麻雀格闘倶楽部 画像01©KPE

今回は「麻雀格闘倶楽部」の天井狙い考察です!

僕実はあんまし麻雀詳しくない、というかアプリでくらいしかやったことないんですが(汗)ゲーセンで人気のゲームがパチスロとなっての登場ですね(^^)

そう考えてみると僕パチ・スロ以外は競馬もやったことないし、競艇場にもいったことないな・・と話が逸れてきたので天井の解説から入りたいと思います。

<天井>
・周期33回でARTに当選(約990G)。
※設定変更で天井までのゲーム数はリセット。

この機種は「シンデレラブレイド」や「続・回胴のジャンゴ」のように周期によって管理されており、最大33回目の周期、約990G(1周期は約30G)で天井到達しARTが確定となるようです!

現状では天井の恩恵は特にない模様です。

 

周期によってART当選が優遇されている周期も存在するかもしれないんですが、とりあえず現状の狙い目としては680G付近から、つまり22~23周期目あたりから狙っていこうかな、と考えています。

結構深めの狙い目なんですが、ART初当たり確率から見ても平均獲得枚数は少なめだし(1k=30回転で超簡単に算出すると約360枚前後)、純増枚数も約2.0枚/1Gでまったりと消化するタイプの機種なのでこれくらいの狙い目で設定しときます。

先述した通りARTに当選しやすい周期が付近にあるのであればそこから狙っていくのがベターだと思われるので、その辺りは解析出次第更新します。

 

ヤメ時としてはART後は基本即ヤメの方向で。こちらに関しても第1周期目は優遇されている場合があるので解析出次第微調整です(><)

現時点での情報では参戦者に高段位の雀士がいる場合は何らかのチャンス示唆をしているってことくらいなんで、天井狙いの際は周期毎の参戦者をチェックしてみるのも面白いかもしれませんね^^

<まとめ>
・天井狙いは680G~。
・ヤメ時はART終了後即ヤメ。

<全記事一覧>
・パチスロ麻雀格闘倶楽部 記事一覧

※2019年8月5日に麻雀格闘倶楽部シリーズの最新台、麻雀格闘倶楽部3(6号機)の全国導入が開始されます。
麻雀格闘倶楽部3【スロット新台】スペック・設定判別・解析攻略まとめ