新台導入日・導入済み機種解析一覧
2019年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

蒼穹のファフナー エグゾダス【スロット新台】設定判別・解析攻略まとめ

(注目記事)元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

スロット 蒼穹のファフナー エグゾダス©XEBEC・FAFNER EXODUS PROJECT ©SANKYO

スロット「蒼穹のファフナー EXODUS(エグゾダス)」の天井情報とやめどき、打ち方や設定判別要素といった攻略情報はこちらでまとめていきます。

約5年振りにリリースされるスロット蒼穹のファフナーは、純増約2.7枚/GのATと純増約3.1枚/Gの擬似ボーナスで出玉を増やすAT機!

AT「蒼穹作戦」は差枚数管理タイプとなっており、純増枚数がマイルドな代わりに出玉減少区間はありません。

<--スポンサード リンク-->

スペック解析

基本情報
導入日 2019年10月21日
導入台数
(販売目標)
約5,000台
タイプ AT
AT純増 約2.7枚~約3.1枚/G
コイン持ち
(設定1)
50枚あたり約50G
コイン単価
(設定1)
約2.3円
設定 ボーナス AT 機械割
1 1/223 1/589 97.9%
2 1/220 1/562 99.4%
3 1/212 1/512 101.6%
4 1/208 1/453 104.1%
5 1/203 1/391 107.4%
6 1/197 1/315 112.0%

6号機の蒼穹のファフナーは、2種類の自力CZや擬似ボーナスを足がかりにしてAT突入を狙うゲーム性になっています。

設定6の機械割は112.0%と6号機の中ではトップクラスなので、設定状況に期待できるホールなら積極的に狙っていけますね。

ただ、今までの6号機の稼働状況を見る限りでは完全にリゼロのような高純増タイプが人気なので、出玉スピードがマイルドな蒼穹のファフナーの人気が出るかどうかは怪しいところ。

個人的には嫌いなスペックではないのですが、年末にかけて高純増AT機の導入が増えてくるのも蒼穹のファフナーにとってはマイナス要素です。

公式サイト・PV動画

公式サイト:パチスロ 蒼穹のファフナー EXODUS-パワコミ|パチンコ・パチスロメーカーSANKYO

天井恩恵・ゾーン振り分け

天井ゲーム数 555G
天井恩恵 CZ当選

朝一リセット挙動

※調査中

打ち方

※準備中

小役確率

※調査中

設定判別/設定差

現時点で判明している設定差のあるポイントは、ボーナス確率とAT初当たり確率くらいです。

ボーナス確率は設定1と設定6で約1.1倍ほどの差しかありませんが、AT初当たり確率は設定1と設定6で約1.9倍と大きめの差が付けられているため、解析が出揃っていない導入初期はAT初当たり確率からザックリと設定の高低を絞り込んでいきましょう。

ボーナス・AT初当たり確率

設定 ボーナス AT
1 1/223 1/589
2 1/220 1/562
3 1/212 1/512
4 1/208 1/453
5 1/203 1/391
6 1/197 1/315

Vバトル突入率

設定 Vバトル
1 1/904
2 1/884
3 1/859
4 1/775
5 1/724
6 1/643

分母がやや大きめでサンプルを集めづらいものの、Vバトル突入率には設定1と設定6で約1.4倍ほどの差があります。

フリーズ

※調査中

通常時ゲームフロー・解析情報

蒼穹のファフナー エグゾダスの通常時は、レア小役での抽選や規定ゲーム数消化、自力CZから擬似ボーナス・AT当選を狙います。

トータルのCZ突入率は約1/76と軽いので、頻繁にボーナス・AT当選のチャンスが訪れることになりますね。

ただし、基本CZのフェストゥム襲来の成功期待度は約24%と低く、上位CZのVバトル突入率は約1/904~1/643と重いため、展開負けするとダラダラと追加投資をするはめになりそうです(苦笑)

ステージ

・通常時には「盂蘭盆踊り/会議室/ウルドの泉/回想ステージ」といったステージあり。
⇒「盂蘭盆踊り」は高確or前兆示唆ステージ。
⇒「会議室」は前兆示唆ステージ。
⇒ウルドの泉はチャンスステージ。
⇒回想ステージは激アツステージ。

フェストゥム襲来

・5G+α継続する自力CZで、成功期待度は約24%。
・同化チャンス成功でボーナスorAT確定。
・強襲ロゴ出現で成功期待度大幅アップ。

Vバトル

・狙えカットイン3回+α継続する自力CZで、成功期待度は約50%。
・Vチャレンジに成功すればクロッシングチャージ&Vアタックを獲得できる。

Vコンボチャレンジ

・突入時点でAT濃厚となるプレミアムCZ。

ボーナス中ゲームフロー・解析情報

蒼穹のファフナー エグゾダスは通常時とAT中でボーナスの性能が変化します。

AT当選の足がかりとなる通常時のボーナス「蒼穹ボーナス」は大した出玉を獲得することはできませんが、AT当選期待度は約45%と比較的高めです。

AT中ボーナスの純増枚数は約3.1枚/Gとなっており、消化中に7が揃うことでボーナス終了まで差枚数上乗せが発生する「織姫チャンス」となります。

蒼穹ボーナス

・20G継続する擬似ボーナスで、平均獲得枚数は約30枚。
・蒼穹ボーナスからのAT当選期待度は約45%。

AT中ボーナス

・30G継続する擬似ボーナスで、純増枚数は約3.1枚/G。

織姫チャンス

・AT中のボーナス消化中の7揃いを契機に突入する差枚数上乗せ特化ゾーン。

AT中ゲームフロー・解析情報

AT「蒼穹作戦」は純増枚数約2.7枚/GのATで、「クロッシングチャージ」や「Vアタック」といった上乗せ特化ゾーンが盛り込まれています。

「クロッシングキープ」を4セット継続することでクロッシングチャージに突入、Vアタック中に上乗せが200枚に到達すると「WアップVチャレンジ」が発生など、自力感の強いゲーム性になっていますね。

また、天井CZなどを契機に突入する高継続率の特殊AT「エグゾダス ループ」も搭載されており、純増枚数がマイルドな代わりにAT継続性能は高くなっていそうです。

蒼穹作戦

・蒼穹作戦は差枚数管理タイプのATで、AT純増枚数は約2.7枚/G。

クロッシングキープ

・1セット5Gの自力CZ。
・4セット継続することでクロッシングチャージに突入する。

エピソード

・クロッシングキープ中にエピソードが発生すれば継続確定。

クロッシングチャージ

・10G継続する差枚数上乗せ特化ゾーン。

Vアタック

・毎ゲーム上乗せが発生する差枚数上乗せ特化ゾーン。
・上乗せ演出は毎ゲーム上乗せタイプの一輝、同化チャンス上乗せタイプの総士、最終告知タイプのエメリのいずれかから選択可能。
・上乗せ枚数が200枚に到達することでWアップVチャレンジが発生する。
★超次元Vアタックが発生すれば上乗せ枚数が2倍に。

WアップVチャレンジ

・成功期待度約50%のチャレンジ演出で、成功すればVアタックの上乗せが2倍に増加。

エグゾダスループ

・天井CZなどからのAT当選時に移行することがある特殊AT。
・継続率は約98%となっており、最大20セットまで継続する可能性あり。

<--スポンサード リンク-->

スロット新台情報2019 スロット 魔法少女まどかマギカ3 総まとめ スロット タイガーアンドバニー 総まとめ スロット スーパービンゴギャラクシー 総まとめ スロット ラブ嬢2 総まとめ スロット 南国娘2 総まとめ スロット ガンダム クロスオーバー 総まとめ スロット 呪怨 再誕AT 総まとめ スロット ドラゴンホイール 総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ