新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

緑ドンVIVA2 状態別特定ボーナス出現率(解析値)

【当てはまったら養分確定】元ホール店長が語る!スロットで負けている人の残念な特徴3選

緑ドン VIVA2 ドンBB

「緑ドンVIVA2」、打ってますか??僕は先日天井狙いで初打ちしてきましたー!

見事天井到達からのエクストリームBB当選だったんですが、気になる稼働結果はまた稼働記事にて書こうと思います(^^)

さて、今まで実戦値での特定ボーナス出現率が判明していましたが、今回紹介するのは解析値。

通常・高確の状態によってボーナス当選率が大きく異なるので注意しつつ見てください。

<--スポンサード リンク-->

以前までのおさらいとしてですが、設定差のある特定ボーナスは『弱チェリー+葉月ボーナス』、『強チェリー+七揃いBB』、『弱風+ドン揃いBB』の3つです。あっ、ドン揃いの場合、エクストリームBB確定となる中段ドン揃いは除外してくださいね、一応念のため(笑)

そんでもって今回出てきた解析では『通常/高確/ART』、3つの状態別の特定ボーナス出現率が判明しました!設定別の出現率は表の通りです。

<状態別特定ボーナス出現率>
緑ドンVIVA2 状態別特定ボーナス出現率

表はクリックで拡大できます。通常時とARTについては『強チェ+赤7BB』、『弱風+ドンBB』の設定5・6での出現率が若干異なっていますが基本的にはほぼ同様の数値となっていますね(^^)

 

問題は通常時と高確時の特定ボーナス出現率で2つの状態別でかなりの差が付けられています。

さらに2つの状態は完璧には見抜けないのがネックで、演出やステージなどである程度判断するしかないです。

まあそもそも『通常/高確』の概念を抜きにしても設定の高低で結構な差がついてますし、『弱チェリー+葉月ボーナス』に関してだと低設定だとまず引けないような確率になっています。

 

ということで一応状態別の3種特定ボーナス合成出現率を載せておきましたが、あくまで別々にサンプルを取っていくのがいいかと思います(^^)

僕がカウントするなら『通常時/高確時/通常+高確合成/ART中』のそれぞれの出現率と3種合成の出現率をカウントしますね。

通常と高確合成のカウントをする理由としては先述の通り状態を完璧に見抜くことが難しいため、トータル的にも数値を参考にしたいためです。

冒頭で書いた天井到達稼働の記事は次回稼働記事で書くのでお楽しみに(笑)

<天井狙い目・やめどき攻略>
・緑ドンVIVA2 天井狙いの攻め時・ヤメ時

<全記事一覧>
・パチスロ緑ドンVIVA2 記事一覧

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット 不二子Aタイプ 総まとめ スロット パックマン 総まとめ スロット 北斗の拳 修羅の国篇 羅刹 総まとめ スロット 大海物語4 総まとめ スロット フェアリーテイル 総まとめ スロット 秘宝伝Rev 総まとめ スロット マジカルハロウィン6 総まとめ スロット 黄門ちゃまV 総まとめ
<--スポンサード リンク-->

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ