション2 リール©Konami Digital Entertainment,NAS/「戦国コレクション」製作委員会 ©KPE

3月2日が導入日のパチスロ新台「戦国コレクション2」の打ち方と出目、小役確率についてをまとめておきます。

リールの配列は前作とは異なっていますが基本的には前作同様の打ち方で消化可能なので、前作を打ったことがある場合は初打ちの際も前作の打ち方をそのまま持ち込んで実践すれば問題ないです(^^)

また今作が戦国コレクションシリーズ初打ちとなる場合でも打ち方自体がシンプルで覚えやすいので特に問題なく打ち進めていくことができると思います。

<--スポンサード リンク-->

打ち方・出目解析

1.左リール上段付近にBAR狙い。

2.中段チェリー停止時は中・右リールは適当打ち。
(※BARを狙えば右下がり揃い)
⇒レジェンド役

3.角チェリー停止時は中リールは適当打ち、右リールは3連赤7狙い。
⇒リプレイ停止・・・弱チェリー
⇒中段に赤7停止・・・強チェリー
⇒3連赤7停止・・・SRチェリー

4.上段スイカ停止時は中・右リールもBARを目安にスイカ狙い。
⇒スイカ揃い・・・スイカ(強・弱はなし)
⇒スイカテンパイハズレ・・・強チャンス役

5.上・中段にスイカ停止時も中・右リールはBARを目安にスイカ狙い。
⇒スイカテンパイハズレ・・・強チャンス役
⇒ダブルスイカ揃い・・・SRチャンス役

6.3連スイカ停止時は中・右リールは適当打ち。
(※スイカを狙えば右上がり揃いする)
⇒レジェンド役

7.下段スイカ停止時は中・右リールは適当打ち。
⇒上段「リプ・リプ・ベル」・・・弱チャンス役

 

打ち方で覚えておくのは3点だけ!

覚えておくのは左リール上段にBARを狙い、チェリー停止時は右リールに3連赤7狙い、スイカ停止時はBARを目安に中・右リールもスイカ狙いということだけです。

小役の構成も複雑な機種ではないですし、小役別の出目に関してもこれといった問題なく消化していくことができると思います(・∀・)

各レア小役別の強さ

フラグごとのおおよその強さは、

「弱チェリー/スイカ/弱チャンス役」・・・★
「強チェリー/強チャンス役」・・・★★★
「SRチェリー/SRチャンス役/レジェンド役」・・・★★★★★

 

となっています。

 

小役確率解析

【設定差のない小役確率】
リプレイ・・・1/4.20
押し順ベル・・・1/1.37
弱チェリー・・・1/99.90
強チェリー・・・1/564.97
スイカ・・・1/128.00
弱チャンス役・・・1/174.76
強チャンス役・・・1/256.00
レジェンド役・・・1/65536.00

 

【設定差のある小役確率】
<SRチェリー>
設定1・・・1/65536
設定2・・・1/65536
設定3・・・1/32768
設定4・・・1/65536
設定5・・・1/32768
設定6・・・1/32768

<SRチャンス役>
設定1・・・1/21845
設定2・・・1/16384
設定3・・・1/21845
設定4・・・1/13107
設定5・・・1/16384
設定6・・・1/10923

【コイン持ち・コイン単価】
★コイン持ち
50枚あたり約34.2G

★コイン単価
約3.5円(設定1)

設定差があるのはSRチェリーとSRチャンス役

小役確率に設定差が付けられているのはSRチェリーとSRチャンス役のみ。

とは言え元々の分母が大きいので実戦で判別要素として使えることはほぼなさそうです(^_^;

戦国コレクション2は前作のような高設定確定演出に加えて既に設定判別要素についての解析も豊富に出揃っているので、別記事にて更新していこうと思います!

<天井狙い目・やめどき攻略>
・戦国コレクション2 天井恩恵と狙い目・やめどき

<解析まとめ・記事一覧>
・戦国コレクション2【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット スーパーリノXX(新台)総まとめ スロット マッハGoGoGo(新台)総まとめ スロット ドリームクルーン711(新台)総まとめ スロット 巨人の星 情熱編(新台)総まとめ スロット カイジ4(新台)総まとめ スロット ロードオブヴァーミリオン Re(新台)総まとめ スロット 蒼天の拳 朋友(新台)総まとめ スロット 聖闘士星矢 海皇覚醒スペシャル(新台)総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ