新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

黄門ちゃま喝 小役確率解析値・コイン単価

【当てはまったら養分確定】元ホール店長が語る!スロットで負けている人の残念な特徴3選

パチスロ 黄門ちゃま喝 画像01©オリンピア

パチスロ「黄門ちゃま喝」の小役確率解析値とコイン単価についての情報です。

黄門ちゃま喝は1Kあたりのゲーム数は約30.10Gとコイン持ちは至って普通のスペックとなっています。

小役確率自体には設定差はつけられていないようなので、設定判別要素となりそうなので各小役からの310カウンター抽選やCZ・AT当選率、高確移行率などといった所でしょうね(^^)

<--スポンサード リンク-->

小役確率解析値・コイン単価

小役確率解析値

リプレイ・・・1/3.47
ベルリプレイ・・・1/9.93
押し順1枚役・・・1/20.23
実質1枚役出現率・・・1/10.42
強ベル・・・1/963.76
弱チェリー・・・1/99.90
強チェリー合成・・・1/199.89
スイカ・・・1/99.30
チャンス目A/B合成・・・1/295.21
チャンス目C・・・1/198.59
チャンス目合成・・・1/118.51
喝リプレイ・・・1/65536.00
喝スイカ・・・1/65536.00
運命目・・・1/65536.00
土下座目・・・1/65536.00
紅炎目・・・1/393.89~1/394.10
各小役の停止形についてはこちらの記事⇒黄門ちゃま喝 打ち方・出目解析

コイン持ち・コイン単価

【コイン持ち】
1k=30.10G

【コイン単価】
約3.5円(設定1)

 

小役確率に設定差はなし

紅炎目の実質出現率に関しては微量ながら設定差が存在しますが、判別要素としては全く使えないので無視してOKです

他小役に関しても設定差は付けられていないのでカウントの必要はないですね。

 

そしてコイン単価は約3.5円となっており獣王や喧嘩祭と同じ数値となっているようです(・∀・)

ちなみに同じオリンピアの主役は銭形2のコイン単価は約3.1円、ゴルゴ13のコイン単価は約3.8円、波の荒さで言えば黄門ちゃま喝はちょうど中間くらいの荒さという捉え方ができますね(笑)

個人的にはオリンピアの機種はとにかく荒いという印象が強いですが(爆)

 

パチスロ黄門ちゃま喝は印籠チャンスでの上乗せ抽選でどれを選択するかによって、その後の展開が大きく変わってくるので駆け引きも楽しみつつ実戦していければと思います(^^)

<天井狙い目・やめどき攻略>
・黄門ちゃま喝 天井恩恵解析と狙い目・やめどき

<解析まとめ・記事一覧>
・黄門ちゃま喝【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット 秘宝伝Rev 総まとめ スロット マジカルハロウィン6 総まとめ スロット ゆるせぽね 総まとめ スロット 黄門ちゃまV 総まとめ スロット 天元突破グレンラガン極 総まとめ スロット 貞子VS伽椰子 総まとめ スロット ディスクアップ 総まとめ スロット ちゃぶ台返し 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ