新台導入日・導入済み機種解析一覧
2018年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

サムライチャンプルー-流転輪廻- 天井狙いの攻め時・ヤメ時

[PR]元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

サムライ・チャンプルー 画像01©ニューギン

「サムライチャンプルー-流転輪廻-REINCARNATION」の天井狙い考察記事です。

この機種はニューギンからの登場で、ゲーム性としても「花の慶次-修羅-」などに近く、ゲーム数解除と自力解除でのボーナス(ART)を目指すタイプです。

擬似ボーナス終了後は必ずARTへ移行、ARTはSTタイプとなっており、規定ゲーム数消化前にボーナスを引くことでゲーム数+αがボーナス消化ゲーム数に加算、またARTゲーム数は再セットという流れです。

<--スポンサード リンク-->

<天井>
・通常時999G消化で『怒涛疾風ボーナス』が確定。
※設定変更で天井までのゲーム数はリセット。

最深天井は999Gとなっており、疑似ボーナスが確定する以外の恩恵は特にないようですね。

擬似ボーナスである『怒涛疾風ボーナス』は23G固定、ART『騒乱TIME』は20G+αでどちらも純増枚数は約2.0枚/1G。

最近の機種としては純増枚数が少ないし、消化にも時間がかかりそう。

 

ARTと擬似ボーナスのループ率としては「50%/57%/65%/72%/80%/87%」の6種類となっており、ループ率はステージによって示唆、『関西』なら57%以上、『九州長崎』なら80%以上となるようです(ボーナス当選率がアップするため結果的に高継続率となるということ)!

またART中はゲーム数上乗せ抽選もアリです。

 

天井の狙い目なんですが、600Gを目安にして狙っていこうと考えています。

ただこの機種はゲーム数管理タイプとなっているんで、ゾーン振り分けによっては狙い目を多少前後させることにはなるかもしれません。

まあ初当たり確率から初当たり1回あたりの平均獲得枚数を予想すると問題ないとは思います。

一応ゾーンが600G付近に存在すると見立てて600G~ということで狙い目付けてますが、仮にゾーンが650G以降にある場合などは狙い目を620Gくらいからにしようかなーとは思っております。

 

ヤメ時としてはART終了後の前兆なしを確認してからヤメということで。

この辺りも天国ゾーンの振り分け次第なんですが、先述した通り時間効率がいい台とは言えないのでART後はスパっとヤメてしまおうと思います。

<まとめ>
・天井狙いは600G~。
・ヤメ時はART終了後前兆なしを確認してから。

<全記事一覧>
・パチスロ サムライチャンプルー 記事一覧

<--スポンサード リンク-->

2018年のスロット新台導入日 スロット 十字架4 総まとめ スロット 沖ドキバケーション 総まとめ スロット 大神 総まとめ スロット ハイスクールオブザデッド 総まとめ(新台) スロット トータルイクリプス(Aタイプ)総まとめ スロット エルインカ 総まとめ スロット 美ラメキ 総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ