新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

麻雀格闘倶楽部 ARTスタート時の背景選択率

【当てはまったら養分確定】元ホール店長が語る!スロットで負けている人の残念な特徴3選

麻雀格闘倶楽部 画像01©KPE

麻雀格闘倶楽部のART開始時の背景には四神が出現し、設定差が存在するようです。

「えっ、そんなの見たことないよー」

と思われる方もいるかもしれませんが、開始時15秒ほど放置しておくと、四神が出現するようです(笑)

ということで設定判別する際はART開始時は一度手を止めましょう。

<--スポンサード リンク-->

四神というのは「白虎/青龍/玄武/朱雀」となりますが、それぞれの選択率に特徴があるんでまずは御覧ください。

<麻雀格闘倶楽部 ART開始時の背景選択率>
麻雀格闘倶楽部 ART開始時の背景選択率

それぞれの背景選択率の特徴は表を見て頂いても一目瞭然ですね(^^)

☆白虎・・・低設定で出現しやすい

☆青龍・・・偶数設定で出現しやすい

☆玄武・・・奇数設定で出現しやすい

☆朱雀・・・高設定で出現しやすい

設定判別する場合は白虎が多く出現すれば低設定の可能性が高くなり、朱雀を複数回確認できた場合は高設定に期待が持てます!

青龍は偶数設定、玄武は奇数設定で出現しやすいので、青龍+朱雀を確認できれば設定4or6期待度アップ、玄武+白虎の場合であったら設定1の可能性も上がるなどの推測はできますが、もちろん少ないサンプルでは判別要素としては弱いのでとにかく初当たりを重ねて地道にサンプルを取っていきましょう。

 

また、他設定判別要素としては強チェリーと強チャンス目にも設定差ありで、

☆強チェリー・・・1/512.00~1/442.81

☆強チャンス目・・・1/399.61~1/356.17

となっているので、設定判別するならこちらもチェックですね(^^)

 

そしてテンパイ前、直当たり時に発生する『ずっと俺のツモ』演出にも設定差があるようです。

<麻雀格闘倶楽部 ずっと俺のツモ突入率>
設定1・・・1/1152
設定2・・・1/700
設定3・・・1/1150
設定4・・・1/633
設定5・・・1/988
設定6・・・1/598

こちらに関して言えば偶数設定、なおかつ高設定ほど突入しやすいといった特徴がありますね(^^)
ART開始時の背景とあわせて覚えておきたい要素です。

設定判別要素ではないですが、麻雀格闘倶楽部の通常時の周期ごとの背景に関しても以前記事にしたことがあるので、興味があればそちらも参考にしてみてください。

・麻雀格闘倶楽部 チャンスゾーン周期と示唆演出

こちらの記事ではチャンス周期に関してなどを考察しています。

麻雀格闘倶楽部に関してはまだ打ってないですが、初打ちした場合はまた稼働記事にて書きますね(^^)

<天井狙い目・やめどき攻略>
・麻雀格闘倶楽部 天井狙いの攻め時・ヤメ時

<全記事一覧>
・パチスロ麻雀格闘倶楽部 記事一覧

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット 不二子Aタイプ 総まとめ スロット パックマン 総まとめ スロット 北斗の拳 修羅の国篇 羅刹 総まとめ スロット 大海物語4 総まとめ スロット フェアリーテイル 総まとめ スロット 秘宝伝Rev 総まとめ スロット マジカルハロウィン6 総まとめ スロット 黄門ちゃまV 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ