新台導入日・導入済み機種解析一覧
2019年・スロット新台情報・導入日
パチスロ解析考察・機種別一覧

闘魂継承アントニオ猪木【スロット新台】設定判別・解析攻略まとめ

(注目記事)元ホール店員が語る・本当に出禁にしたいガチプロ勢の3つの特徴

スロット 闘魂継承アントニオ猪木(6号機)©コーラルゼット ©OLYMPIA

スロット「闘魂継承アントニオ猪木という名のパチスロ機(6号機)」の天井情報とやめどき、打ち方や設定判別要素といった攻略情報はこちらでまとめていきます。

スロットアントニオ猪木の最新台は、約6年振りにオリンピア(平和)からのリリース!

純増枚数約4.0枚/GのAT「闘魂チャンス」で出玉を増やす純AT機で、AT突入のメインルートはCZ「闘魂GP」となっています。

<--スポンサード リンク-->

スペック解析

基本情報
導入日 2019年10月21日
導入台数
(販売目標)
約12,000台
タイプ AT
AT純増 約4.0枚/G
コイン持ち
(設定1)
50枚あたり約51G
コイン単価
(設定1)
約2.4円
設定 闘魂GP 闘魂チャンス 機械割
1 1/442.6 1/680.6 97.6%
2 1/418.8 1/646.9 98.7%
3 1/380.0 1/597.5 100.2%
4 1/324.5 1/513.0 104.1%
5 1/274.1 1/433.9 108.8%
6 1/215.2 1/340.6 114.9%

6号機のスロット猪木は自力CZを足がかりにしてAT突入を狙う純AT機で、CZ「闘魂GP」は勝率80%のバトルで構成されています。

バトル勝利期待度は違えど、抽選を3回突破することでAT突入の権利を得られる点はリゼロや猛獣王と同じです。

スペック面で注目したいのは設定6の機械割が114.9%と、6号機の中では最高クラスの数値を誇っていることですね。

導入予定台数は約12,000台と多めのビックタイトルということもあり、設定狙いでの活躍に期待したいところです(^^)

公式サイト・PV動画

公式サイト:闘魂継承 アントニオ猪木という名のパチスロ機

天井恩恵・ゾーン振り分け

天井ゲーム数 700G
天井恩恵 闘魂GP

新台の闘魂継承アントニオ猪木の天井ゲーム数は700G。

また、最深天井以外にも100G消化毎にCZ「闘魂GP」突入抽選が行われるようです。

朝一リセット挙動

※調査中

打ち方

※準備中

小役確率

※調査中

設定判別/設定差

現時点ではCZ「闘魂GP」とAT「闘魂チャンス」確率が判明していますが、闘魂GP突入率は設定1と設定6で約2.1倍、闘魂チャンス突入率は設定1と設定6で約2倍の差と、どちらの設定差も大きめです。

CZを経由しないAT直撃確率にも大きな設定差が付けられている可能性がありそうですね。

フリーズ(道)

フリーズ確率 調査中
フリーズ恩恵

闘魂継承アントニオ猪木のロングフリーズ恩恵は猪木シリーズお馴染みの「道」。

フリーズが発生すればATストック5個に加えて道ボーナス、そしてAT100ナビスタートという恩恵があり、道の期待値は約1,900枚と言われています。

通常時ゲームフロー・解析情報

新台の闘魂継承アントニオ猪木のAT突入のメイン契機となるのは、勝率約80%のバトルが続く自力CZ「闘魂GP」。

バトルに3連勝することでAT突入が確定する点はリゼロと同じですが、闘魂継承アントニオ猪木は3連勝後にもバトルが継続し、バトルに勝利するほど+αの恩恵を受けられるのが特徴です。

バトルは最大で8戦まで継続し、8連勝時にはお馴染みのプレミアフラグ「道」が発生します。

ステージ

・通常時のステージは「プロレス会場/スポーツジム/パワースポット/滝修行/アントニオ猪木酒場/猪木リゾート」の6ステージ。
⇒「アントニオ猪木酒場」は前兆示唆ステージ。
⇒「猪木リゾート」は特殊ステージ。

闘魂GP

・勝率約80%のバトルが続く自力CZ。
・バトルに3連勝すればAT「闘魂チャンス」に突入する。
・対戦相手によって表示されるチャンスアップ役成立に応じて展開が変化。
・3連勝後もバトルが継続し、勝利すればするほど+αの恩恵あり。
・闘魂GP突入契機はレア小役からの抽選のほか、規定ゲーム数到達時にも突入抽選あり。

炎超戦

・闘魂GP3連勝(4~7戦目)で突入し、バトルに勝利する度に闘魂チャンスをストックする。
※4戦目以降は対戦相手によって勝利期待度が変動する。

最終決戦

・闘魂GP7連勝後(8戦目)は最終決戦に突入し、勝利できれば「道」が発生。

怒ポイント

・規定ゲーム数到達時や演出失敗時など、打ち手にとって良くない状況で怒ポイントが蓄積。
・怒ポイントがMAXになると「コロシアムゾーン」に突入する。

コロシアムゾーン

・15Gor30Gor無限継続する闘魂ボーナスの高確率ゾーン。
・カットインが発生すればボーナスのチャンスとなり、「BAR/リプ/赤7」が止まればボーナスorAT確定。
・コロシアムゾーン中にボーナスorATを引けなくても闘魂GP突入する。

AT中ゲームフロー・解析情報

6号機の猪木のAT「闘魂チャンス」はベルナビ回数管理タイプのATとなっており、ベルナビ回数は「10回/20回/30回/50回/100回」のいずれかです。

ベルナビ消化後には「超通常時」へ移行ということで、引き戻しを絡めながら出玉を伸ばしていく仕様はヘイ鏡や猛獣王でお馴染みですね。

闘魂チャンス

・闘魂チャンスはベルナビ回数管理タイプのATで、AT純増枚数は約4.0枚/G。
・ベルナビ回数は「10回/20回/30回/50回/100回」のいずれか。
※初回は20ナビ以上が選択される。
・ベルナビ消化後に「お願いしまーす!」が発生すれば闘魂チャンス継続。

6択チャレンジ

・6択に正解すればATセット数を上乗せ。
⇒闘魂注入が発生すればナビが発動。

超通常時

・ベルナビ消化後に移行する闘魂チャンスの高確率ゾーン(引き戻しゾーン)。
・超通常時は最大50G継続する。

超コロシアムゾーン

・AT中のボーナス高確率状態。
・超コロシアムゾーンに突入すればボーナス非当選でも闘魂チャンスへ。

初代モード

・初代モードに突入すればストックを消費せずにATを消化できる。

ボーナス中ゲームフロー・解析情報

6号機のアントニオ猪木のボーナスは全て擬似ボーナスで、道ボーナスは道を経由してのみ当選するATストック性能が強化されたボーナスです。

また、闘魂ボーナスと道ボーナスはゲーム数で管理されていますが、闘魂レギュラーはATと同じようにベルナビ回数で管理されています。

闘魂ボーナス

・80G継続する擬似ボーナス。
・消化中にはATセット数ストック抽選あり。

闘魂レギュラー

・ベルナビ8回の擬似ボーナス。
・消化中にはATセット数ストック抽選あり。

道ボーナス

・30G継続する擬似ボーナス。
・道ボーナス中は約1/6.8でATをストックできる。

非常識

・様々なタイミングで発生する可能性のある出玉増加トリガー。

非常識 発生契機
長州夢想 CZ当選時の一部
謝罪会見 超通常時終了時の一部
非常識闘魂チャンス AT当選時の一部
猪木フェスティバル 通常時のボーナス当選時の一部
<--スポンサード リンク-->

スロット新台情報2019 スロット 魔法少女まどかマギカ3 総まとめ スロット タイガーアンドバニー 総まとめ スロット スーパービンゴギャラクシー 総まとめ スロット ラブ嬢2 総まとめ スロット 南国娘2 総まとめ スロット ガンダム クロスオーバー 総まとめ スロット 呪怨 再誕AT 総まとめ スロット ドラゴンホイール 総まとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ