蒼天の拳 画像04©Sammy

本日より導入の「蒼天の拳2」の天井狙い考察記事です(^^)
天井は初当たり確率にしてみれば浅めの777Gとなっており恩恵もあり!

またゲーム数天井とは別に激闘乱舞非突入が規定回数連続で到達する激闘天井も存在します。
G数解除もありますが、初当たりのメインは小役からの当選となってくるので、攻め時・ヤメ時もそれに合わせてつけてみました。

<天井>
1.通常時777G+最大32Gの前兆消化で『宿命の刻』当選。
☆天井での当選は宿命モード2以上(継続率75%以上)確定。

2.『宿命の刻』初当たりから『激闘乱舞』非突入が9連続した場合、10回目の『宿命の刻』1セット目のバトルには必ず勝利する。
⇒激闘乱舞への突入が確定。

※設定変更で天井までのゲーム数はリセット。

ゲーム数天井は浅めなことに加え最低継続率が選択されないという恩恵もついてきます。
同メーカーの「北斗-転生-」や「攻殻機動隊」のように天井前に強力ストッパーが潜んでいる可能性も十分ありますが、そちらは気にせず狙い目立ててみました。

具体的な狙い目としては380G付近から狙っていこうと考えてます。
浅めの天井ゲーム数に加えAT初当たり1回あたりの平均獲得枚数も悪くないんで、このあたりから狙っていけば余裕なんじゃないかと思います(^^)

AT機で出玉スピードも早く、どのホールでも大量導入されるのは間違いないので積極的に狙っていきたい1機種です!
また、稼働が落ち着いてきた場合は宵越し狙いでも間違いなく重宝する1機種になってくれると思います(≧▽≦)
さて、もう1つの天井である『激闘天井』についてなんですが、筐体やデータ表示機で確認が取れる場合は8回目あたりを目安にして狙っていこうと考えています。

ただ『激闘乱舞』突入率、突入時の獲得枚数が現状不明なんで解析次第では8回より早めから狙っていける可能性はアリです。

まあ初当たり確率が重く時間効率は悪いだろうし、現状の狙い目は8回ということで狙ってみようと思います!
ヤメ時に関してはAT後の前兆なしを確認してヤメで。
ただしスペック解析記事で触れましたが滞在ステージが『紅華会』の場合は天国示唆、『ドラゴン』の場合は前兆示唆となっているのでこの2つのステージに移行した場合は少し様子を見るのがベターですね(^^)

<まとめ>
・ゲーム数天井狙いは380G~。
・激闘天井狙いは8回目から。
・ヤメ時はAT後の前兆なしを確認後。
※天国、前兆示唆ステージに注意。

 
<全記事一覧>
・パチスロ蒼天の拳2 記事一覧