新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

モンキーターン2 全速モードは波田野を選べ!?

【当てはまったら養分確定】元ホール店長が語る!スロットで負けている人の残念な特徴3選

モンキーターン2 全速モード

というワケで今回は「モンキーターン2」の上乗せ特化ゾーン『全速モード』についてです(^^)上乗せ方式が異なる3種類のタイプがありますが、最も安定感の高いタイプは誰だったのか!?ってことで既にネタバレですが主人公である波田野が最も安定感ある上乗せ性能を誇るということでした!

引き弱野郎救済機能的な波田野全速ですが、僕は選択した2回中2回とも10G以内にボート引いて終了でしたね(笑)

<--スポンサード リンク-->

<波田野全速>
まずは波田野全速からですが、おさらいも兼ねて説明しておくとレア小役を引くまで継続、レア小役成立時には必ず+20Gの上乗せが発生。またペラや共通リプレイでも上乗せが発生することもあるようですが、その場合は潜伏上乗せとなり、レア小役での上乗せまではモードは継続します。

レア小役成立時の平均上乗せゲーム数は37.57~38.65Gとなり、1セットの平均上乗せゲーム数は消化ゲーム数を含めると67.59~68.67Gという結果になったようです。
<青島全速>
青島全速は10G継続、ペラ以外の全役で上乗せが発生するタイプ。前作の全速に最も近いですね(^^)

この全速は1Gあたりの平均上乗せゲーム数としては4.97~5.00G、1セットの平均上乗せゲーム数は消化ゲーム数込みで59.71~59.96Gとなるようです。
<ありさ全速>
ありさ全速は1G完結で10Gor3桁上乗せが発生という最も結果が荒れそうなタイプ。3ケタ上乗せ期待度としてはトータルで36.56%、1セットの平均上乗せゲーム数としては55.23~55.30Gとなる模様。
となってくると1セットの平均上乗せゲーム数が最も多い波田野全速を選択するのがベストってことですね。タイプとしても荒れにくいタイプなので、特別な思い入れがない限りは迷わず波田野を選択することをオススメします。

うっかり選択するのを忘れたり、突入時に写メ撮るのに時間かかったり席を長く離れた場合は青島が選択されるので気をつけて下さいねー(ちなみに僕は既に体験済み)。

<天井狙い目・やめどき攻略>
・モンキーターン2 天井狙いの攻め時・ヤメ時

<全記事一覧>
・パチスロモンキーターン2 記事一覧

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット 不二子Aタイプ 総まとめ スロット パックマン 総まとめ スロット 北斗の拳 修羅の国篇 羅刹 総まとめ スロット 大海物語4 総まとめ スロット フェアリーテイル 総まとめ スロット 秘宝伝Rev 総まとめ スロット マジカルハロウィン6 総まとめ スロット 黄門ちゃまV 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

4 Responses to “モンキーターン2 全速モードは波田野を選べ!?”

  1. 匿名 より:

    波多野最強!だけど疑問が
    確かレア役5回で上乗せ確定ですよね?
    それを考慮すると、全速モード突入時に残り80gだから青島で通常ATのゲーム数を増やし4回目スルー狙いがいいとかありないですかね?素人考えの計算も出来ない馬鹿の質問ですいません。

    • さとる より:

      <匿名さん

      コメントありがとうございます^^レア小役での上乗せ5回スルーの概要についてなんですが、全速突入時に直乗せも行われてるのでそれでスルー回数もリセットされるんではないんでしょうかね??

      実際に遭遇したことないので、詳細も不明なんですがスルー回数は気にしたことなかったすね。バランス考えたらバジ2の開眼のように結局どのタイプを選択しても期待値的にはほぼ差がないように作られてはいると思いますが、解析値見た限りでは安定感があるのは間違いなく波田野だと思います。

  2. 最強パチプロ より:

    モンキー2がでた時から波田野が一番得するという人が出てくると危惧していました。
    責めてる訳ではありません。
    必然なので。

    よく考えください。
    例えば波田野で50Gでレア役を引いて50G乗せた場合とありさで100G乗せた場合を比べてみましょう。
    波田野全速が終わった時は既存ゲーム数に+50Gされます。
    つまり通常時の上乗せチャンスは50Gしかありません。
    逆にありさの場合まるまる100Gが上乗せチャンスとなります。

    もっと極端に言えば例えば波田野で170ハマって30G乗ったとしましょう。
    200Gも乗ったにもかかわらずそのあとのチャンスは30Gのみです。
    逆にありさで200も乗ればその後通常時の期待上乗せG数もあるので350Gぐらいにまではのびます。
    しかし波田野は30Gしか残されません。
    まあその後平均45Gぐらいに伸びるとしてトータル245Gぐらいにしかなりません。

    また青島で仮に乗せ0だった場合ペラがよく引けたと考える事もでき枚数に影響します。

    単純に平均上乗せゲーム数だけで比べるのは危険では?

    • さとる より:

      <最強パチプロさん

      コメントありがとうございます。確かに全速の平均上乗せだけに焦点あてて記事書いたのでそういった考え方もできますね。

      コメントに書かれているようにありさで3ケタ上乗せ発生した後の展開と比較すると、波田野で大ハマリした後の展開ってのは当然期待度は下がります。

      ただしありさで+10G上乗せだった場合は結果的には全速の上乗せ、その後の展開にも期待は持てないワケでトータル的に考えれば波田野が最も安定するのは間違いないと思います。

      まあそのあたりはメーカーも考えて作っていると思うので、全速中の上乗せ、全速後の展開双方を考慮した場合、どれを選んでも期待値的にはほぼ変わらないのかなー、とも思いますが、波田野に比べてありさは1台あたりの消化時間にもかなりバラつきが出てくるので個人的には波田野一択ですかねー。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ