新台導入日・導入済み機種解析一覧
2019年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

蒼天の拳2 打ち方・出目

(注目記事)元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

蒼天の拳2 画像&リール©Sammy

明日導入の新台『蒼天の拳2』の打ち方と出目についてをまとめておきます!
リールは『輪廻のラグランジェ』と同様の「アンリミテッドリール」を採用しており、中段チェリー変換が最大の見所ですね(^^)

打ち方としてはBAR狙い、羅龍盤狙いどちらでもOKなんですが、今回は最強チェリー、AT濃厚目を判別できる羅龍盤狙いを書いておきます。

<--スポンサード リンク-->

<打ち方・出目>
1.左リール上段に羅龍盤狙い。

2.上・中段に羅龍盤停止時は右リールに羅龍盤狙い、中リールにスイカ狙い(BAR目安)。
⇒右リール羅龍盤非停止・・・中段チェリー
⇒右リール羅龍盤上・中段停止・・・AT濃厚目
⇒右リール中・下段羅龍盤停止・スイカ揃わず・・・最強チェリーA
⇒右リール中・下段羅龍盤停止+スイカ揃い・・・最強チェリーB

3.中・下段に羅龍盤停止時は右リールに羅龍盤狙い、中リールは適当打ちでOK。
⇒右リール上・中段に羅龍盤停止・・・中段チェリー
⇒右リール中・下段に羅龍盤停止・・・弱チェリー(中段チェリーに変換する場合も)

4.上段スイカ停止時は中・右リールにもスイカ狙い(BAR目安)
⇒右上がりor下段ベル・・・強ベル
⇒上段スイカ・・・強スイカ
⇒右下がりスイカ・・・弱スイカ
⇒スイカテンパイハズレ・・・チャンス目

5.下段羅龍盤停止時は中・右リールは適当打ちでOK。
⇒フラッシュ発生・・・チャンス目

羅龍盤を狙った際の打ち方は上記の通りです。
前作を打ち慣れている方にとっては違和感なく打てるんじゃないでしょうかね??

ちなみに左リールにBARを狙った場合は最強チェリーやAT濃厚目の判別ができない代わりに、中段チェリー停止時は中・右リールは適当打ちで消化できるため(正確にはフラグの判別が不可能なため)、効率面においてはBAR狙いの方が優れています。

まあ中段チェリー以上が成立した時点で前兆の確認はすべきだし、特にAT中の場合などは効率重視でBAR狙いでも構わないと思います。

出目を楽しみたい場合は問答無用で羅龍盤狙いをオススメしますけど(^^)
あと正確に小役をカウントしたい場合も同様ですね!
最強チェリー、AT濃厚目の出現率は低そうですが(笑)

各フラグのおおよその強さとしては、

1・・・「弱チェリー/弱スイカ」
2・・・「チャンス目」
3・・・「中段チェリー/強スイカ」
4・・・「強ベル」
5・・・「最強チェリーA/最強チェリーB/AT濃厚目」

となっており、従来のシリーズ同様シンプルで分かりやすいです!
にしてもナレーション(?)の方のテンション超高いっすね(笑)

<天井狙い目・やめどき攻略>
・蒼天の拳2 天井恩恵解析と狙い目・やめ時

<全記事一覧>
・パチスロ蒼天の拳2 記事一覧

<--スポンサード リンク-->

スロット新台情報2019 スロット ガンダム クロスオーバー 総まとめ スロット 南国娘2 総まとめ スロット ドラゴンホイール 総まとめ スロット 呪怨 再誕AT 総まとめ スロット闘魂継承アントニオ猪木(新台)総まとめ スロット ピラミッドアイ 総まとめ スロット 北斗の拳 天昇 総まとめ スロット サラリーマン金太郎MAX(新台)総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ