ニューペガサス リール&画像©エマ

ニューペガサス」の設定判別要素をまとめておきます。

この機種なんですが現状での全国導入店舗としては59店舗となっており、限られたホールでしか打つことはできないですね。

さて、設定差のあるポイントなんですが、『ブドウ確率』、『1枚役確率』、『単独ボーナス確率』に注目です。

設定判別要素

まず『ブドウ確率』なんですが、

☆設定1・・・1/8.79
☆設定2・・・1/8.69
☆設定3・・・1/8.59
☆設定4・・・1/8.48
☆設定5・・・1/8.39
☆設定6・・・1/8.29

となっており、ジャグラーのように微量ながら高設定になるほどブドウ出現率がアップ。

最もサンプルが取りやすい小役なんで忘れずにカウントしましょう。
次に『1枚役確率』。

☆設定1・・・1/992.97
☆設定2・・・1/936.22
☆設定3・・・1/885.62
☆設定4・・・1/840.20
☆設定5・・・1/799.22
☆設定6・・・1/762.05

1枚役は『ベル/ベル/ペガサス』となっているんで取りこぼしに注意っすね。

出現率自体が重めだし、当たり前のことですが、設定狙いでは1回の取りこぼしがかなり響いてくるため、重々理解した上で狙っていきましょう!
最後に『単独ボーナス確率』ですが、

設定BIGREG合成
11/474.901/963.761/318.14
21/468.111/762.051/289.98
31/455.111/642.511/266.41
41/455.111/546.131/248.24
51/442.811/481.881/230.76
61/436.911/425.561/215.58

この機種BIG確率にはほぼ設定差がなく、RB確率に大きな設定差があることは先日のスペック解析記事でもお伝えしましたが、単独ボーナス確率についても同様にRB確率に大きな設定差がついてます。

RBからの単独ボーナスや1枚役を早い段階で複数回確認できれば高設定期待度は上がりますね(^^)

ちなみに単独角チェリー確率にも設定差があるんですが、角チェリーのフラグが複数存在する仕様上打ち方から判別することができなくなっているので、非考慮でOKです。