スロット タイガーアンドバニー 画像2©BNP/T&B PARTNERS ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc. ©YAMASA

パチスロ「タイガーアンドバニー(タイバニ)」の天井恩恵と天井狙い目、ゾーン狙い目とやめどきを考察していきます。

タイガーアンドバニーのボーナス・AT当選契機はCZや直撃当選のほか、天井を含めたゾーン(ゲーム解除)での当選もあり!

また、天井ゲーム数が浅めなことに加えて最深天井到達時には+αの恩恵ありと、導入さえあれば狙える機会はそれなりにあるかもしれません。

天井恩恵解析

【天井条件】
・有利区間開始から111Gor333Gor666G+α

【天井恩恵】
・擬似ボーナス当選
※666G天井到達時はBIG以上濃厚

最深天井到達時には恩恵あり

タイガーアンドバニーのゲーム数天井は111G・333G・666Gのいずれかになっており、天井到達時には最大6Gの前兆を経由してボーナスに当選します。

111G天井と333G天井で当選した場合はそれ以外の恩恵はありませんが、最深天井の666Gで当選した場合はBIG以上が濃厚に。

強力な恩恵とは言えませんが、深いハマリをした場合の救済措置が用意されているのはありがたいですね。

天井狙い目

タイガーアンドバニーの天井狙い目は、通常時410Gハマリを目安ということで立ち回っていきます。

444G到達時には25%で超高確へ移行するため、444Gゾーンをカバーしながらボーナス当選まで打ち切るスタンスで狙っていくのがいいでしょう。

なお、444G以降は状態移行やボーナス当選に関わるゾーンはないようなので、いわゆる天井ストッパーも搭載されていないと思います。

ゾーン情報

G数 抽選内容
111G 1段階状態昇格
222G 1段階状態昇格&50%で超高確へ
333G 25%で超高確へ
444G

タイガーアンドバニーは、111G~444Gまでの3ケタゾロ目ゲーム数到達時に状態移行抽選が行われます。

ゾーン狙いできるとすれば天井振り分けもある111Gと333G、そして1段階昇格確定かつ50%で超高確へ移行する222Gの3つですが、ゾーン実践値や解析続報が判明するまではとりあえず様子見ということで。

今まで導入されてきた6号機の仕様を見る限りでは、低設定の111Gと333Gの天井振り分けは薄いところだと思います。

ゾーン狙い目

設定1の111G天井の振り分けは0.8%、333G天井の振り分けは2.3%とやはりほとんど期待できません。

ただ、ゾーン実戦値を見てみると1段階昇格&50%で超高確へ移行する222Gゾーンの当選率が非常に優秀な結果になっています。

ピンポイントで打つことができれば十分狙っていけるラインなので、200G付近から222Gゾーンに向けて打ち出し、10~15G回して超高確示唆演出が発生しなかったりレア小役成立時にCZに突入しなければやめ、というように立ち回っていきます。

なお、ジャスティスタワー超高確濃厚ステージ、バディステージは超高確確定ステージとなっているので、移行した場合は必ず様子を見るようにしましょう。

やめどき

タイガーアンドバニーのやめどきに関しては、ボーナス・AT終了後の前兆がないことと高確に滞在していないことを確認してからということで。

ボーナス・AT終了後には最低でも通常以上に滞在しており、60%以上で高確以上に滞在しているため、即やめはせずしっかりと状態を見極めてからやめることをオススメします。

 

※【追記】:タイガーアンドバニーは有利区間開始時に次回ボーナスの種類が決定されており、アイキャッチの色でボーナスの種類を示唆しています。

ボーナス当選まで打ち続けた場合、アイキャッチが緑なら機械割が105%以上アイキャッチが赤なら機械割が110%以上、そしてアイキャッチが紫なら機械割115%以上となるため、やめどきには緑以上を確認できた場合はボーナス当選まで打ち切りという条件を加えます。

なお、ステージチェンジの色では次回ボーナスと天井ゲーム数を示唆していますが、こちらも緑なら機械割が105%以上、オレンジなら機械割が110%以上、紫なら機械割が115%となるため、緑以上を確認できればボーナス当選までフォローすべきです。

立ち回りまとめ

【天井狙い目】
通常時410G~

【ゾーン狙い目】
200~235+α

【やめどき】
・ボーナス、AT終了後の前兆がないことと高確非滞在を確認してからやめる。
※ボーナス、AT終了後のアイキャッチorステージチェンジの色が緑以上ならボーナス当選まで打ち切り。

<解析まとめ・記事一覧>
・タイガーアンドバニー【スロット】スペック・設定判別・解析攻略まとめ