モンスターハンター 月下雷鳴 画像02©エンターライズ

モンスターハンター-月下雷鳴-」のリプ連別のジンオウガモード突入率がやっとこさ判明!!突入抽選はリプレイ4連以上からの抽選、なんですが低設定と高設定では当選率にかなりの差がつけられていました。

リプレイ10連した場合は全設定共通でジンオウガモード当選確定となるのですが、リプ10連の確率が約1/28578.67となるのでかなり薄い所ですね(爆)

リプ連別ジンオウガモード突入率

リプ連についてなんですが、内部的にリプレイフラグであればOKなんで合間にチェリー、チャンス目を挟んでも有効です。全リプレイフラグ合算での確率が1/2.79となるのですが、上記リプ10連確率はそれに基づいて算出してあります。

ジンオウガモードには以前記事に書いた通り『ショート/ロング』が存在するのですが、当選はほぼショート。ショート滞在時のリプ連でロングへの昇格抽選も行われているのですが、今回はそちらの数値は割愛します。

設定別のリプ連別ジンオウガショート当選率については下記表の通りです。

<ジンオウガショート当選率>
モンスターハンター-月下雷鳴- ジンオウガショート当選率

低設定と高設定では当選率に顕著な差が出てますが、設定5・6でも当選に期待できそうなのはリプ8連以上ですね。ちなみにリプ8連の確率は約1/3671.42、リプ9連だと約1/10243.25と、あまり現実的な数値ではないです(笑)

冒頭でリプ10連はジンオウガモード当選が確定!と書きましたが、ジンオウガロング当選率としては、

<ジンオウガロング当選率>
『設定1』
リプ6連以上⇒各0.003%

『設定2~6』
リプ4~5連⇒各0.003%
リプ6連以上⇒各0.003%

 

となるのでリプ10連した場合はジンオウガモード当選は確定となります。まあ低設定ではリプ7、8連してもジンオウガモード当選にはほぼ期待できず、そこでのジンオウガモード当選は高設定に期待が持てるので、設定狙いでは覚えておいて損はないです!
ジンオウガモード中は小役成立時に前兆移行抽選を行い、前兆当選時は必ず捜索クエストに発展するようです。ただしジンオウガモードは保障ゲーム数終了後ベル取りこぼし時に転落抽選を行うので、前兆に当選する前に終了してしまうこともあります(><)

というわけでジンオウガモード滞在を100%看破することは難しいのですが、ジンオウガモード滞在濃厚パターンとして、下記の演出がありますので参考までに書いておきます。

<ジンオウガモード滞在濃厚パターン>
☆強ベルor押し順ベル時に弱ジンオウガフラッシュ発生。
※激しいリールフラッシュが2秒ほど発生。

☆強ベルor押し順ベル時に強ジンオウガフラッシュ。
※激しいリールフラッシュが4秒ほど発生。
※こちらはジンオウガロング滞在濃厚。

 

P.S 先日久し振りにDSのモンハンやってみたんですが、全く上手くプレイできませんでした(爆)

<解析まとめ・記事一覧>
・モンスターハンター 月下雷鳴【パチスロ解析】完全攻略マニュアル