新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

モンスターハンター-月下雷鳴- ゾーン振り分け詳細解析

【当てはまったら養分確定】元ホール店長が語る!スロットで負けている人の残念な特徴3選

モンスターハンター 月下雷鳴 12©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. ©エンターライズ

パチスロ「モンスターハンター-月下雷鳴-」のゾーン振り分け解析から立ち回りを考察していきます。

かなり時間が経ってからゾーン振り分けが判明しましたが、設定狙い稼働・天井狙い稼働を問わず押さえておくべきゾーンがいくつか存在します。

「モンスターハンター-月下雷鳴-」は2014年に導入された機種の中ではかなり人気の機種で、まだまだ設置されているホールが多いため、一通り把握しておくことをオススメします。

<--スポンサード リンク-->

更新情報

【10/13】ゾーン・モードをもとにして立ち回りを整理。

ゾーン振り分け解析

パチスロ モンスターハンター-月下雷鳴- ゾーン振り分け解析完全版
※左は設定1、右カッコ内数値は設定6。

128G以内の解除振り分けに注目

全モードで128G以内の解除振り分けが存在するものの、設定1の場合は天国を除くと128Gゾーン内での解除には全く期待ができません

リセットモードは天井ゲーム数が864Gに短縮されるという恩恵はありますが、朝一リセット天国狙いは効果がないので、仮に全リセ店だとしても無視してOKです。

ただ、設定6は通常Bでも128Gゾーン内の解除振り分けが約28%ある上に、天国移行率も優遇されているので、128Gゾーン内でのゲーム数解除が多く確認できるほど高設定に期待が持てますね(・∀・)

モンスターハンター-月下雷鳴- ゲーム数解除時のモード移行率※画像はクリックで拡大できます。
モード移行率と照らし合わせながら見てみると、より分かりやすいと思います。

 

ゾーン狙い目

ゾーン狙いに関してなんですが、モードが特定できない点や各モードのゾーン別解除率を見てみても、とてもではないですが狙えるレベルではないです(><)
(※終了画面によっては、モードC滞在濃厚となる場合あり)

最も滞在率が高いモードA、モードBの600G以内の各ゾーンをピンポイントで狙っても、解除率は20%前後しかありません。

このことから、パチスロ「モンスターハンター-月下雷鳴-」は設定狙いor天井狙いのどちらかで攻めていきましょう!

前回BAR単発終了している台はピンポイントでなら天国最深部を狙い打ってもOKですが、実際に直前で放置されている台はなさそうですね(^^;

 

高設定確定パターン

かなり前の記事にも書きましたが、177~192Gゾーンでの解除は設定5以上が確定!

導入からかなりの期間は経っていますが、未だに大事に扱っているホールはまだまだあるので、忘れずに覚えておきましょう。

 

モード特定方法

解除ゲーム数からモードをある程度特定できる場合があるので、実戦時には解除ゲーム数にも注目してみてください。

609G~672G】【865G~928G】でのゲーム解除
モードAでの当選が濃厚。

737G~800G】【993G~998G】でのゲーム解除
モードBでの当選が濃厚。

 

そして、モードCはモードA・Bとは別のゾーンに振り分けが存在することから、【673G~736G】【801G~864G】【999G】での当選時にはモードCが濃厚となります(^^)

 

状況別に見るやめどき

先ほどのモード移行率解析を見た通り、モードAからの天国移行には期待が持てないので、モードAゾーンでの当選時は例外を除いてボーナス後の前兆がないことを確認してから即やめ。

モードBorCゾーンでの当選時には、天国否定までフォローしてからやめということで。

また、ボーナス終了画面の次回モード&解除ゲーム数示唆演出にも気を配りつつ、天国or300Gまでフォローすべきかどうかを見極めましょう。

終了画面に応じたやめどきに関しては、天井狙い考察記事にまとめているので参考にしてみて下さいね。

<解析まとめ・記事一覧>
・モンスターハンター 月下雷鳴【パチスロ解析】完全攻略マニュアル

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット 不二子Aタイプ 総まとめ スロット パックマン 総まとめ スロット 北斗の拳 修羅の国篇 羅刹 総まとめ スロット 大海物語4 総まとめ スロット フェアリーテイル 総まとめ スロット 秘宝伝Rev 総まとめ スロット マジカルハロウィン6 総まとめ スロット 黄門ちゃまV 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ